ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

2008年10月

世の中そんなに上手くは行かないもので。

最近めっきり寒くなりまして…気がつけばもう今年も2ヶ月足らずなんですねぇ。
基本的にプロレスの日程は頭に入っていても、暦の感覚があまりありませんw

とりあえず当方の風邪は治った…と言うかまだ治りかけで薬が切れた状態で。
薬を貰いに行く暇すらありません…いやはや困ったもんです(かなり人ごと)。

今のところ予定している11月のプ観戦は今年で一番少ないかと思われ。
その数少ない予定の中の一つである11/16ユニオン下北沢の全カードが
いよいよ発表されました。

11/16(日)北千住シアター1010ミニシアター(13:00〜)

・KO-D無差別級選手権試合
高木三四郎vs石川修司
・ユニオン女子部vsアイスリボン全面対抗戦
チェリー&Xvsさくらえみ&リボン高梨
・元アックスボンバーズ清算対決
木高イサミvs田村和宏
・冬のドナタ?
大家健&726vs星野飛雄馬&明子
・ガイジンクライマックス!
ガイジンA&ガイジンAvs
猪熊裕介(カレー屋の準備が間に合えば)&ますだけいすけ
・ニューロックンロールエクスプエスへの挑戦状fromDJ
リッキー・フジ&A・YAZAWAvsDJニラ&未定
・東大という学歴は筋肉バカに勝てるのかを考察するレポート
DT-YUTAvs諸橋晴也

以上全7カード。
さすがに木高が望んでいたインディペンデントワールドJrへの挑戦は間に
合わなかったようで。実はそれを一番期待していたのだが…。
まぁメインは期待出来るし、ガイジンの流れも気になるし、ニラさんも出るし
東大(ryは…なんかタイトル面白いし…とりあえず今から楽しみです。

いつものようにユニオンらしい怪しさと激しさいっぱいのカードを揃えてきた模様

高木社長が今回の興行で客が200人超えなければユニオンをたたむと言う
発言がありましたが、休日開催でこのラインナップなら行くんじゃないかなぁ…


ここで二つ気になることが。

一つ。今年から欠かさず行っているnkwがどうやら同じ日に興行をするらしい
事が判明。これは本当にショックです…出来ればnkwが夕方辺りにやってくれ
れば無理にでも梯子するんですが…とりあえずこれは詳細が決まり次第絶望
感に駆られたいと思います。


二つ。…えっと…小笠原先生は?

見れる訳無いものが見れるのがダークマッチ。

・村田「あのマイケルがドームを飛ばして後楽園にやってきました」
・村田「コチラがガイジンAのガイジンAですね?」
・鈴木「戦いのネバーランドですね。」
村田「小さいちびっ子も沢山来ていますからね」
・BADが流れた後、村田「まずまずの浸透度ですね」
・鈴木「マイケルアップの時に大技出せばいいのに、ナックルだけですから」
・村田「空中ムーンウォークからブレーンバスター!」
鈴木「あんなに長いムーンウォークはじめて見ました」
・全く動かない伊勢海老仮面に対して
村田「そろそろおいしく頂く事を考えましょうか。」
鈴木「今日のランチは伊勢海老ですね!」
村田「とりあえずゆでましょうか」
・村田「会場さんが死んだー!」
鈴木「意外と簡単に死ぬんですね。」
村田「HP2くらいですね」
・鈴木「会場さん生きてましたね」
村田「舌打ちしてる人も多いでしょうね」

今日のドラファンのダークマッチ第二試合ガイジンAの試合の神実況&解説
のやり取りを一部抜粋。
やっぱり神実況&解説はどんな試合にも素晴らしい味付けをしてくれます。


ちなみにこの第二試合は何故かガムテクロスボンバーで大爆発(のCG)が
起こり映像はそのまま終了。時間が足んないかと思ったら、20分余って本編
のダイジェスト流してたのは…なぜに。

第三試合は松永の暴言に全てピー音。
整○とか加○臭とか「よ○こ」とか。
その横で実況解説の南野○子や港のヨ○コとかオノ・ヨ○コとかの発言にも
ピーピーピーピー。

地味に松永を襲うチェリーに対し
鈴木「痴話喧嘩超えてますね」
村田「あの顔はヒョードル超えてますね」
にはワラタ。

しかし第四試合の神光臨マッチは、この2人でもかなりやりにくそうでした。
まぁ…仕方がないか。
…あぁ第一試合は普通に見逃しました。


録画もミスったし、後でもう一度見直そう。

にしても今週は本当にネタがなさ過ぎる。

衝撃。

5f0b355b.jpg久々守猫。




にしても構成渡辺ついにDT喪失は今年一番の衝撃でした

2008年10月26日 女王バチ新木場1stリング観戦記

DSCF0784



「蜂の巣には女王バチは一匹しか許されない(華名)」







今回の観戦記は個人的には久々の女子、しかも今回が旗揚げとなるバトラーツ
の女子部門「女王バチ」の観戦記です。

真裏の新宿も勿論気になったのですが、やはり初物で今まで見た事無い女性の
熱く激しいバチバチが最終的にどちらに転ぶかが是非観てみたくて、あえて
コチラを選んでみました。


余談ですが元々バトラーツは今から2年前から去年までの間、バトラーツの興行
の中に女子の試合を1試合組み込んでいた事があります。その時出場していた
のが木村響子、植松寿絵、カルロス天野、チェリーといった面々。
それから暫く女子枠を外し準備期間に入った後、今年の6月に待望の女子選手
としてデビューしたのが今回メインを張る事になった及川千尋。
大げさに言ってしまえばバト女子部の為に、そして及川の為に十分な準備期間
を経て今回ようやく日の目を見る事になった…ようです。

なおこの興行は全試合KO、ギブアップ、TKO、セコンドによるタオル投入により
勝敗を決する女王バチルールを採用。当然カウント3はなし。場外カウントは
通常と同様20カウントとなります。レフリーは全試合、井口摂氏が担当。

客入りは裏にDDTやフーテンがあるので苦戦するかと思われたのですが、結果
的には立ち見が出るほど大入り。考えてみればバチバチと言うより女子の興行
と考えれば被るものはJWPと仙女くらい。旗揚げと考えれば当然の結果かも
しれません。


※正直な話、バトラーツルールの試合の観戦記を書いた事が無いので所々
かなりいい加減…と言うか無理やりな部分があります。読み難い部分も多々
あると思いますがご理解頂けると幸いです。

続きを読む

A○フィールド。

2008101712074420081017120810











病院のついでに友人がやってる工場へ。
ここには常時5匹の猫が「働いて」います。

ちょっと邪魔もするけど、基本的に癒しを与えてくれるそうです。
薄給でもいいから働かせてもらいたい気もするようなしないような。

非常に人懐っこく見慣れない自分にすらすぐに擦り寄って来てくれる…
のですが、カメラ(携帯)を向けると必ず脱兎の如く逃げてしまい距離を
取ってしまいます。むぐぅ。

写真がその限界の距離。心の壁なのか習性なのかは不明。

もっと性能のいい携帯(とはいえ使っているのはF905i)が欲しいものです。

ちなみに猫のう○こはありませんでした(しつこい)

パールの様な肌っす!

今日(既に昨日)気になったプネタをいくつか。

・11/11阿佐ヶ谷プロレスロフトA全カード決定

サバイバル飛田vs葛西純
木村響子vsアップルみゆき
佐野直&忍&レオナルド高津vs矢野啓太&竹田誠志&星野勘九郎

メインは試合形式不明。セミは予告どおりなら敗者コスプレマッチ(アップルが
アフロで木村が全裸…ではなくセーラー服、)。
そして前回の店長の予告では「若い女性をターゲットとした興行。彼女のいない
イケメンレスラーを揃える」と今考えたら真裏の新木場で行われる「BOYS」を
バリバリ意識したような(しかしその時点で「BOYS」の発表はされていないが)
事を言っていたが…このカードを見ると矢野啓太の事だけ…だよね?

あと常連である田村和宏は裏の「BOYS」に参戦の為不在。その代わりなのか
前回違った意味で評判になったレオナルド高津が満を持して登場となります。

恐らく色んな意味で阿佐ヶ谷最後の日になりかねないので興味のある方は是非。


・(宮本)和志組が安田欠場リリースに関してカシンにお詫び。

正直詳しくは知らないが週プロモバにこんな記事が載っていたのでちと抜粋。

「10/16に11/13新木場大会を欠場する安田忠夫選手に関してリリースを配信
しましたが、リリース本文にあった「安田選手の参加を楽しみにしていたファン
の方」のファンの人数が、和志組実行委員会総本部による独自調査の結果、
「少数」である事が判明。参戦を楽しみにしていたファンが多数いたような誤解
を与えてしまった関係者及びケンドー・カシン選手に多大なる迷惑をおかけし
ました事をお詫び申し上げます。」

なお10/16の週プロモバにあった記事はこんな感じ。
「安田選手から「養鶏場の就職が決まった為、参戦することが出来なくなった」
との申し入れがあった。協議の結果、安田の人生の新たなる一歩を祝いこれ
を了承した為同選手の欠場が決まった。
「安田選手の参加を楽しみにしていたファンの方にはご迷惑をお掛けしますが
ご理解の程宜しくお願いいたします。」」

ちなみに東スポモバによると安田はカシンの実家の養鶏場で就職が決まった
が、青森までの交通費もままならないらしい(9/30現在)


何となく面白かったので。まぁ相変わらずカシンを取り巻く風景は意味不明で
面白いなぁ…というところですw


・SAMURAIのSアリーナに真霜拳號、滝澤大志、ヒロ・トウナイが初ゲスト。
テーマは11/3のKAIENTAI-DOJO後楽園大会について。

真霜の的確な分析と王者像や団体愛の話がなんか素晴らしかったので
ちょっと書き出してみる。
2008102500154020081025002242






@前王者の火野について
「パワーは尋常じゃない。でも8月の試合は真っ向から受けつつもいなして
力で足りない部分を気持ちで補った。
火野をいいチャンピオンとは思っていなかった…地位に胡坐をかいている
気がしたし、自分勝手で遊びが多い。
チャンピオンとしての強さを見せて凄い試合を見せて…そういう気持ちが
見られなかった。それが8月の勝敗を分けたのではないか。

チャンピオンになってからの火野はそこからの上積みがなかった。チャンピ
オンになった時点で終わったと言うか。」

@8月の千葉ポートアリーナのエンディング、真霜が1人だけ距離を置いていた
事について
「ベルト奪還は嬉しかったが、千葉でSビックショーで一丸となって成し遂げた
と言う空気が、自分の中では「そうか?」と言う感じだった。
ハッピーだと思うけど「まだ」だろう。自分的にはそこで満足じゃなくて
そこがスタートだろうと。」

@次の挑戦者望月について
「対戦経験はないが、望月が初めてKのリングに現れたのは、自分がストKトー
ナメントで優勝した時。乱入され余韻をぶち壊された事はある。

自分は他団体の試合を一切見ないのでどんな選手かわからない。気にならない
し自分の団体が一番だと思うので基本的に他を見ない。」

@絡むきっかけは
「武勇伝でのオファーがきっかけで絡む事になったが、元々は同日にKの興行
があり参戦を保留していたものを勝手に発表された。
腹が立ったのでダブルヘッダーで試合した。やり方が汚い。」

@初対戦の感想
「評判では直線的と聞いていたが、そうでもなかった。レスラーの本質的な
部分としては全く直線的ではなくうちのTAKA代表に似てるなと。
試合のコントロールとか、喋りとか似てるんですよね。お客を味方につける
のがうまいんですよね今回の挑戦も喋り一つで決まったようなもんですし。」

@三田女史「本当ならKAIENTAIのみなさんはストKのベルトを千葉選手権と
言われた時に怒るべきですよね。」
「そうなんです。それに社長まで乗っかっちゃって…気に入らんのですけど。」

@望月の蹴りについて
「うちの団体に空手主体の選手がいないので、蹴りあい以外も含めてなかなか
面白いかなと。蹴り合いよりも蹴りを封じてみたいなと。そしたらどんな
試合をするんだろうと。今のところは自分も蹴りを主体に組み立てるつもりは
ない。まぁ蹴り以外では確実に自分が上回っていると思うんで。向こうの方が蹴り
のキャリアは長いですしね。」

@ベルト流出に関して
「責任は重いですよね。負けるとは思ってないけど油断は出来ない。」

@勝負の行方は?
「ペースの奪い合いですね。ペース奪うの上手いんで。」

@次期挑戦者決定戦:KAZMAvsMr.Xについて
「真っ向から行けばKAZMAが勝つが、Xが意外とのらりくらりとレスラー生活を
過ごしてきて、本気になった事が無い人間と言うか…。その選手が自分から
言い出したのでその本気度は凄いものがあるのではないかと。」

@王者としてはどちらとやりたいか?
「KAZMAとは一度防衛戦をしてるんで。それにMr.Xとは同期なんで。
同期の人間とベルトを賭けてやりたいなというのは少しあります。」

@タッグ選手権について
「(TAKA&JOEは)個人的には全く評価していないんですけどね。下り坂の
真っ只中と言うのか。単純に言えば基礎体力が落ちてるんじゃないかと。
それが年齢からなのか練習不足なのかはわからないけど。彼らは序盤から
疲れてますからねw

(十嶋&柏は)自力は凄いあると思う。特に十嶋の爆発力が凄いのでそれ次第。
柏はタッグタイトルを取って初めて牙騎鱗に加入するらしいので本気度が違う。

(真霜的には)現王者はいつでも崩せるので、牙騎鱗が取ったら挑戦しようかな
今の王者には全く興味ないです(キッパリ)」

@インディペンデントワールドJrについて
「大石が大日本のメンズクラブをやるようになってから急成長をしたんです。
テイオー選手から色んないい所を盗んで帰って来るんです。そういう意味では
本当に師弟関係なんですよね。

@テイオー選手の印象は?(2008年5月23日大日本でBJWタッグを賭けて対戦)
「とにかく上手いの一言。今まで闘ってきた選手の中で一番上手い。」

 

ここから五番勝負に挑戦中の滝澤大志&ヒロ・トウナイが参加。
2008102500235620081025002450






自己紹介で滝澤は趣味を「妄想、現実逃避」、トウナイは「睡眠」と発表。
三田女史に突っ込まれる一幕も。

@真霜から見た滝澤
「デカくてちょっと期待している。あんまり接していないので性格はわからない
だって特技妄想だし…掴み所無いんでw」

@真霜から見たトウナイ
「しっかりものなのか腹黒いのか判断しかねてる。雑用関係では一番しっかり
している。」

@タッグ5番勝負について
滝澤「タッグタイトル負けたままでは行かないんで、アピールしたらこういう
形になった」
トウナイ「会社がチャンスを与えてくれたのでここは美味しく生かそうかと」
真霜「うちの中堅どころよりもよっぽど向上心があっていいですね。」

@五番勝負第二戦の大石&旭について
トウナイ「相手が曲者で油断が出来ないとは言え勢いで勝てるんじゃないかと
いうのもありました。」
滝澤「相手のペースを掴ませないのが上手い選手でした。」
トウナイ「結局は掌で踊らされたというか…まだこのクラスのタッグまで行き
つくには経験が必要かな…と。」

@お互いの印象について
滝澤「自分の持ってないもの(グラウンドや関節)を持っているので、凄い心強い
です」
トウナイ「常に自分の上に行っているので(他団体のベルトに挑戦したりとか)
自分に無い派手さや勢い…(試合が)始めに動き出すのが滝澤の勢いだったり
するんで。」

@真霜の見解
「トウナイがしのいで滝澤が決めると言う流れなんでしょうけど、鍵はトウナイ
が握ってると思いますよ」
トウナイ「…確かに負ける時は自分の方が多いんで、どうにかしのいで滝澤の
一撃必殺のタイガードライバーに繋げて行けたら勝機は上がるかなと」

@五番勝負第三戦の稲松&PSYCHOのハードコアタッグ王者について
トウナイ「実力以上に楽しんで試合をしているように見える」
滝澤「(ハードコア)の展開が続くとちょっと怖いかなと」

@もし稲松&PSYCHOがハードコア戦を望んできたら?
滝澤「経験が少ないんで…でもやられっぱなしって訳にも行かないんで。」
トウナイ「相手がやろうと言えば乗るし、それも5番勝負のうちだと思うんで」


@最後に意気込みを
滝澤「いつも通り全力を尽くして頑張ります」
トウナイ「一敗したけどここで勝って勝ち越しリーチしたいんで頑張って
いきます」
真霜「必ず勝ちたいと思いますんでみなさん見に来てください。」


とりあえずこんな感じで。相変わらず真霜の喋りと考え方は非常に知的で的確
で理路整然としていて素晴らしい。昔TAKAが「真霜はKの中で1人だけ毛色が
違う、喋り方一つとっても知的で別世界の人」と言っていたが、その意味がよく
わかります。
あと同時に真霜はイケメンではなく男前だなぁ…とも感じたり。こんだけ金髪
似合うのは真霜とヤスぐらいじゃないかと。多少顔が(ry

トウナイと滝澤はやっぱり生放送に緊張してか思いっきりスイミングアイw
でもトウナイの考え方はどうも真霜に近い気がしたのは気のせいでしょうか。

まぁ何はともあれ楽しい感じで無事に進行していったので良かったかなぁと。
今後もKの面々にはこうやってゲストに出て色々話して欲しいものです。

20081025002554



オマケ
メンズスズキ画伯の「俺の肌…餅肌」には吹いたw
滝澤笑い堪えるの必死だったし








以上オシマイ。


※余談:風邪の方はほんの少しだけ落ち着きました。とりあえず今日一日で
ある程度咳が出なくなるようにしないといけないので、思いっきり寝る事にしよう
かと。一応LIVEの予定もあったけどキャンセルで。

でも某女史から「お前は猫のう○こでも踏め」と言われたので猫を探しに旅に
出るつもり。っていうか…誰でも彼でも「君望」知ってると思うのはどうよ。

俺をイロモノ扱いするな!

とりあえずあまりにも咳が止まらないので仕事を休んで病院へ。

レントゲンやらなにやら検査を受けた結果、マイクロだかマクロなんとかと言う
かなり悪質な風邪だった模様。とりあえずかなり強めの薬を幾つか帰ったわけ
ですが…服用後少し収まった程度で正直あまり変化は無し。
まぁ一番危惧していた肺炎にはなっていなっかったのが唯一の救いかと。

咳はやっぱり出るわ、咳のせいで関節が痛いわ、薬のせいで頭がもうろうと
するわ…と正直どうしようもないくらい。この後も咳で暫く眠れないかと思うと
気が重い…。

でもなんでこんな目にと思っても…自分の不摂生が原因なんですもんね。
夜遅くまで観戦記なんて書いてるから…orz

とりあえず日曜の観戦までにどうにか治さないと…客や選手に迷惑かけるから
なぁ…頑張らなきゃ(´・ω・`)



例え病気であっても朦朧としていても、SAMURAIの「DDTドラマチックファンタ
ジア」と「インディーのお仕事」は欠かせませんw

ちなみに今日のお仕事の特集コーナーは一部ではかなり大人気な佐藤悠己
…こと佐藤きゅん(逆か)。自分もスパクルの頃から結構興味(男色的意味
ではなく)を持っていたりします。

と言うことで私的メモを含め簡単に内容を抜粋してみようかと。

インタビュアーはお仕事のマスコット‘ガチモグラ‘ことカルロス(男色系)。
佐藤きゅんは何故か裸にYシャツ姿でインタビュー(本人曰く普段着)を
受ける事に。
20081024001525






・子供の頃はやんちゃでもあり女の子とままごともしていた。
成績は普通。高校の後半からプロレスを意識し勉強せずに一気に落ちた。
・プロレスに興味を持ったのは中学校の頃から。きっかけは『浦安鉄筋家族
の小鉄を見て。
・地元熊本には当時新日本と全日本しか来なかったのでそれらを見てた。
・スパクル入門のきっかけはディック東郷への憧れから。19歳で入門目的で
上京した。一人っ子ながらも親は寛大に許したという。
・入門後は意外に礼儀に厳しい事に驚いた(会う度に必ず挨拶をするなど)
・デビュー当時は今より「ムチムチ」してたけど小さかったのでデビューできて
ビックリしていた。同期佐々木に関しては自分より優れていると感じていた。
・フリーのきっかけは東郷さんの「下っ端のうちは沢山試合をすべきだ」と言う
言葉から。

・そんな佐藤きゅんが歪み始めたのは2007年11月11日のプロレス感謝祭の
「なまこホールディングデスマッチ」テイオー&ミラニートvsディーノ&佐藤。
ルールは男のアレを掴んだままフォールorギブのみ。佐藤きゅんが始めて
人前でキス(相手はテイオー)した試合。
プヲタ.COMに登録してる人はこちらで内容をご確認を。
本人は一度断ったそうだが「どうしても佐藤君に…」と言う言葉を受けて引き
受けたとのこと。
・そこから歪み始めた事については「自然に何となくそうなった…」
・当面の目標は「ある先輩が3年でトップクラスになったように自分も3年でそこ
の位置まで行きたい。まだまだですけど」
・大きな団体での力試しはしてみたい。東郷さんとも絡んで見たい。
20081024001617






この後佐藤きゅんとゆかりのある選手からのコメント
・大石真翔「かわいらしい外見とは裏腹にある腹黒さや陰湿さ…Mかと思えば
実はSと言うギャップが魅力w」
・大鷲透「佐藤きゅんがエルドラドに上がるきっかけとなったのは自分。
スパクルの映像を見て小さくって豆みたいなのがボロボロにやられてて
コイツちょっといいなぁ…と思い使ってみた。あの頃はマジメな子だったが
何がどうなったか…考えられない」
・さくらえみ「ずるいです!控え室でボーっとしているだけなのにみんな寄って
行って気がついたら輪が出来ていたり…自分もイライラした時に佐藤さん
見て和んだり…奴の思う壺なんですけどw
女性にも人気があって…腹が立ちます!気がつくと見てしまいます…
あぁむかつく!あっいや、なんとも思ってないんですけどねw」
・ディック東郷「デビュー戦で自分がバイトしたお金でお母さんを呼んで招待
してる筈なんですよ。親想いで良い奴なんですけどね…自分の見る目では。

でもなんか自分が目を離した瞬間色んな所で色んなことをしてるみたいで…
そんな風に育てた覚えはないんですけどね…はじけた姿を見てないんで、
知り合いから亀甲縛りをしている写真が送られてきて「何やってるんだ!」
って思ったんですけどね。
あんま変な方向に走んないで欲しいですね。自分としては…」

このVTRを見た?佐藤きゅんは急にぶちキレ。いつもの台本があるような
棒読みっぽい喋り方で思いをぶちまける。
「オマエら好き勝手言いやがって!オマエらSAMURAIも俺のことバカにして
んだろ!バカにすんじゃねぞ!
(背後にあるセットの壺を見て)おっいい壺あるじゃねーか。出演料として貰って
おくぜ!あとなぁメガネの自称姉さん(三田佐代子女史のこと)にも言って
おけ!俺をイロモノ扱いするな!

ワカッタナ?ワカッタラ…出てくぞ。」
20081024001701






こうして最後は素顔?を曝け出し聞き覚えのある捨て台詞を吐き裸Tシャツの
まま壺とカルロスの帽子をパクって去っていった。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::
とまぁこんな感じでした。

佐藤きゅんの今の路線に関しては否定的な人も結構いたりするのですが、
個人的にはそれが最終的な成功に繋がればまぁこの道もありかなぁ…と
思っていたりします。詳しく話すと長くなくなるから割愛しますが、とりあえず
この道を選んだ事によりテイオーや大石、忍やみねぴょんと上手い選手と
出会い、必要以上に絡めるようになったのはある意味財産だと思いますし。

あとはいつその曲がりくねった道からその先の新しい道を見つけ出せるか…
いいセンスを持ちながら最後までイロモノで終わるか、小さいながらも卓越
したセンスと試合運びでベテランを黙らせるような選手に成長するか…
とりあえず今後に期待したいと思います。



関係ないけど佐藤きゅんにもちと萌えたけど、コアブロックシステムをムキに
なって話す三田女史にはかなりグッと来ました。多分自分はそんな系の人
が好きみたいです…自分も十分歪んでますw

選んだのは焼き鳥屋。

徒然にプネタと近況。

・石坂鉄平の第二の人生。
ヤス・ウラノのブログにもありましたが、元KAIENTAIの石坂鉄平が第二の
人生を歩き始めました。選んだ先は総本家備長扇屋 千葉中央駅前店。
とりあえず元気そうで何よりです。

思ったより早い再出発でしたね。引退した時の言葉どおり千葉で飲み屋を
やると聞いていて、実際早い段階で先が決まって…なんか少しホッとした
自分がいます。千葉に鉄平ちゃんがいるというだけでなんか気持ちが楽に
なると言うのか何と言うのか。

是非一度いきたい…んですがねぇ。たまに行くとは言えやっぱ千葉は遠い。
ましてや年内の千葉BF興行は全て18:30以降に開始。終了が21時を超えると
自分にとっては既に終電ギリギリと言う事になります…むぐぅ。

年内中にこの焼き鳥屋だけを目指して一度千葉に行くべきか思案中。
ていうか多分行く方向で考え中。

ちなみに地図はこちら。行った人は是非レポートお願いします。
http://www.o-giya.co.jp/map/chiba/chuo.htm


そういえば自分はレスラー関係者の経営する飲食店に一度も行った事が
ないんです。ドロキは勿論、愚連隊の店やグレースのカレー屋には必ず
一度は行かなきゃ…と思ってるんですがねぇ。


・12/25葛西純プロデュース興行で惨劇再び?
今日のアパッチの会見で葛西が12/25 19:00〜新木場でのプロデュース興行
を行う事を発表。
葛西としては3年間の横浜文体で行われたカミソリ十字架ボードデスマッチ
をやりたいとのこと。
この形式は自分も中継で見たけど…正直見てられませんでした。あまりにも
凄惨過ぎて。それがまた再び戻って来ようとは…。
ちなみに対戦相手を公募してるそうですが…果たして名乗り出てくる者はいる
のでしょうかね。少し怖いもの見たさもあるのですが…うーん。
クリスマスに雪の代わりに血の雨が降るのを見るというのも何か凄い気も
しますな(特にうまくない)

あと明後日のアパッチ新木場でヤス・ウラノvsリッキー・フジと言うちょっと
面白そうなカードが組まれました。その為だけに観に行こうかどうか…まだ
思案中。これはかなり無茶っぽいけど。




近況というか病状。
風邪が更なる勢いで悪化中。
2週間以上前に発症してから微熱→頭痛→鼻詰まり→咳と色んな形で自分の
体力を奪っていきます。特に昨晩から始まった咳地獄はこれまでに無いくらい
かなりきつい。
殆どずーっと咳き込むわ、一度咳き込むと暫く止まらなく呼吸できなくなるわ
、そのおかげで喋る事すらままならないくらい。

昔から風邪はひきやすいのですが、大体熱系が多く咳の風邪の経験は殆ど
なか ったりするので正直未知なる恐怖に怯える感じです。かなり大げさですが。

二箇所の医者で貰った薬も効果がなく…さてどうしたもんだか。
とりあえずあまりにも咳き込んでうるさかった為か、明日は無理やりお休みを
取らされました。
と言うことでゆっくり休んで早く回復しなければ…と思うんですが、咳き込ん
で寝れないし困ったもんです。


皆様もこうならないように風邪にはくれぐれもに気をつけて下さいましmm

2008年10月19日 DDT「DDT SPECIAL」後楽園観戦記

ちょっと遅くなったけど前回のDDT後楽園「DDT SPECIAL」観戦記の続きです。

 

続きを読む

2008年10月19日 DDT「DDT SPECIAL」後楽園観戦記

今回の観戦記はDDTの全6ブランドが集結したお祭り的な興行「DDT SPECIAL」
の観戦記です。

…が。ご存知の方も多いと思いますが、今回の興行はダークマッチ含め
全12興行にプラスαととにかく数が総合系のビックマッチなみの試合数。
それを全て書くのはかなり厳しいので、とりあえず行けるところはバッサリ
と行こうかと思っています。
恐らくそれでも翌日の朝までには書きあがらないだろうし、ブログの文字数
制限に引っかかると思うので、そこら辺は様子を見ながら分けて書いていく
方向で考えています…とりあえず今日はダークマッチから第4試合までと言う
ことで。感想もとりあえず後でまとめてと言うことで。

あと本編の試合時間は公式から参照。あと一部スクリーンの画像は敬愛する
ナムカブアンさまからお借りし許可を得て掲載しました。


ちなみにこの日は特別に10:50に開場。ダークマッチの開始は11:15。
客入りはかなり良く席も十分埋まっていた模様(公式には1599人)。
あとこの日から新調されたマットがお披露目となりました。
DSCF0280

続きを読む
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ