ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

2011年12月

ネット・プロレス大賞2011の投票

まだ一つ観戦記を書き上げてないけど、一応年内最後の観戦が終わったので毎年恒例の「ブラックアイ2」様の「ネット・プロレス大賞2010」への投票をさせて頂きたいと思います。
今年からトラックバック方式を辞めたようなのでブログに書く必要はないんですが、私的メモ代わりに一応書いておく事にします。

今年も例年通り「直接見た興行及び選手」を重視しつつ、CSなどで見た中継も含めて選考をさせて頂きました。

続きを読む

2011年12月29日 鬼神道Returns8「ミスター雁之助プロデュース興行」新木場1stRING観戦記

個人的には1年ぶりとなる鬼神道観戦。今回も崖のふちプロレスやチェックマンイベントなどとバッティングするものの、それでも最終的には237人の満員と言う入りに。

続きを読む

2011年12月25日 WIN「KATSUSHIKA Yearend Final2011」葛飾区総合スポーツセンターエイトホール観戦記

アマチュアプロレスWINの12月興行。今回は年内最後の興行とあってか豪華な顔ぶれが揃った全8試合+ゼロングショー拡大版+プレゼントコーナーとやたらとボリューム満点。

観衆は90名くらいで、今回もひっそりと人食い義生の姿が。

スマホを購入したばかりのワンダーによる世間話、見所紹介からオープニングへ。

続きを読む

2011年12月14日 ユニオンプロレス「師走のユニオン2011」新宿FACE観戦記

ユニオンの年内最終興行。師走の繁忙期に入ったからか、はたまたビックマッチ直前の興行だったからか客入りはやや少なめで、公式発表で279人。

セコンドには風戸大智とDDTの平田が就くも、冨永や川森リングアナ見習いの姿は無し。また会場の片隅にはスーツ姿の竜剛馬の姿も。
CIMG2171CIMG2175
大家健とKAIENTAIの関根龍一による年越しプロレスの宣伝を経て興行開始。

続きを読む

2011年12月11日 RAW プレ旗揚げ VOL.22「第一回ボスコニアン杯 第一ラウンド」小豆沢体育館第一武道場観戦記(限定版2)

こちらは写真ありの限定版の観戦記です。
書いてある内容は一般用と全く変わりません。また、恐らくPCからでしか見れないと思いますので、その点もご了承ください。

なお写真と改行の関係で文字数超過となり1つに収まりきらなかったので、無理やり2つにわけました。その1が休憩前まで、その2が休憩後となります。読みにくくてすいません。

こちらは後半戦のその2です。前半戦はこちら

続きを読む

2011年12月11日 RAW プレ旗揚げ VOL.22「第一回ボスコニアン杯 第一ラウンド」小豆沢体育館第一武道場観戦記(限定版1)

こちらは写真ありの限定版の観戦記です。
書いてある内容は一般用と全く変わりません。また、恐らくPCからでしか見れないと思いますので、その点もご了承ください。

なお写真と改行の関係で文字数超過となり1つに収まりきらなかったので、無理やり2つにわけました。その1が休憩前まで、その2が休憩後となります。読みにくくてすいません。

こちらは前半戦のその1です。後半戦はこちら

続きを読む

2011年12月11日 RAW プレ旗揚げ VOL.22「第一回ボスコニアン杯 第一ラウンド」小豆沢体育館第一武道場観戦記(一般版)

前回興行で決まった「第一回ボスコニアン杯」の一回戦が行われた今回の興行。ちなみに「ボスコニアン杯」については以下の通り。

・RAW無差別級王座に就いたことのない選手に参加資格があり、トーナメント主催者ザ☆ボスコニアンが選手、試合組み合わせを独断で決定する。今回が第1回の開催。

・優勝者には正賞としてボスコニアン杯(形状未定)が送られる。副賞はなし。

・勝負は30分1本勝負で行われる。時間切れを含むあらゆる引き分けの場合、両者が失格となり対戦を予定された選手が自動的に繰り上がる。準決勝戦の場合も同様で、準決勝戦が引き分けだった場合、別の準決勝戦の勝者が自動的に優勝者となる。
準決勝戦2試合が2試合とも引き分けだった場合、優勝者なしとする。

・準決勝は来年1月8日同所にて、決勝は3月以降の興行で開催予定。


会場はいつも通り、小豆沢武道場。観衆は40〜50名ほど。


今回も「五箇条のご誓文」+「写真の外部HPでの写真公開禁止(mixi等での限定公開は可)」と言う事で、写真無しの一般Ver.と写真有りの限定Ver.の二つに分けさせて頂きます。ご了承ください。

続きを読む

2011年12月03日 スポ戦MANIA2011 vol.4 イサミレッスルアリーナ観戦記

DSCF4887
「集大成」

S.W.A.T(Spocen Wrestling Art traning/新宿スポーツセンターで練習をしている団体の垣根を越えたアマチュア&学プロレスラーの集団)主催の「スポ戦MANIA」の第四弾興行。
今回のプロモ−ターは初代プロモーターでかい一物に指名されたSWSガクセイプロレスのタイガー・ベットシーン&WINのKONG-T。ベッシンは選手としても参戦し、KONGは裏方として興行に参加。

観衆はアマチュア&学プロ関係者及びアマチュアファン60〜70人ほど。大雨が降っていたからか予想よりかはやや少な目。ちなみにこの興行はニコ生で生放送されたんですが、どれくらいの視聴者がいたのかは不明。

続きを読む
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ