ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

2010年01月

2010年1月24日 ユニオンプロレス「あけましてユニオン」新木場1st.Ring観戦記

DDT本体との昼夜興行となった今年一発目のユニオンプロレス。DDTには及ばないもののその余波もあってか公式発表で291人の満員に。
DSCF5094

参加団体が多いせいか売店も非常ににぎやか。写真はその一部。




続きを読む

2010年01月17日 ヤス・ウラノ自主興行「ウラウラノ」北千住シアター1010稽古場観戦記

DSCF3448DSCF3471






「シンプル・イズ・ベスト」

約一年一ヶ月ぶりとなったヤス・ウラノ自主興行の第三弾は新木場から北千住に場所を変えて開催。観衆は公式発表で186人の超満員。

レフェリーはニード手島&松井幸則、リングアナは下島車掌が担当。売店にはウラノとなじみの深い趙雲子龍、ユニオンのスーザン代表や石川修司、KAIENTAIの大石真翔らがいました。

DSCF2421そしてこの日受付を担当は…ウラノの後輩であり「レスラー」「売店部長」「取締役役員」そして今回初の「受付」でグランドスラム、金字塔を立てた…とSアリで豪語していた大家健。初体験の受付でややあたふたしたり、言い回しを間違えていたりしていましたが、松井さんのフォローにより立派に大役を果たしていました。

続きを読む

2010年1月10日  「今池プロレス商店街2」〜今池プロレス旗揚げ戦!〜 名古屋・今池ガスホール観戦記

昼のDDTと同じ会場で行われた「今池プロレス商店街2」。飯伏幸太、ケニー・オメガ、HERO!(欠場した高木三四郎の代わり)がゲスト参戦すると聞いた為、昼に引き続き観戦して参りました。今回はその観戦記。

そもそも「今池プロレス商店街」とは「Project IMAIKE(名古屋・今池商店街連合会の若手有志による地域活性化を目的としたプロジェクト)とスポルティーバエンターテイメントのコラボで行うプロレス興行」の事。
興行のOPVTRによると、昨年5月の「今池プロレス商店街」の大成功で気を良くした関係者が、今年は更に今池商店街を巻き込み、焼き鳥屋「きも善」の大将であるマグナム今池を代表として「今池プロレス」と言う「プロレス団体」を旗揚げしてしまったそうです。

ちなみに昨年5月に行われた「今池プロレス商店街」については、たこ焼きマシン様の観戦記に詳細がありますのでそちらをご覧になってください。

観衆は公式発表で300人の超満員。客層は老若男女様々で、試合の反応を見る限りではプロレスを見たことない人が多数だった模様。

DSCF1614リングアナはチームでらの松永郁恵、館内実況はSTYLE-Eの弥武芳郎、解説は今池出身の「nobodyknows+」のノリ・ダ・ファンキーシビレサス、レフェリーは大日本プロレスの李日韓が担当。



なお事前に対戦カードが一切発表されていませんでしたが、どうやら入場テーマが鳴って初めて誰が出るかわかると言うシステムなんだそうです。


今池商店街連合会会長の終わりそうでなかなか終わらない阿佐ヶ谷プロレスの奥野店長風挨拶(所要時間はおよそ5分)から、nobodyknows+の「イマイケサンバ」がBGM&ミスター6号が主演のかなり凝ったOPVTRを経ていよいよ興行スタート。
続きを読む

2010年1月10日 DDT 「新春!猛虎流大放屁in名古屋2010」名古屋・今池ガスホール観戦記

私の今年のプロレス初めは、色々訳あって名古屋から。

実は今年から観戦数を一気に減らそうかな…と思って三が日のプロレス興行ラッシュを全てスルーしたんですが、あまりにもDDT名古屋大会のカードが良かった為についつい思いつきで自身二度目の名古屋遠征を企ててみました。
しかしワクワクしていたのもつかの間、興行前日に残念な情報が飛び込んで来る事になりまして…。

2010年01月09日(土) 1月10日名古屋大会対戦カード変更のお知らせ

石井慧介が新型インフルエンザに感染した為に、更に高木三四郎及び男色ディーノが39度以上の高熱による体調不良の為に揃って欠場。5vs5勝ち抜き戦もそうですが、正直エクストリーム選手権が一番の目当てだっただけに、仕方がない事とはいえちょっとショックがデカイです…。今はただ三選手の一日も早い回復をただただ祈るばかりです。

なお三選手の欠場により変更されたカードは以下の通り。
・梅村パソコン塾スポンサードマッチ DDTエクストリーム選手権試合
男色ディーノvsGENTARO

・オーナー率いるDDT正規軍対CEO率いるベルトハンターハンター全面対抗戦5対5勝ち抜き戦
DDT正規軍:高木三四郎、MIKAMI、タノムサク鳥羽、星誕期、入江茂弘
BH×H軍:中澤“CEO”マイケル、マサ高梨、佐藤光留、石井慧介、ヨシヒコ



・梅村パソコン塾スポンサードマッチ DDTエクストリーム選手権 第12代王者決定戦
GENTARO vs MIKAMI

・オーナーのパートナー率いるDDT正規軍対CEO率いるベルトハンターハンター全面対抗戦5対5シングル勝ち抜き戦
DDT正規軍:澤宗紀、タノムサク鳥羽、星誕期、入江茂弘、HERO!
BH×H軍:中澤“CEO”マイケル、マサ高梨、佐藤光留、ヨシヒコ、X(当日発表)

ディーノはエクストリーム選手権の防衛戦を行えないことで同王座を返上。MIKAMIとGENTAROがタイトルを賭けて戦う事に。一方、大社長とMIKAMIの抜けた全面対抗戦には「チーム変態大社長」のパートナーである澤宗紀、そしてDDTの危機を救う為に久々にヒーロー星からHERO!が急遽参戦する事に。

観衆は315人の超満員。欠場者続出だけでなく、zepp名古屋のNOAH、名古屋テレピアホールのDRAGON GATEが裏にあったのにも関わらずこの入りは見事。

DSCF0459DSCF0460






ちなみに会場はこんな感じ。シアタータイプの会場で東西にイスが二列、北に当たるステージ上に一列、正面南側に二列とひな壇(ひな壇の座席番号は「さ行」から)。大きさ形状共に下北沢タウンホールに似ているかなと。続きを読む

2009年12月27日 DDT 「NEVER MIND 2009」 後楽園観戦記

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

と遅ればせながらの挨拶はさておき。
新年一発目の観戦記は…既に去年の出来事となった一週間以上前のDDT後楽園大会。正月休み中にちんたらちんたら書いてたら何となく出来たので、今更感ありありですがとりあえず晒してみます。

決して、決して、決して2010年一発目のDDT後楽園の観戦記ではありません。くれぐれもお間違いなく。

観衆は公式発表で2009人の超満員。あまりにも出来すぎた数字に…見えなくもない気が。

DSCF7918DSCF7921






興行開始前には翌年頭に後楽園で公開される映画?の公開収録が新藤リングアナの仕切りにより行われる。しかしこれがNGなしであっさり終了してしまった為に、興行開始までの残りの8分間を新藤リングアナが無理やり埋めると言う事に。いやはや本当にお疲れさまでした。
続きを読む
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ