ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

KWA

2011年11月22日 KWA 慶應義塾大学 三田キャンパス興行観戦記

慶應大学「三田祭」で行われたKWA(慶應義塾大学プロレス研究会)の学祭興行4連戦の3日目。
当初は11月20日のUWF明大生田興行を年内最後の学プロ観戦にするつもりでしたが、夜のユニオンに行く前に近所で所要があったのでそのついでに寄ってみる事に。ちなみに先日行われたキャンパスプロレスの上映会も開催されていたのでそちらも行くつもりだったのですが…結局会場が見つからず。無念。
CIMG7132CIMG7130
会場は去年と同様、塾監局前の駐車場スペース。リングも相変わらずジャパン女子のマットを使った古めかしいもので、平行になっていないのかロープワークするたびにガタガタ揺れる有様。ロープもちょっと緩めだったけど、そこは最終調整をなぜか伊藤こーへーさんが担当し、ばっちり仕上げていく。
観衆は平日開催ながらも4、50人くらいはいたんじゃないかなと。

続きを読む

2010年11月20日 KWA 第五十回三田祭興行 一日目 慶應大学三田キャンパス観戦記

KWA(慶應義塾大学プロレス研究会)の三田祭興行四連戦の初日。どうやら毎年行われているようなのですが、正直な話今年の学プロサミットまでKWAと言う存在を知りませんでした。と言うことで今回が初観戦。

例年通りなのかはわかりませんが、今年は四日間それぞれにNUWA、SWS、HWWA、UWF(OB一人だけだが)、nkwと関東の主要学プロ団体+αが参戦。なんというか学プロサミットなみの豪華なラインナップになることに。

DSCF7279








会場は通路傍の特設リング。マットの横からはみ出るクッションや鉄柱などはかなり古めで、バランスが悪いのか軽くロープワークするだけでリングが右に左に浮くという代物。ちなみにマットはジャパン女子(JWPの前身)のものを使用!あるところにはあるんですね…。
通路傍の会場と言うことでかなり流動的ではありましたが、それでも観衆は少なくとも100人くらい集まっていたかと。

全部で12試合あったので内容はざっくりとしたものにさせていただきます。

続きを読む

2010年8月9日 KWA「チャリティ学生プロレス IN OHDOMARI」埼玉県越谷市慈眼寺観戦記

埼玉県越谷市の慈眼寺で行われたKWA(慶應義塾大学プロレス研究会)主催のチャリティープロレスの観戦記。KWAと言っても「関西大学プロレス連合」の方ではありません。

興行の目的は「親のいない里子達の育児施設に当てるチャリティー募金」で、今回は地元の盆踊りとコラボして行われる事に。なお集められた募金は安国寺住職が、責任を持って長野県善光寺の運営する乳児院に寄付するとのこと。
チェリティープロレスとあってかKWA、NUWA、SWS、UWFと様々な団体の学プロ選手が参戦するという、非常に豪華な興行だったりします。

DSCF6209








会場は越谷市のせんげん台駅から徒歩20分の浄土宗慈眼寺の広場。自然に溢れ、やけに蝉が飛び交う会場に一回り小さ目のリングと櫓が並ぶ形。当日は大雨も予想されてましたが、興行中何度か小雨が降るものの最後までどうにか持ちこたえました。観衆は100人いるかいないか。当然客層は9割が地元客。

なおこのチャリティープロレスの発起人である雫あきはこの慈眼寺の傍にある浄土宗安国寺の住職の娘との事。ちなみに安国寺はかつて全日本プロレスの河野真幸選手が精神修行した場所でもあります。


慈眼寺内でなぜか参戦予定のない某選手がお経を読んでいたりと色々ハプニングがあったらしく、予定時間から大幅に遅れ18:25から興行は開始。これは学プロと言うよりも、なんだかどインディっぽい。近隣にはケルベロス道場(大袋)、インディーズアリーナ(春日部)、バトルスフィア(越谷)なんてのもある(あった)んで、もしかしたら地域性なのかもしれませんが。
あと司会者の興行開始の合図が「プロレスのご一行様宜しくお願いします」と言うのも斬新。


※先に謝っておきますが、会場にはちょうちんやテントの明かり以外の照明機材が全くなかった為に、残念ながら時間が経つに連れてまともな写真はどんどんなくなって行きます。これがうちのデジカメの限界です…。万が一期待していた方がいたらごめんなさい。

続きを読む
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ