ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

COWPER&nypw

2014年02月16日 COWPER9 レッスル武道館観戦記

IMG_3187
00年代の学プロOBを中心とする自主興行“ドタバタハートフルコメディ”COWPERの新年一発目の興行。前日の大雪の影響からか観衆は50名くらいに留まることに。
写真は恐らくCOWPER初だと思われる対戦カード表。

※ちなみに11月末から1月に掛けての観戦記は合間合間で書いていくことにします。

続きを読む

2014年02月16日 WWPey「WWPey Live in Japan 2014」WARABI Wrestle Arena観戦記

IMG_3188IMG_3189
去年11月に続いて開催されることとなったアメリカ最高峰のアマチュアスポーツエンターテイメント団体“WWPey
今回もCOWPERの前枠で開催され、諸般の事情(この日は大雪の影響)により多数のスーパースターが“来日”出来ず、結果ワンマッチ興行として行われることに。観衆は40名くらい。

ちなみに今回も無料でサインボードを配布していたんですが、ざっと見る限り結構な割り合いでこの日参戦しないジョン・ツナ絡みのものだったような。

続きを読む

2013年11月17日 COWPER7 レッスル武道館観戦記

“WWPey Live in Japan”の後に行われたエロワード・ネゲロ主催の学プロOBによる自主興行“COWPER”。前説の話によると今回でほぼ一周年なんだとか。
興行戦争真っ只中での開催であり、更にはこれまでと違って2つのカードとその他の参戦選手しか発表されていなかったものの、それでもCOWPERブランドへの期待感と信頼感からか80名近い観客が集まることに。

なおWWPey同様、COWPERも京浜東北線の不発弾処理作業の影響により30分遅れで興行スタート。

※2014年01月24日作成

続きを読む

2013年11月17日 WWPey「WWPey Live in Japan」WARABI Wrestle Arena観戦記

8月の新木場大会をもって解散となった永田乳児率いる“ニュージヤパンプロレス”に変わり、COWPERと同日前枠で行われることとなったアメリカ最高峰のアマチュアスポーツエンターテイメント団体“WWPey”

発表当初は30人以上のスーパースターが来日&参戦する予定だったが、日本時間と本国西海岸時間を勘違いしていたとのことで興行時間を30分しか確保出来ず、それにより残念ながらワンマッチ興行として開催されることに。
更に京浜東北線の不発弾処理作業に伴う運休を考慮して開始時間を30分遅らせることとなったが、その甲斐あってか最終的には60名近いユニバースが集まることに。
IMG_2819IMG_2818
会場となったのは“WARABI Wrestle Arena”
WWPey仕様のマイクを用意したり、ボードを無料配布したり、入場ゲートに日本語で書かれた装飾を施したり、リングサイド…ではなくリング内にスペイン語実況席を用意したりといたる所にWWPeyならではのアレンジがされていました。

※既に2ヶ月以上前の興行であり、且つ公式HPに詳細なレポートが掲載されていて、もっと言えば自分元ネタがさっぱりわからないんですが、まぁとりあえずいつも通り書いてみることに。

2014年01月24日作成

続きを読む

2013年08月10日 COWPER.6 新木場1stRING観戦記

IMG_7098
奇しくも永田乳児率いる“ニュージヤパンプロレスリング”と同日に新木場初進出となったエロワード・ネゲロ主催の学プロOBによる自主興行“COWPER”

観衆はニュージヤパンの途中から来場した人を含めて100人近く。入場料金任意後払い制(ニュージヤパンの観戦込み)であり、裏にG1や花火大会、サマソニがあったにも関わらずかなりの入りに。
もちろん関係者率も高めでしたが、興行開始前のアンケートによると初観戦の方もちらほらいた模様。前説の軍団ひとり「間違ってます、間違ってます!」

続きを読む

2013年08月10日 ニュージヤパンプロレスリング「Pey 1 CLIMAX.23〜優勝決定戦〜」新木場1stRING観戦記

IMG_7006IMG_7007
奇しくもCOWPERと同時に新木場進出を果たすこととなった永田乳児率いる“ニュージ・ヤパンプロレスリング”
今回は7月20日から全国各地でひっそりと開催されていた真夏の祭典“Pey 1 CLIMAX.23”の優勝決定戦がメインイベントに。

ちなみにAブロックは永田乳児(最下位)以外の全選手がそれぞれ何らかの理由により出場辞退してしまい、残った永田が優勝決定戦へ進出。
一方のBブロックは永邑&ペィヴィットが同点トップ(直接対決も引き分け)となったものの「興行時間が短い」「面倒くさい」を理由に2人とも優勝決定戦へ進出。
更に3人がそれぞれベルトを保持していた為に3本のベルトも賭けられることになり、最終的には優勝決定戦&トリプルタイトル3WAYマッチとして行われることに…あーややこしい(笑)

観衆は70〜80名くらい。入場料金任意後払い制(COWPERの観戦込み)にも関わらず結構な入り。中にはニュージヤパン目当てに来た人もいたんだとか。前説の軍団ひとり「なにか間違ってるような気がします」

どっかで見覚えのあるような特製のポスター、サイン入り特製ポートレートの無料配布、色画用紙で作られた「魂込めてニュージヤパンプロレス」などなど、初の新木場大会とあってか試合以外にも無駄な方向に力が入ってた模様。

続きを読む

2013年07月07日 COWPER.5 レッスル武道館観戦記

エロワード・ネゲロ主催の学プロOBによる自主興行“COWPER”
今回はこれまで使ってきた都内某所の某会場ではなく、埼玉県蕨市にあるレッスル武道館(アイスリボン道場)で開催。これでようやく写真が貼れる(笑)

ネゲロこと冨永が参戦しているガンプロで言うところの“地方興行"とあって、観衆は40〜50名くらいといつもに比べてやや少なめ。しかし選りすぐりの面々によるトーナメントが開催されるとあって、中には久しく見ていなかった学プロ関係者の姿もチラホラ。皆さんお元気そうでなにより。

続きを読む

2013年05月19日 COWPER.4観戦記(通常版)

ニュージヤパンに続いて行われたエロワード・ネゲロ主催の学プロOBによる自主興行“COWPER”

会場は大人の事情で名前が明かすことが出来ないと言う都内某所。写真の掲載はパスワードつきならOKと言うことなのでテキストのみの通常版と写真ありの限定版の2つを用意しました。…って、こんなことしててもそのうちお上にバレると思うんだけどなぁ。

観衆は50〜60名くらい。普段よりちょっと少なめ。

前枠で行われていたニュージヤパンがCOWPERの興行開始時間である13時ちょうどに終わったので10分押してからスタート。

続きを読む

2013年05月19日 COWPER.4観戦記(限定版その2)

COWPER.4の観戦記、限定版その2。

パスに関しては限定版その1に書いてある通り。

続きを読む

2013年05月19日 COWPER.4観戦記(限定版その1)

COWPER.4の観戦記、限定版その1。

ちなみにパスワードは当日団体側から指定されたもので設定しているんですが(ニュージヤパンと同じ)どうやらヒントすら書いちゃいけないそうなので、もしこの写真つき観戦記を見たいと言う方がいらっしゃればメールやDM、mixiのメッセージなど何らかの形で連絡いただければ対応させていただきます。

なおパスと同時に求められる“ニックネーム”とは閲覧者の方のお名前のことなので任意で構いません。


続きを読む
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ