顧客の脱税を指南したとして所得税法と法人税法違反の罪に問われた東京都千代田区のコンサルタント会社「セントラル総合研究所」社長、八木宏之被告(51)の初公判が14日、さいたま地裁(井口修裁判長)であった。八木被告は「(脱税の)認識はなかった」と起訴内容を否認した。

 起訴状などによると、八木被告はセ社の顧客でゴルフ練習場経営の男(72)と共謀し、男が所有する土地と建物を売却。利益を少なく見せかけて確定申告をし、07年分の所得税約3403万円を免れたなどとしている。

 八木被告はベストセラー本「企業再生屋が書いた借りたカネは返すな!」の著者。

 八木被告とともに所得税法違反罪などに問われたセ社元取締役(54)ら4人は起訴内容を認めた。【平川昌範】

【関連ニュース】
キヤノン工事脱税:大光前社長の腹心 被告に実刑判決
キヤノン工事脱税:大光など3社に罰金2億5000万円
防衛脱税:秋山被告に有罪判決 東京地裁「巧妙で悪質」
脱税容疑:弁護士が所得税5000万円 名古屋国税局告発
脱税:「水谷建設」元会長を仮釈放 08年5月に収監

発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待-群馬(時事通信)
普天間問題で協力要請 日米非公式首脳会談で首相(産経新聞)
<派遣法改正案>見直し求め労働者らが座り込み(毎日新聞)
常用漢字改訂案、変更せず=「碍」は見送り-文化審(時事通信)
東北新幹線 新青森延伸12月初旬に(毎日新聞)