ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

路上プロレス

2015年04月15日 DDT「伊豆ぐらんぱる公園路上プロレス」観戦記

a
今年2月15日の「さいたまスーパーDDT2015」内にて行われた“スーパーTLC4WAYタッグマッチ”の勝者チームに送られた豪華景品「新たな路上プロレスへの参戦権」こと静岡県伊豆ぐらんぱる公園での路上プロレス。

参戦選手として勝者チームの高木三四郎&葛西純だけでなく飯伏幸太や路上プロレス初参戦の赤井沙希が参戦とあってかド平日の伊豆というかなり高いハードルにも関わらず大勢の観客が集まることに。観衆は公式発表で500人とあったが、これはその日一日の来場者数のことかな?確かに大勢いたけどざっと見た感じ200人超といったところで500人まではいなかったように思うのだが。ちなみにプロレス以外の目的で来場し、ついでに観戦していった方もちらほらいた模様。

この日は数日前から高確率での雨が予想されていたが、開始一時間前にはポツポツ降っていた小雨も止み、見事晴天となることに。晴れ男三四郎の本領発揮といったところか。

※既にtogetterであったり公式HPであったり他の方の観戦記であったりに詳細がまとめられているんですがとりあえず私的メモ用として久々にまとめて見ました。


続きを読む

2014年06月05日 DDT「DDT×BiS異種対バン路上ライブプロレス」浅草花やしき観戦記

IMG_2008IMG_2012
かつてDDTの両国大会にも参戦したことがあるアイドルグループ“BiS”が7月に解散するとのことで企画されたDDTとBiSによるコラボイベント。会場となったのはこれまで澤宗紀愛川ゆず季を送り出した“別れの地”浅草花やしき。

ド鉄板の路上プロレス&人気アイドルグループとのコラボとあってチケットは早々に完売。当日券も販売されず、会場外にはコンサートなどでよく見かける「チケット買います」のボードを持った人の姿も。
観衆は公式発表で370人の超満員札止め。しかしこの日からちょうど関東地方は梅雨入りとなり、残念ながら開場前から大雨に見舞われることに。自称“晴れ男”高木三四郎の神通力もこの日はさすがに通じなかったか。

路上プロレス至上1、2を争う悪天候の中、鶴見亜門GM&BiSのマネージャー渡辺淳之介さんの前説&諸注意からオンタイムで興行開始。
淳之介「BiSは終わるからまだいいんですけどDDTさんはまだ続きますんで、くれぐれもDDTさんの顔に泥を塗ることがないようにお願いします」

続きを読む

2013年07月20日 DDT「路上プロレス in HMJ」東京ビッグサイト観戦記

日本各地から2000人以上のクリエイターが集まると言う、オンライン・クリエイターズマーケット“Creema”主催のビックイベント“ハンドメイドインジャパンフェス2013”のステージ企画の一つとして行われたDDTの路上プロレス。
IMG_4369IMG_4374
東京ビックサイト内でプロレスが行われたのは恐らくガレージキットイベント“ワンダーフェスティバル”内で行われた大阪プロレス以来か?自分もその時偶然会場に居合わせた記憶が。
もちろんその時は屋内にリングが用意されていたが、今回は路上プロレスとあってリングは無く、屋外駐車場に用意された“ミュージック&プレイエリア”が主戦場となることに。

観衆は200人超。大半はDDTファンっぽかったが、初見のお客さんもそれなりに多かった模様。

準備が早く終わった為か、タイムスケジュールより5分早く試合開始。

続きを読む

2013年05月28日 DDT「純烈ミニライブ&路上プロレス in 宮地鉄工所」宮地鉄工所観戦記

IMG_7469
今年で4年目となるDDT&宮地鉄工所による工場プロレス。
今回は元マッスル戦士“酒井一圭”率いるムード歌謡ユニット“純烈”がDDT両国初日「DDT万博〜プロレスの進歩と調和〜」の参加を認めさせるべく高木三四郎率いる路上精鋭軍に立ち向かうことに。

奇しくも去年同様この日から梅雨入りで、丸一日雨の予報だったものの、それでも開場数時間前には見事に雨が上がることに。これもひとえに晴れ男三四郎のおかげか?

観衆は146人の超満員札止め。うち純烈ファンは3〜4割くらいで、明らかに路上プロレスを知らなそうなご高齢の女性もチラホラ。足場があまりよくない上に夜とあって、色々な意味でちょっと不安。

続きを読む

2013年03月27日 DDT「ゆずポン最初で最後の路上プロレスin花やしき」浅草花やしき観戦記

IMG_4027IMG_4028
4月29日をもって引退することが決まっている愛川ゆず季のたっての希望で実現した「浅草花やしき」での路上プロレス。もちろん愛川を含むスターダム勢にとっては初の路上マッチであり、愛川にとっては同時に最後の路上マッチ。

平日夜の興行にも関わらず前売りチケットは完売、当日券も無しで、公式発表では379人の超満員札止め。これは嘗て同所で路上プロレスラストマッチを行った澤宗紀の時よりも30人ほど多く、花やしきで行われたプロレスの中では過去最多とのこと。

興行は井上マイクリングアナによる諸注意&前説を経て、5分遅れでスタート。余談ですがこの日は一般紙だけでなくNHKやTBSも取材に来ていたんだとか。TBSはまだしも、NHKが取材って何に使うんだろう…?

続きを読む

2012年08月22日 DDT「海プロレス」神奈川県・大浜海岸慶應義塾学生CampStore特設リング観戦記

CIMG5365CIMG5369
CIMG5370CIMG5371
8月から9月に掛けて行われるDDT路上プロレス三連戦の第一弾。今回の戦場は神奈川県は大浜海岸の海の家。慶應大学広告学研究会が営業している海の家「CampStore」のイベントの一つとして開催されることに。
恐らく慶應生でありUWF関東学生プロレス所属の潮吹豪が間に入っていたと思われ。

天候は見事なまでの快晴。しかし心地良い潮風が吹いていた為に思ったよりも暑さは感じず。
リングは特設ステージ前のマット。青空の下ながらもどことなくかつての埼玉プロレス赤塚公会堂大会を彷彿させるような。
平日ながらも観衆は100人前後。8割がDDT目当てで来た客で、残りが学生といったところか。水着姿の人は意外と少なめ。ホッとしたような悲しいような。
CIMG5374CIMG5376
ちなみに自分が到着した時には若手やスタッフらが穴を掘っていた最中。その向こうでは我関せずとばかりに熟睡する今成カメラマンの姿が(笑)

続きを読む

2012年06月09日 DDT「ほもいろクローバーZ工場ライブ」宮地鉄工所観戦記

CIMG0019
2010年から始まった工場プロレスシリーズの第三弾。今回はDJニラの提案により、ほもいろクローバーZによる”工場ライブ”として開催。でも公式HPの「アイドルとはいえ、ほもいろクローバーZはプロレスラーです。万が一ライブの最中にプロレス騒ぎになるかもしれません」の言葉どおり、結局はプロレス騒ぎとなることに。
ちなみにほもクロのオマージュ元である”ももいろクローバーZ”が、昨年『労働讃歌』をリリースした際に大田区の工場で新曲イベントを行ったことがあり、今回の工場ライブは多分それに掛けてのものだと思われ。

発表されていた参戦予定選手は男色ディーノ、大石真翔、飯伏幸太、KUDO、福田洋、彰人。残念ながら井上雅央、グラン浜田らの参戦はなし。

運の悪いことにこの日から梅雨入りとなり、あいにくの雨模様となったものの、それでも142人の観客…もといモノノフが集まることに。


続きを読む

2012年05月06日 DDT「那須高原自然学校プロレス」那須高原自然学校観戦記

CIMG4843CIMG4842
栃木県のNPO法人「那須高原自然学校」の設立5周年記念イベントとして行われたDDT協力による「那須高原自然学校プロレス」
普段は子供向けの自然学校を行っているそうなのですが、今回は小さな子供だけでなく大きな子供たちも参加OK。観衆は公式発表で166人と大入りになることに。
余談ですがお会いした人の中にはこの興行が初めてのDDT観戦と言う福島からいらした女性客の方も。近いとは言え最初に路上プロレスを選ぶとは…つわもの過ぎる。
CIMG4844CIMG4846
会場は山中にある那須高原自然学校の敷地。ふもとに牧場や平原があったのでこんな感じのところでやるのかと思ったら、実際はそこから山道を登った、多少なだらかながらもキャンプ場プロレスとあまり代わりのない場所。当然この興行でのリングはこの敷地内の全区域。

CIMG4869
当初は13時開始予定だったが、まだ会場にたどり着いていない人が多数いるとの連絡があった為、10分遅らせることに。しかしその間に元々天候が良くなかったのが更に悪化してしまい雷と暴風雨が発生、急遽全員がコテージの中に避難することに。
このまま興行中止もありうるか…と思われたのですが、なんと僅か数分であっさり雨風が止んでしまい、興行は予定通り決行。興行開始前から身をもって「山の天気は変わりやすい」と言うことを知ることとなりました。

続きを読む

2011年11月04日 DDT「変態大社長路上プロレスラストマッチ!」浅草花やしき観戦記

CIMG2826
「世界で一番素敵でやり過ぎな夜」

11月9日で澤宗紀が引退する為に残念ながら解散することとなってしまった「チーム変態大社長」。そのパートナーである高木三四郎が「変態大社長」のラストマッチの為に用意した舞台はなんと夜の花やしき!

平日の夜にも関わらず、前売りチケット完売&当日券無し。最終的に集まった観衆は公式発表で342人。勿論超満員札止め。
CIMG2165
会場となるのは前述の通り閉園後の夜の花やしき。かつてDDTが夜に「花やしきプロレス」を行った事があったが、今回は路上プロレスと言う事ではじめからリングがない状態で行われることに。
井上マイクサブリングアナによる、くどいまでの注意事項説明からいよいよ興行開始。

続きを読む

2011年11月01日 キャンパスプロレス 慶應義塾大学三田キャンパス観戦記

平日のお昼に都会のど真ん中である慶應義塾大学三田キャンパスで行われた「キャンパスプロレス」

元々は慶應大学在学でUWF関東学生プロレス連盟に所属する潮吹豪が、自身のゼミの企画として同大学所属で慶應義塾大学プロレス研究会所属の滝川原クリトリスと構内で試合をすると言う企画だったのですが、これにかねてから学プロ参戦を熱望していたバトラーツの澤宗紀、そしてその澤にリベンジを狙っていたユニオンプロレスインターン兼お寺プロレス兼NUWA日本大学プロレス研究会OBの軍団ひとりが緊急参戦。更に澤経由で西口プロレスのばってん多摩川、ひとり経由で西口プロレスのくりゅうが加わり、結局計6名参戦の「エニウェアフォール路上バトルロイヤル」として行われることに…あぁややこしい。
CIMG0125
会場は慶應義塾大学三田キャンパス。今回は教授棟や大学院棟など一部を除くほぼ全域が使用可能らしく、仮になにかあっても全責任は潮吹の所属するゼミが取るとの事。ちなみにこのゼミの教授は大のプロレス好きらしく、以前にもゼミの企画で透明人間との試合も組んだことがあるんだとか。一体何のゼミなんだろう?

もうひとつちなみに。当然大学側から承認を得て行われる企画なんですが、一般の学生には殆ど知らされておらず、ほとんどゲリラ的なノリで決行されるとの事。正直期待よりも不安の方が大きい気がする…。


続きを読む
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ