グリーフピアカフェ札幌

若くして大切な人と死別した当事者同士が思いを語り合うことの出来る場を提供しています。大切な人と死別した18歳〜50歳代の人たちが、2、3ヶ月に1回程度札幌市内のカフェや会議室などに集まりお話をしています。

7月22日(土)グリーフピアカフェ札幌を開催いたしました。
参加者は、男性3名女性7名の10名でした。今回は珍しく!男性参加者が複数名いましたので、男性同士の会話も出来てとても良い雰囲気でした。

ここに集まる皆さんは、30~50歳代の働き盛りの方が中心です。普段はお仕事や家事、子育てなど忙しい人が多く、日常生活の中で死別の話をすることが難しい環境にあります。「仕事中は大丈夫だけど、週末はひきこもってしまう」「普段は子育てで忙しく過ごしているけれど、ふと悲しくなる」という声もよく聞きます。参加者の皆さんはほとんどが毎回初対面ですが、「大切な人を亡くした」という共通項があるだけで、こんなに自然に話したり、泣いたり出来るってすごいなと毎回思います。何度か参加している人が、初めて参加した人の話を良く聞いてくれて「うん、うん、そうだよね」と言ってくれる。そんな場面を何度も見ていると、ピアサポートの力を改めて感じます。
2、3か月に1回、土曜日のランチタイムにこのような会を初めて早4年ですが、今回も新しい出会いがあり、良い時間を過ごせました。

*参加者の皆さんの感想です* (個人を特定できないように一部改編しています)
心の内をさらけ出して皆さんとお話しできる機会があって本当に良かったです。」
各々悲しみを抱えて生きていることが分かりました。」
「遺された人の心には、
誰を失っても悲しみや辛さがいつまでも忘れられないものとして刻まれているんですね。」
「皆さんが『いろんな所に地雷があって、思いがけない事で涙が出る』と話していて、自分と同じだとすごく共感できました。」
いろいろ想いを話しする事ができて、思い切り泣く事ができて、気持ちが少し軽くなりました。」

次回は(仮)10月21日(土)を予定しています。
開催1か月前になったら告知します。
IMG_2252

7月22日(土)は定員に達しましたので、参加申込み終了とさせていただきました。
ご連絡いただいた皆さま、ありがとうございました。

次回は、仮10月21日(土)を予定しています。

今年の6月はまだまだ寒く、夏が来る気配が感じられないお天気ですね。
近年は、北海道も梅雨っぽい時期があり、どんよりした気分になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?日本は四季がはっきりしているため、季節の情景と共に大切な人を思い出し辛くなる…ということがあります。夏休みやお盆が近づく7月に、大切な人を亡くした人同士でお話してみませんか?

日時:7月22日(土)12:00〜2時間
場所:札幌駅近くの飲食店(参加者のみにお知らせいたします)
料金:個人の飲食代のみ(ランチで1000円程度)
人数:10名まで
参加できる方:大切な人を亡くした18歳〜50歳代までの方
       *詳しくは「参加対象年齢について」の投稿をご覧ください。
参加申し込み方法:はじめて参加される方は、ご自身のお名前と年齢、いつ誰を亡くされたか等簡単なエピソードを添えて、こちらのメールアドレスまでご連絡ください。→griefcafe.sapporo@gmail.com
申込み締め切り日:7月7日(金)まで
(定員に達した場合は早めに締め切る事があります)

*ご注意
・申込みは本人からのメールのみ受付しています(電話受付はしておりません)。
・代理での申込みは出来ませんのでご了承ください。
・携帯キャリアメールの方は、PCからのメールが受け取れる設定になっているかご確認ください。

4月22日(土)グリーフピアカフェ札幌を開催いたしました
参加者は、30歳代〜50歳代の女性7名でした。死別した対象者は、配偶者(夫)、親、兄弟、子どもなど。死因は病気や事故などさまざまです。
今回は全員初参加であり、最初は少し緊張していましたが、「同じような体験をした仲間(ピア)」という共通項があるためすぐに打ち解けてお話することができました。自己紹介を始めた途端に、大切な人を思い出して涙が出ることもありました。しかし、思い出して泣くことも、自分の感情を表出して気持ちを整理するための一つの対処方法です。
参加者の皆さんの温かい言葉に「安心して語ること」ができていたのではないかと思います。

参加者の方々の声を少しご紹介いたします。
「いろんな境遇の方がいらして、いろんなお話を伺うことができて、とても切ない気持ちでしたが思い切って参加して良かったと思います」
「2時間があっという間でした。普段言えない心の内などを皆で言い合う事ができました。」
「同じ年齢の方々との出会いは、抱えている問題が似ていたり、共通項が多く、悲しみに暮れているのは私一人では無いんだ という思いと同時に安心できるひと時を過ごさせて頂きました。」
「身内と話すのとは違う癒やしの時間を過ごすことができました。まだまだ悲しいですが私だけではないんですね。」 

次回は、(仮)7月22日(土)頃を予定しています。
開催日の1ヶ月くらい前になりましたらこちらで告知いたします。

IMG_2066

 

このページのトップヘ