ぐりふぉんの一番長い一日

ただの鬱的ブログだったのが、今ではご覧のありさまです

葛西純

2015年04月15日 DDT「伊豆ぐらんぱる公園路上プロレス」観戦記

a
今年2月15日の「さいたまスーパーDDT2015」内にて行われた“スーパーTLC4WAYタッグマッチ”の勝者チームに送られた豪華景品「新たな路上プロレスへの参戦権」こと静岡県伊豆ぐらんぱる公園での路上プロレス。

参戦選手として勝者チームの高木三四郎&葛西純だけでなく飯伏幸太や路上プロレス初参戦の赤井沙希が参戦とあってかド平日の伊豆というかなり高いハードルにも関わらず大勢の観客が集まることに。観衆は公式発表で500人とあったが、これはその日一日の来場者数のことかな?確かに大勢いたけどざっと見た感じ200人超といったところで500人まではいなかったように思うのだが。ちなみにプロレス以外の目的で来場し、ついでに観戦していった方もちらほらいた模様。

この日は数日前から高確率での雨が予想されていたが、開始一時間前にはポツポツ降っていた小雨も止み、見事晴天となることに。晴れ男三四郎の本領発揮といったところか。

※既にtogetterであったり公式HPであったり他の方の観戦記であったりに詳細がまとめられているんですがとりあえず私的メモ用として久々にまとめて見ました。


続きを読む

2011年07月02日 DDT「路上チャリティシリーズ第二弾 資材置き場プロレス」株式会社日高建材 観戦記

DDTの路上プロレスチャリティ興行シリーズの第二弾。今回の戦場は「東京ドーム5個分の敷地」を誇る茨城県石岡市にある株式会社日高建材。プロデューサーはかつて廃墟プロレスをプロモートした吉田充宏。
今回は前回の工場プロレスとは違い料金無料。その代わりに東日本大震災の義援金として観客から任意で募金を募ると言う形。

会場は前述の通り茨城県石岡市高浜の日高建材。駅から徒歩2分の位置にある便利な場所…なんですが、そもそも都内から高浜までがとにかく遠い。ちなみに池袋からだと早くても1時間30分。筆者の自宅からだとおおよそ3時間。
そんな遠方の地であるのにも関わらず、観衆は公式発表で300人。やたらと女性率が高かったり、地元の少年野球チームが来てたり、Twitterで宣言している人がいたけど本当にパグ犬を連れてくる客がいたり…とまぁ客層は様々。ちなみに地元の人によると某方舟の石岡大会よりも客が入っているらしい。

戦場となる資材置き場は確かに無駄にだだっ広い。中心となる広場の周りには廃バス、ドロドロとした水溜りに山や川とありとあらゆるものがある絶好のロケーション。また天気予報では雨だったものの、開場前に少し降っただけで、興行中はうす曇のままで持ちこたえる事に。今回も自称晴れ男高木三四郎の本領発揮と言ったところか。


※なお今回はデジカメの不具合により入場シーンまでの画像が消失してしまった為、そこまでは文章のみとなります。あしからず。

また前回の工場プロレス同様、今回も人数が多いのでモザイク無しで掲載させて頂く事にしました。モザイクを必要とさせる方がいたら「直接」ご連絡下さいますようお願い致します。

続きを読む

2011年03月21日 大日本プロレス「デスマッチシングルリーグ戦「一騎当千」公式リーグ戦」後楽園ホール観戦記

DSCF2256

「日本は絶対に負けない!」

3月11日の東日本大震災により天井部分に歪みが生じ、補修点検の為に興行やイベントの開催を見送っていた後楽園ホールがこの日から興行を解禁。昼のアイスリボンに続いて、夜の部では大日本プロレスが興行を開催。
震災後とあり客足が遠のくかと思われましたが、結果的にはほぼ満員と言う形に。公式発表では1246人の超満員。
DSCF1182DSCF1184
興行中は節電仕様の照明と言う事でしたが、入場用の演出、場外乱闘の際の照明がない以外はほぼそのままと言った感じ。特にそこまで違和感はなし。
売店では募金活動及び救援物資の受付が行われ、また興行開始前には避難に関する場内アナウンスで流れ続ける。そしてリング中央には「頑張ろう日本〜今こそ皆で力を合わせる時〜」の文字が。こういうところが何とも大日本らしい。

続きを読む
記事検索
連絡はこちらにお願い致します。

sejtype_j9@hotmail.com
livedoor プロフィール

ぐりふぉん

  • ライブドアブログ