ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

ネット・プロレス大賞

ネット・プロレス大賞2011の投票

まだ一つ観戦記を書き上げてないけど、一応年内最後の観戦が終わったので毎年恒例の「ブラックアイ2」様の「ネット・プロレス大賞2010」への投票をさせて頂きたいと思います。
今年からトラックバック方式を辞めたようなのでブログに書く必要はないんですが、私的メモ代わりに一応書いておく事にします。

今年も例年通り「直接見た興行及び選手」を重視しつつ、CSなどで見た中継も含めて選考をさせて頂きました。

続きを読む

ネット・プロレス大賞2010の投票

年内最後の観戦が終わったので毎年恒例の「ブラックアイ2」様の「ネット・プロレス大賞2010」への投票をさせて頂きたいと思います。

今年は去年同様「直接見た興行及び選手」を重視しつつ、CSなどで見た中継も含めて選考をさせて頂きました。
なお一部に選考理由がないのは単に書く時間がなかっただけの事です。あしからず。

※12/31 23:15
メディア部門を一部修正しました。続きを読む

ネット・プロレス大賞2009の投票とご挨拶。

年内最後の観戦記も終わってようやく一段落。色々なところで色々と盛り上がっているようですが、そんな事はお構いなく自分はマイペースに蕎麦すすってます。TVなんざ電源も入れてませんw

それはそうとどうやら今年もプロレスブログ業界の最大手「ブラックアイ2」様の「ネット・プロレス大賞2009」への投票権があるようなので、今回もエントリーさせて頂く事にします。

去年の自分の選考基準は「直接見た興行及び選手」だったのですが、今年はそちらを重視しつつもCSなどで見た中継も含めて選考させていただく事にしました。


続きを読む

年内最後の大仕事〜ネット・プロレス大賞2008の投票

買い物行ったら、買おうとしたものが殆どなくてスイミングアイ。

そうそう年内最後の書き込みを終えた…と思ったらもう一仕事残ってました。

プロレスブログ業界の最大手ブラックアイ2のネット・プロレス大賞

いつもは見ていた立場でしたが、今年からブログをはじめた…と言うことで自分も是非投票しようと思います。どうやら投票基準には引っかかっているみたいですし。

ちなみに自分の選考基準は「直接見た興行及び選手」に限っています。
従ってかなり片寄っているとは思いますが、これが自分なりの素直な意見と言う事で。えらそうな事をのたまいつつ晒してみます。
あと某所に晒した結果と微妙に変わっていますが…これが最終的なものと言う事で。



・最優秀マスメディア
.屮薀奪アイズ2
「インディーのお仕事」
週刊プロレスmobile
ぅ屮蹈「河原でエロ本を拾った小学生みたいな人のブログ」
ゥ屮蹈「行かないで後悔より行って後悔」

トップは文句なく。普段ブログをチェックしない自分でもここだけは必ず毎日見る事にしています。ここで情報得ることが非常に多いんで。
「お仕事」はインディー好きには欠かせないコンテンツとなりました。どんな形であれ例の件にも触れましたしね。
後の三つはブラックアイズ2と同様欠かさずチェックしていた貴重な情報源だから


・最優秀団体 
KAIENTAI
阿佐ヶ谷
みちのく
nkw
ゥ罐縫ン

当初は突出するものがなかったので該当ナシだったのですが、やはり離脱者が多いとは言え安定した試合(特にシングルのタイトル)を提供してくれた、そして有能な新人を排出しているからと言う事でKAIENTAIをトップに。
阿佐ヶ谷はよくあれだけの様々なラインナップを揃え、毎回外さなかったな…と言う事で。ただ団体?と言われると疑問符が残るのでこの位置。
みちのくは10周年と言う事で色々な懐かしさと新しさを色んなところで見せてくれたから。
nkwは毎回素晴らしい興行を見せてくれますが…如何せん自分の都合で二回行かなかったんで…すいません。本当にすいません。
ユニオンは今の爆発力と今後の期待を込めて。
ちなみにDDTは…他のブランドに分散しすぎて薄くなった気がしたので除外。


・最優秀興行
09/07 DDTキャンプ場プロレス 山梨ネイチャーランドオム
05/03 KAIENTAI-DOJO GWSP6-Ωプロデュース興行 千葉BF
07/18 ヤス・ウラノ自主興行新木場
11/03 KAIENTAI 後楽園
11/16 ユニオン 北千住

トップと2位は最後まで悩んだのですがとりあえずこの結果に。
ウラノ自主興行は色んな意味で思い入れが深かったのですが…まぁ上のインパクトが強すぎたと言う事で。KAIENTAIは正直セミメインのみで選出。ユニオンはあの尋常でない色んな意味での熱さから。
ちなみに次点は11/11の阿佐ヶ谷。


・新人賞 
〔靆邨実(バト)
滝澤大志(K)
松本浩代(息吹)
っ歸沈浸(スタE)
ダ仞鄂弧(BJW)
正直一番悩んだ新人賞。自分の中ではこのメンバー+ヒロ・トウナイ&佐藤悠己がほぼ同列でした。結局怪我やら観に行った回数とインパクト、成長を加味してこんな感じに


・最優秀タッグチーム
〆監秀&恵
▲謄ぅー&忍 
以下該当無し
 
KUDOヤスは常に安定した試合を見せるものの主要戦線にあまり絡めなかったし 、大石&旭は…実は今年一度も純粋なタッグ見てないと思うんですよね…orz
あとチームハンサムも真霜&円華もちょっと違う気が。
佐藤秀恵は自分でテーマを作って自分のワールドに染めると言う意味では本当に卓越していると思います。と言う事で選出。

・ベストバウト
候補は以下の通り。

02/11 健介オフィス後楽園 中嶋勝彦vs山口竜志
03/09 DDT後楽園 HARASHIMAvsヤス・ウラノ
05/05 KAIENTAI千葉BF 大石真翔vs田口隆祐
05/24 nkw ババヤ人vsMr.Money
06/28 KAIENTAI千葉BF 真霜拳號vs大石真翔
07/18 ヤス・ウラノ自主興行新木場 ミスター雁之助vsヤス・ウラノ
09/21 KAIENTAI石坂鉄平引退記念自主興行 千葉BF 石坂鉄平vs十嶋くにお
11/03 KAIENTAI後楽園 大石真翔vsMEN`Sテイオー
12/06 KAIENTAI千葉BF 真霜拳號vsMr.X
12/21 ユニオン北千住 大石真翔vs木高イサミ
12/22 ヤス・ウラノ自主興行新木場 ヤス・ウラノvs澤宗紀
12/28 第五回KDPT サバイバル飛田(&アメリカンバイオレンス&ザ・グレート・サスケ)vsストロングおまんマン&虚弱体質骨ガリゴン&タコ乳頭゛

KAIENTAI系が多いですねぇw
個々の説明は…自分のブログか他で書いた観戦記を読んでくださいmm
正直これに関しては明確な順位がつけられません。でもトップだけは決まっています。

06/28 KAIENTAI千葉BF 真霜拳號vs大石真翔 

派手さは無いものの、プロレスの奥深さと面白さをトコトンまで教えてくれた素晴らしい試合でした。詳しく書くと長くなるので割愛。

ビアガーデン行ってればトップは入れ替わったかもしれませんが…まぁ行ってないものを評価できないんで。
あと11/03 KAIENTAI 後楽園の大石vs円華も良かったのですが、あの試合は完全に円華が完封された…と自分では感じたので、残念ながらベストバウトという形では捉えていません。大石の完璧な試合と言う方向で位置づけしてますのであえて除外しました。


・MVP
‖臉仗炊
▲供Ε哀譟璽函Ε汽好
H喇幸太
GENTARO

トップは文句なし。
神出鬼没でどこでもクレイジーな試合を見せるサスケや、野外での試合からハードヒット、初のタイトル戦と多岐にわたって活躍した飯伏、シングル戦で遺憾なく真価を発揮したGENTAROも素晴らしかったけど、やっぱり目覚しい進化を遂げ説得力十分な形で一気に三冠王に上り詰めた大石真翔以外いないかと。

あと多分観に行ってたら武藤敬司は確実に入っていたと思う。来年は1年ぶりに全日本観に行かないとなぁ。


・最優秀マスメディア:ブラックアイズ2
・最優秀団体 :KAIENTAI
・最優秀興行:09/07 DDTキャンプ場プロレス 山梨ネイチャーランドオム
・新人賞 :矢野啓太(バトラーツ)
・ベストバウト:06/28 KAIENTAI千葉BF 真霜拳號vs大石真翔
・MVP:大石真翔

以上。自分はこの形で投票させていただきます。

…トラックバックってこういうやり方でいいのかな…と不安になりつつも今年のブログはこれでおしまいです。お疲れ様でしたmm

記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ