2007年03月05日

パフューム

今日は映画「パフューム  〜ある人殺しの物語」を観ました。 18世紀のパリで並外れた嗅覚を持つ孤児の主人公が天才調合師となり 究極の匂いの抽出を執拗に追及していく・・・というストーリー。 映像が とてもリアルな印象を受けました(結構グロいシーンも多くて) 音楽もオーケストラで迫力がありました。 内容も 淡々としていて 予想外の展開も面白く 私は結構好きでした。 こないだ観たマリーアントワネットより かなりよかったなぁ。。。

関係ないけど 昨日まであんなに春うららだった陽気は何処にいってしまったんだろう。。。今日はどんより また寒さがもどってきましたね。。。



grisegrise at 16:15│Comments(1)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

3月3日に公開される映画『パフューム ある人殺しの物語』は、その映像を見たマスコミ関係者や業界の人々の間で「とても口に出して言えない衝撃の映像」と話題にのぼっていたシーンがある。それは、映画のクライマックスに映し出される約750人の全裸のラブシーンだ。 このシー...

この記事へのコメント

1. Posted by やまばば   2007年03月05日 17:11
最近「香り」に興味を持ちだした、うちの次男坊の子泣きじじい(高1)がこの作品見たがってるよー。
グロい部分見るのも、なかなかの経験かもね☆
ホントに今日は寒いねー((+_+))

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔