ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

大日本

2011年03月21日 大日本プロレス「デスマッチシングルリーグ戦「一騎当千」公式リーグ戦」後楽園ホール観戦記

DSCF2256

「日本は絶対に負けない!」

3月11日の東日本大震災により天井部分に歪みが生じ、補修点検の為に興行やイベントの開催を見送っていた後楽園ホールがこの日から興行を解禁。昼のアイスリボンに続いて、夜の部では大日本プロレスが興行を開催。
震災後とあり客足が遠のくかと思われましたが、結果的にはほぼ満員と言う形に。公式発表では1246人の超満員。
DSCF1182DSCF1184
興行中は節電仕様の照明と言う事でしたが、入場用の演出、場外乱闘の際の照明がない以外はほぼそのままと言った感じ。特にそこまで違和感はなし。
売店では募金活動及び救援物資の受付が行われ、また興行開始前には避難に関する場内アナウンスで流れ続ける。そしてリング中央には「頑張ろう日本〜今こそ皆で力を合わせる時〜」の文字が。こういうところが何とも大日本らしい。

続きを読む

2009年6月29日 大日本プロレス後楽園 観戦記

今回は自身としてはほぼ1年ぶりの大日本プロレス後楽園大会の観戦記。

平日の夜とあってか入りはかなり苦戦した模様。でも最終的にはそれなりに集まったそうで…公式発表では観衆1001人とのこと。

 

続きを読む

2009年4月30日 天下三分の罰ゲーム 〜大日本プロレス買いました〜 新木場1stRING観戦記

今回はKAIENTAIが主導ながらも大日本の興行と言う何とも不思議な罰ゲーム興行の観戦記です。

簡単に背景を説明すると…去年の天下三分の計の集客数の合計で、最下位となったKAIENTAIが罰ゲームとして第一位となった大日本の興行を買った…という感じ。
という事で本来なら大日本の興行ながらKAIENTAIの選手がスタッフ…となるはずが、これまた先月のΩ自主興行でバンビ様がTAKAに負けたことにより、全ての雑用はΩのメンバーが勤める事に…とまぁこんな感じの背景。

観衆は210名の満員。
DSCF3030DSCF3031






DSCF3032DSCF3163






ちなみに売店業務はバンビ様と旭志織、チケット販売は大石真翔、セコンド業務は稲松三郎、そしてもぎり担当はΩのドンこと火野裕志が務める事に。
その彼らの胸には「ただのスタッフです。サインを求めないで下さい」の札がw

…それぞれがたどたどしいながらも業務をする中、稲松はさすがに手際よい紙テ捌きを見せ…一方の火野は無愛想にチケットをモギる…と言うか千切るw
某女史の「モギリと言うより「バウンサー」」とはよく言ったものでw

もしここにKAZMAがいたらどこの担当になっていたんだろう…とちょっと思って見たりもするがw

続きを読む

【アーカイブ】2008年05月23日 大日本 後楽園観戦記

アーカイブ7つ目。
2008年05月23日 大日本 後楽園観戦記

確かプヲタ.comだけで公開した観戦記。
前年の2007年は桂スタジオでの若手のデスマッチファイター(宮本裕向、isami、木村響子、稲松三郎ら)目当てに10興行くらい観に行った記憶があるのですが、この年はこの5月が初観戦…と当時は書いているのですが、天下三分の計千葉BF大会で既に行っていた事が判明…なんとも恥ずかしい話です。

この後楽園大会は真霜とテイオー&忍の絡みが目的で観に行ったような気がします。あと覚えてるのは…某所で割引されていたチケットを買ったら目の前にSAMURAIのカメラマンが常に陣取っており殆ど見れなかった…と言う事くらいかw

それと今度の横浜文体でBJWデスマッチヘビー級選手権に挑戦する事になったデスマッチドリーム大驀進中の竹田誠志の大日本参戦はこの頃から…だったような気がします。


なおこの観戦記は幾つか画像を加工及び追加致しました。

作成日2009年6月6日 23:30

続きを読む
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ