ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

2013年08月

2013年08月25日 WIN「サマーデストラクションinカツシカ」葛飾区総合スポーツセンターエイトホール観戦記

BRl
WINの8月興行。観衆は公式発表で約60人。
ちなみに代表のDRAGON RYUGAはこの日不在だった模様。

もう半月も前のことで記憶もかなり曖昧なんで、ところどころ雑だったり感想が薄めだったりしますがそれでも宜しければ(苦笑)

続きを読む

2013年08月24日 ユニオンプロレス「夏祭りユニオン 2013」新木場1stRING観戦記

2週間前に行われたユニオン8月大会の観戦記(書いているのは9月上旬)

同日昼にはかつて三富政行がプロデュースしていた海プロレスが行われていたが、自分はかつて風戸大智が在籍していたnkwを観戦し、その後ユニオンへ。
観衆は211人の満員。


続きを読む

2013年08月24日 nkw「デンジャラスサマー2013」都立武蔵野公園観戦記

CIMG0943
都立武蔵野公園で毎年行われている「わんぱく夏まつり」内での草プロレスnkwのビックショー。今年で10年目となるが、昨年末のMr.Money引退により創設メンバーがいなくなり、今回はそれ以降にデビュー&加入した所属選手と現役&OBの学プロ勢によって行われることに。ちなみにnkwはこのビックショーが今年初の興行。

これまで使っていた手作りのリングは既に処分されたそうで、今回はリングをレンタルし、地中に鉄柱を埋めた状態で設営。多分、以前までの杭を使ったお手製リングよりも設営に時間が掛かったんじゃないのかな。ちなみに場所の選択をミスったのか横の大木の枝がリングに掛かっちゃってたけど、コーナーからダイブする人が殆どいなかったのであまり影響無し。

観衆は60〜70名くらい。いつものように子供率が高かったが、どうやら興行中はわんぱく夏祭りの方でもレクリエーションをやっていたらしく、そちらから観戦する人はあまりいなかった模様。

時々ポツポツと雨が降る中、差し入れのすっぽんドリンクを日高が一気飲みしたり、開始直前なのにも関わらず選手がリングサイドで歓談したりとまったりした雰囲気の中、公開お清め、スキンズ岡田オーナーの開会宣言&nkwの合言葉である「That's good nkw」を経て興行開始。

続きを読む

2013年08月23日 SWSガクセイプロレス「新木場自主興行」新木場1st.RING観戦記

毎年恒例、SWSガクセイプロレスの新木場大会。
料金後払い制で観衆は6、70人くらい。中には去年同所で試合をして今年に入りプロデビューした選手や、SWSのOBであり現在はアマとプロのリングで活躍しているの選手の姿も…って、後者は主戦場としている某団体が真裏で興行やってるのにも関わらず、なぜこの会場に?(笑)

気がつけば前説担当の水嶋ヒロ斎藤以外の選手関係者が全員会場からいなくなったりしたが、特にそれ以上何事もなくほぼ定刻通りに興行開始。
…てっきり一人きりになったヒロを謎の覆面軍団が襲い、ダンボールに詰め込んで拉致するんじゃないか…と思ったんですが、さすがにこの日のメインイベンターだけにそんなことはなかったか。残念。


ちなみに試合が進むにつれてなぜかどんどん照明が暗くなっていったので、写真も試合が進むにつれてどんどん酷くなっていきます。その点は予めご了承くださいませ。

続きを読む

2013年08月18日 DDT「両国ピーターパン2013〜プロレスの傾向と対策〜」両国国技館観戦記(後編)

DDT両国2DAYS二日目の観戦記後編。こちらは休憩明けからダブルメインまで。


続きを読む

2013年08月18日 DDT「両国ピーターパン2013〜プロレスの傾向と対策〜」両国国技館観戦記(前編)

IMG_0507IMG_0504
09年から続く年に一度、夏に開催されるDDT年間最大のビックマッチ。今年は両国国技館を舞台に初の2日連続開催で、初日がDDTと他ジャンルによるコラボ、2日目がDDT本隊よる興行。こちらは2日目の観戦記。こちらも文章量が多いので前編&後編に分けています。

観衆は意外にも前日より増えて9000人の超満員札止。ちなみに写真のイスは最前列&二列目限定のお土産。


続きを読む

2013年08月17日 DDT「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」両国国技館観戦記(後編)

DDT両国2DAYS初日の観戦記後編。こちらは第五試合のアイドルランバージャック4WAYから。

続きを読む

2013年08月17日 DDT「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」両国国技館観戦記(前編)

FMG_8490FMG_8493
09年から続く年に一度、夏に開催されるDDT年間最大のビックマッチ。今年は両国国技館を舞台に初の2日連続開催で、初日がDDTと他ジャンルによるコラボ、2日目がDDT本隊よる興行。こちらはその初日の観戦記。

ちなみに撮影の規制があるんだかないんだかよくわからなかった関係で(公式HPには「興行中のプロレスの試合の際の写真撮影は可」とあったが、会場でそれに関するアナウンスは皆無)各ライブ中の写真はほぼ皆無。
また5時間近い興行なので観戦記も前編、後編に分けています。あしからず。

他ジャンルのファンを呼び込んだだけでなく、チケット代もかなり安価に設定された(最前列でも5000円)せいか、観衆は公式発表で8500人の超満員となることに。

続きを読む

2013年08月10日 COWPER.6 新木場1stRING観戦記

IMG_7098
奇しくも永田乳児率いる“ニュージヤパンプロレスリング”と同日に新木場初進出となったエロワード・ネゲロ主催の学プロOBによる自主興行“COWPER”

観衆はニュージヤパンの途中から来場した人を含めて100人近く。入場料金任意後払い制(ニュージヤパンの観戦込み)であり、裏にG1や花火大会、サマソニがあったにも関わらずかなりの入りに。
もちろん関係者率も高めでしたが、興行開始前のアンケートによると初観戦の方もちらほらいた模様。前説の軍団ひとり「間違ってます、間違ってます!」

続きを読む

2013年08月10日 ニュージヤパンプロレスリング「Pey 1 CLIMAX.23〜優勝決定戦〜」新木場1stRING観戦記

IMG_7006IMG_7007
奇しくもCOWPERと同時に新木場進出を果たすこととなった永田乳児率いる“ニュージ・ヤパンプロレスリング”
今回は7月20日から全国各地でひっそりと開催されていた真夏の祭典“Pey 1 CLIMAX.23”の優勝決定戦がメインイベントに。

ちなみにAブロックは永田乳児(最下位)以外の全選手がそれぞれ何らかの理由により出場辞退してしまい、残った永田が優勝決定戦へ進出。
一方のBブロックは永邑&ペィヴィットが同点トップ(直接対決も引き分け)となったものの「興行時間が短い」「面倒くさい」を理由に2人とも優勝決定戦へ進出。
更に3人がそれぞれベルトを保持していた為に3本のベルトも賭けられることになり、最終的には優勝決定戦&トリプルタイトル3WAYマッチとして行われることに…あーややこしい(笑)

観衆は70〜80名くらい。入場料金任意後払い制(COWPERの観戦込み)にも関わらず結構な入り。中にはニュージヤパン目当てに来た人もいたんだとか。前説の軍団ひとり「なにか間違ってるような気がします」

どっかで見覚えのあるような特製のポスター、サイン入り特製ポートレートの無料配布、色画用紙で作られた「魂込めてニュージヤパンプロレス」などなど、初の新木場大会とあってか試合以外にも無駄な方向に力が入ってた模様。

続きを読む
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ