ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

2008年12月

年内最後の大仕事〜ネット・プロレス大賞2008の投票

買い物行ったら、買おうとしたものが殆どなくてスイミングアイ。

そうそう年内最後の書き込みを終えた…と思ったらもう一仕事残ってました。

プロレスブログ業界の最大手ブラックアイ2のネット・プロレス大賞

いつもは見ていた立場でしたが、今年からブログをはじめた…と言うことで自分も是非投票しようと思います。どうやら投票基準には引っかかっているみたいですし。

ちなみに自分の選考基準は「直接見た興行及び選手」に限っています。
従ってかなり片寄っているとは思いますが、これが自分なりの素直な意見と言う事で。えらそうな事をのたまいつつ晒してみます。
あと某所に晒した結果と微妙に変わっていますが…これが最終的なものと言う事で。



・最優秀マスメディア
.屮薀奪アイズ2
「インディーのお仕事」
週刊プロレスmobile
ぅ屮蹈「河原でエロ本を拾った小学生みたいな人のブログ」
ゥ屮蹈「行かないで後悔より行って後悔」

トップは文句なく。普段ブログをチェックしない自分でもここだけは必ず毎日見る事にしています。ここで情報得ることが非常に多いんで。
「お仕事」はインディー好きには欠かせないコンテンツとなりました。どんな形であれ例の件にも触れましたしね。
後の三つはブラックアイズ2と同様欠かさずチェックしていた貴重な情報源だから


・最優秀団体 
KAIENTAI
阿佐ヶ谷
みちのく
nkw
ゥ罐縫ン

当初は突出するものがなかったので該当ナシだったのですが、やはり離脱者が多いとは言え安定した試合(特にシングルのタイトル)を提供してくれた、そして有能な新人を排出しているからと言う事でKAIENTAIをトップに。
阿佐ヶ谷はよくあれだけの様々なラインナップを揃え、毎回外さなかったな…と言う事で。ただ団体?と言われると疑問符が残るのでこの位置。
みちのくは10周年と言う事で色々な懐かしさと新しさを色んなところで見せてくれたから。
nkwは毎回素晴らしい興行を見せてくれますが…如何せん自分の都合で二回行かなかったんで…すいません。本当にすいません。
ユニオンは今の爆発力と今後の期待を込めて。
ちなみにDDTは…他のブランドに分散しすぎて薄くなった気がしたので除外。


・最優秀興行
09/07 DDTキャンプ場プロレス 山梨ネイチャーランドオム
05/03 KAIENTAI-DOJO GWSP6-Ωプロデュース興行 千葉BF
07/18 ヤス・ウラノ自主興行新木場
11/03 KAIENTAI 後楽園
11/16 ユニオン 北千住

トップと2位は最後まで悩んだのですがとりあえずこの結果に。
ウラノ自主興行は色んな意味で思い入れが深かったのですが…まぁ上のインパクトが強すぎたと言う事で。KAIENTAIは正直セミメインのみで選出。ユニオンはあの尋常でない色んな意味での熱さから。
ちなみに次点は11/11の阿佐ヶ谷。


・新人賞 
〔靆邨実(バト)
滝澤大志(K)
松本浩代(息吹)
っ歸沈浸(スタE)
ダ仞鄂弧(BJW)
正直一番悩んだ新人賞。自分の中ではこのメンバー+ヒロ・トウナイ&佐藤悠己がほぼ同列でした。結局怪我やら観に行った回数とインパクト、成長を加味してこんな感じに


・最優秀タッグチーム
〆監秀&恵
▲謄ぅー&忍 
以下該当無し
 
KUDOヤスは常に安定した試合を見せるものの主要戦線にあまり絡めなかったし 、大石&旭は…実は今年一度も純粋なタッグ見てないと思うんですよね…orz
あとチームハンサムも真霜&円華もちょっと違う気が。
佐藤秀恵は自分でテーマを作って自分のワールドに染めると言う意味では本当に卓越していると思います。と言う事で選出。

・ベストバウト
候補は以下の通り。

02/11 健介オフィス後楽園 中嶋勝彦vs山口竜志
03/09 DDT後楽園 HARASHIMAvsヤス・ウラノ
05/05 KAIENTAI千葉BF 大石真翔vs田口隆祐
05/24 nkw ババヤ人vsMr.Money
06/28 KAIENTAI千葉BF 真霜拳號vs大石真翔
07/18 ヤス・ウラノ自主興行新木場 ミスター雁之助vsヤス・ウラノ
09/21 KAIENTAI石坂鉄平引退記念自主興行 千葉BF 石坂鉄平vs十嶋くにお
11/03 KAIENTAI後楽園 大石真翔vsMEN`Sテイオー
12/06 KAIENTAI千葉BF 真霜拳號vsMr.X
12/21 ユニオン北千住 大石真翔vs木高イサミ
12/22 ヤス・ウラノ自主興行新木場 ヤス・ウラノvs澤宗紀
12/28 第五回KDPT サバイバル飛田(&アメリカンバイオレンス&ザ・グレート・サスケ)vsストロングおまんマン&虚弱体質骨ガリゴン&タコ乳頭゛

KAIENTAI系が多いですねぇw
個々の説明は…自分のブログか他で書いた観戦記を読んでくださいmm
正直これに関しては明確な順位がつけられません。でもトップだけは決まっています。

06/28 KAIENTAI千葉BF 真霜拳號vs大石真翔 

派手さは無いものの、プロレスの奥深さと面白さをトコトンまで教えてくれた素晴らしい試合でした。詳しく書くと長くなるので割愛。

ビアガーデン行ってればトップは入れ替わったかもしれませんが…まぁ行ってないものを評価できないんで。
あと11/03 KAIENTAI 後楽園の大石vs円華も良かったのですが、あの試合は完全に円華が完封された…と自分では感じたので、残念ながらベストバウトという形では捉えていません。大石の完璧な試合と言う方向で位置づけしてますのであえて除外しました。


・MVP
‖臉仗炊
▲供Ε哀譟璽函Ε汽好
H喇幸太
GENTARO

トップは文句なし。
神出鬼没でどこでもクレイジーな試合を見せるサスケや、野外での試合からハードヒット、初のタイトル戦と多岐にわたって活躍した飯伏、シングル戦で遺憾なく真価を発揮したGENTAROも素晴らしかったけど、やっぱり目覚しい進化を遂げ説得力十分な形で一気に三冠王に上り詰めた大石真翔以外いないかと。

あと多分観に行ってたら武藤敬司は確実に入っていたと思う。来年は1年ぶりに全日本観に行かないとなぁ。


・最優秀マスメディア:ブラックアイズ2
・最優秀団体 :KAIENTAI
・最優秀興行:09/07 DDTキャンプ場プロレス 山梨ネイチャーランドオム
・新人賞 :矢野啓太(バトラーツ)
・ベストバウト:06/28 KAIENTAI千葉BF 真霜拳號vs大石真翔
・MVP:大石真翔

以上。自分はこの形で投票させていただきます。

…トラックバックってこういうやり方でいいのかな…と不安になりつつも今年のブログはこれでおしまいです。お疲れ様でしたmm

無題。

と言う事で残り数時間で2008年も終わり、2009年がやってきます。

言い忘れてましたが、アキバプロレスが自分にとっての年内最後の観戦でした。
自分にはKDPTで締めた方がお似合いかと思ったんですがね…なかなか上手く行かないものでして(埼玉イズム)

今年の半ばからブログ初めて紆余曲折ありましたが、とりあえず今日まで生きながらえてきました。観戦記に書いたも全てが良かった…とは思いませんが、とにかく様々なものが見れたなぁと。本当にプロレスについて改めて考えさせられる1年でした。

来年はもう少しペースとボリュームを落としてノンビリと行くつもりですので、期待している人は是非裏切られた気持ちでいてください…ってそもそもそんなに読んでる人いないですけどね。


この後、UCLAよろしくユニクロとしまむらとヤオコー巡って買い物済ませたら日本酒飲みつつサムライ見て年を越す予定。最後までプロレス漬けです。

とりあえずそんなところで。お付き合い頂いた方、お読み頂いた方本当にありがとうございました。良いお年をお迎え下さいmm

続きを読む

2008年12月29日 アキバプロレス「ゲームリミックス湾岸有明危機一髪」ディファ有明観戦記

DSCF5469今回の観戦記は「コミケの二日目に行われる」でおなじみのアキバプロレスの第二段興行です。
ちなみに前回の興行はプレ旗揚げ戦とあったのですが、今回のOPMCで前回を旗揚げ戦と称していたので今回が第二戦と考えて良いようです。

そして今回の会場はコミケの会場から程近いディファ有明。前回使用した秋葉原のUDXは予約が入っていた関係でコチラに決まったとの事。
会場タイプは強気のAタイプで北側の後方をスクリーンで潰した形。公式発表では549人との事でした。


DSCF5478※ちなみに今回の席は本部席の真後ろ。従って写真にリングアナの後頭部が移りこむところが多々ありますが…仕様と言う事でw
あと試合途中に実況解説の発言も混ぜています。読みにくいかと思いますが…し(ry





文字数超過の為こちらにOPのやり取りを。

@OPMC
DSCF5483DSCF5485






場内実況を担当する村田晴郎アナとポカスカジャンの大久保ノブオとタマ伸也が登場。前回同様メンバーの1人省吾はお休み。今回のコンセプトと前回を振り返りつつ進行。

村田「今回は前回みたいなことは無いと思いますので…」
大久保「今日はピンチにならないでしょう」
村田「なるわけないですよね!前回退治したんですから!今日のアキバプロレスは1から10までハッピー。菊タローさんがいるから大丈夫!」

とある意味前フリをして興行開始。


@興行開始の挨拶。
木原リングアナの「シャツはズボンの中に入れて観戦してください!」の諸注意のあと菊タローが登場。
DSCF5490DSCF5520






菊「…やっぱりBプランにしておくんだった…。
(気を取り直し)この一週間本当に眠れませんでした。今日も皆さんに楽しんでいただいて笑顔で家路に着いてもらえるよう頑張ります。」
ここで菊タローにいざなわれ水科孝之練習生がジャンピングリングイン。失敗。
水科「今皆さんが一番心配している事を言います…今日はちゃんと年内の仕事全部終わらせて来ました!
このアキバプロレスが年内最後の仕事です!スッキリ終わらせて明日のコミケ3日目ホクホクして行きたいと思います!」

菊タローは更に今回新しい練習生が入った事を発表。その人は野球出身の180cmの強豪らしい。そして現れたのは…どこかで見覚えのある73歳のご老人。
佐川「ただいまご紹介に預かりました佐川真でございます!残り少ない人生一生懸命頑張って、一日も早くリングに立ちたいと思います!」

菊「この高齢化社会、佐川さんに頑張ってもらって…一日も早く余命の中でリングに立って頂いて頑張ってもらいたいと思います」

するとここでいきなり聞き覚えのある声が…
「ハッハッハッ!年寄り1人増えたところで有明の街を守れると思うなよ!」
現れたのは歌舞伎町ダイヤモンドロマンスNO.1ホストのRion。後には戦闘員を二名従えている…がそのうちの1人は非常に見覚えのある顔が全開。
DSCF5523DSCF5529






菊「前回秋葉原の支配に失敗したお前が一体何しに来たんや!」

Rion「この有明の地には年に何度か日本中のオタクマネーが集まる。そこで我々がその権利を手にし、この有明に巨大シャンパンタワーを設立。そうすればこの有明は女性が集まるホストの街へと変貌するのだ!」
菊「なんて恐ろしい事を…(戦闘員の手にする箱を見て)その戦闘員が持っているのはメインの勝利者賞のPS3じゃないか!」
Rion「あぁこれか?後においてあったから貰っておいた。俺たちが勝つのは目に見えてるから問題ないだろ」
菊「オマエにその価値がわかるんかいな!メタルギアソリッド4の限定パックで殆ど売ってないし、終わった後に小島監督がサインしてくれるって…価値が計り知れないんだぞ!」
Rion「価値があるなら俺にお似合いじゃないか。クラブの足置きにしてやろうw」
菊「そんな事させてたまるか!絶対お前たちを倒してやるからな!有明の街を試合させてたまるか!」
Rion「アキバプロレスを二回目にして終わりにしてやる!ジジィ1人増えたところで何が出来る!

…いいよアキバプロレスを壊滅したら新人ホストとして雇ってやる」

そう言い放ちRionと戦闘員は退場。結局顔丸出しの人には一切触れず。

菊「有明の街は俺たちが守る!ねぇしなっち、佐川さん!」
佐川「えっ…ホストかい?」
菊「やるんかいジジィ!」
水科「とにかくあいつらに好き勝手されたら明日のコミケ開催できないじゃないですか!」
菊「それにこの有明にはプロレスの殿堂ディファ有明とプロレスリングNOAHがある…これはアキバ系だけの問題じゃない。アキバ系とプロレスが手を取って闘う時が来たんだ!俺たちが有明を守る!」

続きを読む

デカすぎるのも困りもの。

c377fd54.jpgディファ行く前に初ららぽ

デカすぎて目的の場所まで行けんわな

でも楽しいからまた来ようw

2008年12月28日 第五回KDPT腐れどインディープロレス大会2008 赤塚公会堂観戦記

DSCF5464



赤塚最後の夜。




今回は2年ぶりに復活した伝説の興行KDPTの観戦記です。


DSCF4926
会場は普段の埼玉より座席数がやや大目。あと何故かリング…と言うかマットが狭い。売店には666ブースや、ケン片谷のオリジナルCD、何故か木高イサミTシャツなどバラエティに富んだものが販売されていました。

DSCF4923

ちなみに前売りチケは毎度恒例ファンシーな紙に手書きと言う形だが…何故か当日券は名刺の形。
これは羨ましい。


DSCF4925

興行開始15分前でようやくマスクをつけたままのサスケが到着。控え室に行かず会場に現れると…「ここでやるの?」



開場時にはお客は50名ほど。最終的には60名近く。裏でDDT後楽園があるわりには善戦したのではないかと。

恒例の控え室の混乱等あって開始時間は25分遅れの19:40となりました。

続きを読む

2008年12月27日 夢名塾2008年最終興行「魁〜SAKIGAKE〜」 BUMB東京スポーツ文化館サブ・アリーナ観戦記

DSCF4180コチラに引き続き夢名塾の年内最終興行開始…となる予定でいたが、前の試合でリングの板が外れたようで、その調整の為しばし休憩。

DEPの若手の迅速な処置により無事復旧されました。



と言う事で気を取り直して夢名塾の観戦記です。続きを読む

2008年12月27日 バンジ一高田PRESENTS「一時がBUNZY2」 BUMB東京スポーツ文化館サブ・アリーナ観戦記

DSCF4094






今回は新木場1stと逆方向にあるBUMB東京スポーツセンターでのバンジー高田自主興行と夢名塾の2興行の観戦記です。

同じ場所で同じチケで見ることが出来るのだから同一興行と見るべきなんでしょうが、タイトルが長くなるのと幾つかの理由の為一応分けてみました。

なおバンジー高田と雁之助の対決までの経緯はこちらこちらを参考にして下さい。

続きを読む

青いアイツが帰ってきた!

お仕事SPの日本インディー大賞2008が決定しました。
ニューカマー賞:竹田誠志
ベストユニット賞:佐藤兄弟(バラモン兄弟)
ベスト興行:9/7キャンプ場プロレス
ベストバウト:8/5飯伏幸太vsケニー・オメガ
MVP:ザ・グレート・サスケ

ほぼ予想通りかと。候補はメモり忘れたので割愛。


ちなみに授与式では佐藤兄弟の改心発言、高木三四郎による来年の3月に東京以外での本屋プロレスを計画中という爆弾発言、飯伏の「心がまだ」回復していない発言なんてのもありました。

そしてエンディング。受賞したメンバーが勢ぞろい(キャプ場プロレス代表の三四郎はEDだけ不在。かわりにキャンプ場の経営者である大田兄弟が参加)。
…とここで何と公共?の電波で凶行が!以下汚い画像ですが図解で。

20081227235248


改心した佐藤兄弟がサスケを祝福



20081227235431

上機嫌のサスケの背後で佐藤兄弟が取り出したのは何と青いマスクと週刊ファイト…そしてそれで思いっきりぶん殴る!


20081227235537


その光景を我関せずと他人事のように写メる飯伏



20081227235545

佐藤兄弟と、彼らを尊敬する大田兄弟が今後のプランを話す中やっぱり写メる飯伏



20081227235612

ダブル双子はお仕事恒例EDのカラオケを青サスケにさせようと拉致、飯伏は1人写メ保存中



20081227235647

三田女史「心がまた辛くなったらその写メ見てくださいね?」
飯伏「(満面の笑みで)ハイ!」


20081227235747

そしてEDのカラオケで青サスケが喉チョップしながらPerfumeの「ポリリズム」を熱唱。




こんな感じで今年最後のインディーのお仕事は終了しましたとさ。
…えっと明日のKDPTでは青いサスケ?赤いサスケ?

以上速報でしたw

ひとヤスみ。

2455deb1.jpg

家に帰ったら玄関に大量のお餅が。どうやら叔父が持ってきたみたいです。
どうやら先週貰ったりんご2ケースと共にこれが年末年始の主食になりそうです。

と言う事で観戦記の手を休めておしるこ食べながらインディーのお仕事SP視聴中。

んーそりゃ太りますわな…。

…いいの甘さ控えめだから!

ファイナル?カウントダウン。

spikeの謎のカウントダウンが気になる今日この頃。

確か前にもやってなかったっけ?KOCかファイプロを期待していたけど結局全く違うものだった気が。今度こそ…来るよね?

とりあえず2009年1月1日に止まるようなのでそれまで大人しくまち待ちませう。



12月28日DDT後楽園大会 準レギュランブルのメンバーが変な方向に豪華な件

現時点で決まっているのは真琴、DJニラ、田村和宏、ツトム・オースギ、ヘラクレス千賀、円華。どインディ系は今のところいないみたい。
個人的には真琴と元Xsの円華とそのマネージャーだったニラがどう絡むか注目して見てみたい…が当日は裏の興行で行けないんだよな…。残念。


1月11日(日) KAIENTAI新年会プロレス(15:00〜)の決定カード。

UWA世界ミドル級選手権 大石真翔 vs 矢野啓太 (バトラーツ)

実は個人的にはかなり熱望していたカード。よもやこんな形で突発的に組まれるとは思わなかった。

でもその日は18:30 から新宿FACEで新北京が…ったくしょうがないなぁ…。
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ