お菓子のDiary

お菓子教室の舞台裏

ディフューザー

ドットール・ヴラニエスというイタリアのブランドの
ディフューザーの中で、
最高級コレクションのロッソ・ノービレという香りがあります。

0403101202



















赤ワインをモチーフにした香りなのです。


フレッシュで甘い、それはそれは良い香りで、
ときどき雑貨屋さんやお洋服のショップで出会うと、
すぐにわかります。

しかし本当にお高くて、一番小さな250mlでも13,000円ほどします。

とても手が出ませんが、昨日NEWoMANでこれとよく似た香りに出会いました。


ラボラトリオ・オルファティーボというイタリアのブランドです。
(私も初めて聞きました)
http://www.biotope-inc-store.com/shopbrand/laboratorio-olfattivo


こちらで出している赤ワインの香りのディフューザーが
ドットールヴラニエスと似ている感じがしました。

ディフューザーだけでなく、ルームスプレーもあったので、
生徒さんの皆さまと香りを共有できますし、
買ってみました

IMG_7412






















ラッピングもとてもお洒落

IMG_7406























でもでも、移転中のグリペールの玄関で使ってみたら、
結構微妙かも・・・という感想

甘くて強烈な、グレープジュースの香り。。。かも


 皆さまがいらっしゃる10分前くらいに、
シュッシュとしておきますので、
どうぞグレープジュースを感じてみてください

オフの日

今 高速バスの中なのですが、
移動の3時間にやりたいことがあって、
昨日から楽しみにしていました。

1 眠りたい!
睡眠不足を解消したい。

2 ネットサーフィン
普段は時間が無いので、まとめてチェックしたい。

3 読書
good チャンス!
共に読みかけの2冊を持ってきました。

image



まだネットサーフィンしか出来ていないのに、もう2時間経過。

時間 全然足りません…

プチ エヴィアン

続き

カフェラテは、気付けば空っぽ!
足りないし(笑)

自販機で追加。


image


プチ エヴィアンがあった

バッグの中に良いサイズ

image

カフェラテ

移動のお供に買ってみました。

image


私には チョット甘すぎですが、後味スッキリで結構美味しい

お教室でいつも利用している タカナシさんの商品です。(スーパーマーケットで購入)

ストローを差し込むのも、チョット可愛いし


砂糖半分の微糖タイプ、作ってほしいわ〜。

かぼす

いつも行くスーパーマーケットで売っていました。
↓ ↓

IMG_6300


















かぼすです。

こんなにたくさんネットに入って売られているのは珍しいですし、
とても新鮮そうで、買わずにはいられませんでした


秋メニューのお料理に、ふんだんに使って楽しめそうです

パティスリーで

松本市内のパティスリー探訪。

芳川公園の近くにできた
ニューモラスさんへ、初めて行ってきました。


大人っぽいケーキがたくさん並んでいました。

まず目に留まったのは、
モヒート
ピニャコラーダ
カーディナル

という名の、ヴェリーヌ(グラスデザート)3種類。


カクテルをイメージしたヴェリーヌですね。

IMG_6277





















私はモヒートをチョイス。


IMG_6280






















こちらは、トンカで香りをつけたチョコレートケーキ。

(お店のロゴ、好きです!)


松本では珍しい、オトナ仕様のケーキも並ぶパティスリーでした


化石が出ました!

連日、ガトーフォシルから<化石>が出ています


昨日は<かたつむり>の化石を発見

IMG_6243



















わかるかしら?
アップにしてみます。

09かたつむり



















これです!


そして今日は2匹の魚の化石を発見


と喜んでいたのに、私だけ写真を撮り忘れましたーーー
皆さんには、「さぁ、撮って、撮って」と勧めていたのに。


ションボリ

組み立てる前のパーツの状態は、写っていました。

IMG_6237



















2匹の魚がいますよ。  ↑  ↑
探してください

(この日はココアがバローナのものだったので、色が黒に近いです。)

パーツ全体はこんな感じ。
これらを組み立てます。

IMG_6236


















毎日楽しいフォシルのレッスン。。。 まだ空席がございます

9月25日(月)10時〜13時 2名様
料金: 3,700円


お申込み: Eメール fujimori09@yahoo.co.jp


中はカラメルのムース  とろけるような味わいです。

オリジナリティー溢れるユニークなケーキです。
ご都合がつく方、ぜひお待ちしております

IMG_6390













引きで見ると、宇宙人の化石??

キーツマンゴー

今日のレッスンは、オープニングからとても盛り上がりました

というのも、今日はくじ引きの<大当たり>みたいな日だったから。


実は先日、生徒さんから宮古島産の立派なキーツマンゴーをいただきました。
キーツマンゴーは追熟型といって、収穫時はまだ固く、
追熟を待って食べごろがやってきます。



私は毎日毎日キーツマンゴーを観察し、熟したところでその日の生徒さんと
一緒に
いただこうと、楽しみに待っていました。

どのグループが大当たりを引き当てるかしら?と思っていましたが、
10日めの今日、その日がやってきましたーーー
おめでとうございます



私もとても上手に追熟させまして(笑)
それはそれは、美味しかったーー

IMG_6234






















すごく甘くて、香り高くて、それだけで完成されて、
香りの華やかさは、マンゴー以外のトロピカルフルーツの香りも混ざっているみたい

とても美味しくいただき、とても盛り上がりました
ご馳走様でした



キーツマンゴーとは、まず特徴としては緑色。そしてサイズが特大。

収穫時期が8月中旬から9月上旬までと短く
生産農家も少ないため「幻のマンゴー」と呼ばれるそう。

そして収穫後追熟させなくてはいけないので、
食べ方も難しい。

IMG_6198





















これくらいの緑色。 このときは固かったです。
アップルマンゴーより大きいです。

20℃以上の場所で追熟させます。

IMG_6227




















食べごろ  ↑ ↑

緑色から少し黄緑色が透けてみえるようになり、
全体に柔らかくなり、香りが立つようになります。

触ると柔らかくなりました。

今回は10日かかりました。
(気温が20℃以下の日もあったので)



おかげで、美味しく楽しい初体験をさせていただきました

ワクワクがたくさん

サウステキサス在住のYUKOさんから、
小包が届きました

空けてみると、ワクワクする品々が満載


YUKOさんのセンスの良さ、受け取る相手に合わせた
セレクト力に感じ入りました


目の保養にもなる、美しいcookbook2冊

IMG_6171



















なんと手前はサラベスの朝ごはんの本です

朝ごはんの格上げを目論んでいる私にとっては、
まさにタイムリー。

休日のブランチは、この本からセレクトしたい〜



もうずーっと前にNYCでサラベス・キッチンに行ったとき、
パンケーキも美味しかったですが、テイクアウトしたクッキーや
焼き菓子も美味しくて感激しました。

なので、どのレシピもきっとハズレがないと思います。


当時「こんな朝ごはん屋さんが日本にもあったら・・・」と思いましたが、
数年前に日本も朝食ブームがやってきて、
パンケーキを食べられるお店が激増しましたね。

サラベスは、新宿も代官山も入ってみましたが、当時NYで感じたほどの感激は
なかったかな・・・。

cookbookを利用して、休日<お家カフェ>ごっこをしたいと思います


写真の後ろの本も、素晴らしいレシピが満載。
どれも作りたくなるような焼き菓子ばかりです。

アメリカもヨーロッパも、日本の倍以上のお家スイーツの需要があるため、
homemadeスイーツのレシピも充実しています。
素材使いも日本よりずっと自由で、ワクワクします。

マフィンひとつ取っても、粉も何種類もある中からのセレクトですし、
ナッツ類も、例えばヘーゼルナッツやオートミールなども
生活に根付いているので、あちらこちらで使われ、セレクトできる素材が多いと
組み合わせ方は倍増になって、マフィンのフレーバーも永遠に増えていくという
ことだと思います。

なので、アメリカのレシピは楽しいです

味も、「選べば美味しい」と思います。
選べば・・・ね。

試食のお部屋に置いておきますので、レッスンの際にご覧くださいね



そして、
私が気に入っていたレモン・エクストラクト。 ↓
アイシングクッキーにも良いですし、
焼き菓子のグラスアローにも、とても美味しいです。

IMG_6173



















なんと、他のフレーバーも

IMG_6174



















♦コーヒー(これは使いやすそう。便利!
フランス菓子でもコーヒーのエクストラクトはよく使われます。)

♦スターアニス (私はチョコレートと合わせるのが大好き)

♦オレンジ(便利です!)

お菓子作りが楽しくなります


そして英語学習用にペーパーバックをお願いしてあったのですが、
こちらもナイス・セレクト

IMG_6169





















ナンタケットのビーチに毎年避暑に来る裕福な家の娘と
地元で洋服の仕立てをして生計を立てている家の娘が出会い、
まるで姉妹のような大親友になる。
毎年キラキラ光り輝くような夏を共に過ごしていた。

そこにハンサムで魅力的でものすごくセクシーな、
ウォールストリートのカリスマ・トレーダーの青年が現れる。

えーー、どうなっちゃうのー?という感じで、
ページをめくる手も早くなりそうです。

教材として最適

2人の人生はひっくり返り、友情も崩壊し、苦渋の選択、
隠し続けなければならない秘密・・・

そして彼女たちは、
While true love may be rare, they find that friendship is even rarer 
 - and more valuable still.

と、知るのです。。。
うーーん、どうなるのでしょうねーー。


そしてYUKOさんからは、ラッピング用の素敵なタグや
ハロウィングッズなども。。。



これからの秋冬に向かって、使ったり、作ったり、読み進めたりする
ワクワク満載な小包に、とってもHAPPYな気持ちになりました

12月のご案内

早々と、クリスマスケーキのご案内です。


今年は「赤いブッシュ ド ノエルにしたいな」と思いながら、
真夏に試作を始め、ようやく味も完成し、先日写真撮りまでたどり着きました。


まず、ミルクチョコレートのムースをビュッシュ型に固めます。
なめらかで美味しいムースです

IMG_6184



















さあ、今年の狙い処、赤いグラサージュです。

IMG_6186



















うんうん、イメージ通り
キレイにかかります。


一度は、某人気サイトさんのグラサージュも試してみましたが、
手軽さは良かったのですが、時間とともに変色してしまいました。

やはりキチンとしたレシピをお勧めしたいです。



カットすると・・

12クリスマス2






















クーリーも綺麗に現れます。
マスカルポーネとパッションフルーツにしました。


残念なのは、写真の背景。
さすがにまだクリスマスツリーリースといったクリスマスらしい小物の
用意がありませんし、ケーキのオーナメントも準備が出来ていません。


味とフォルムはOKなので、トップにキチンとデコレーションを施し
モミの木をバッグに、いずれまた写真を撮りなおしたいと思います
もっと盛っていきたいと思いますー


もう1品は、クリスマスマーケットをイメージして、
何か考えたいと思います。


お日にちのご案内です。

12月2日(土)13時〜16時 満席
12月3日(日)13時〜16時 満席
12月4日(月)10時〜13時 あと1名様
12月5日(火)10時〜13時 満席
12月7日(木)10時〜13時 満席
12月9日(土)13時〜16時 満席
12月10日(日)13時〜16時 満席
12月11日(月)10時〜13時 満席
12月13日(水)10時〜13時 あと1名様
12月14日(木)10時〜13時 満席
12月15日(金)10時〜13時 あと1名様
12月16日(土)13時〜16時 調整中
12月17日(日)13時〜16時 調整中
12月18日(月)10時〜13時 あと1名様
12月19日(火)10時〜13時 満席
12月21日(木)10時〜13時 あと1名様
12月23日(土)13時〜16時 満席

♦変更があった場合、随時更新いたします。
♦ご登録メンバーの方のお席は確保してありますので、
ご連絡いただかなくても大丈夫です。


料金: 3,800円

お申し込み: Eメール fujimori09@yahoo.co.jp


かなりプロフェッショナルな見た目ですが、とても作りやすいです。
美味しい、簡単、簡単そうに見えない、その辺りのポイントを念頭に
レシピを考えましたので


今年のクリスマスはぜひ手作りという初めての方も
歓迎いたします。


真っ赤なブッシュドノエルで、クリスマスのテーブルに賑わいを添えましょう

獺祭

昨夜は親戚の家の秋祭りに伺ってきました。

ケーキをクーラーボックスに入れて、車を運転して行ったのですが、
宴の席には、あの「獺祭(だっさい)」が


「あの、代行で帰っても良いですか?」と、思わず言ってしまいました。

IMG_6220



















(自分の記録用に撮った写真ですが・・・)


一番左の日本酒が、山口県旭酒造の「獺祭」

阿部首相がオバマ元大統領に贈ったことで人気に火が付き、
プレミア価格がついたりもした人気の日本酒。


私はお酒に弱くて量は飲めないのですが、テイスティングが大好き
ぜひ「獺祭」のテイスティングをしたいと思ったのですが、
飲んでみての感想は、「代行にしてよかった。。。」(笑)


とてもフルーティーで、キレがとびきり良い。
どこまでもクリアでまったく雑味がなく、素晴らしく上品。
日本酒ではないみたい

弱いはずなのに、たくさん飲めました。


帰宅後調べたところによると、獺祭にも種類が多数あり、
精米歩合も50%、39%、23%のランクがあるとのこと。

50%精米すると「大吟醸」と呼べるそうなのですが、
昨夜のものは23%。
磨きに磨いて、77%をロスとして23%だけ残して作った酒、ということのようです。

贅沢大吟醸といったランクでしょうか。
飲まなかったら後悔したと思います。 (笑)



テイスティング好きと言えば、先日は友人に付き合ってもらって、
青山のスパイラルの5階にある櫻井焙茶研究所に行ってきました。
http://www.sakurai-tea.jp/

(茶葉が写っています ↓)
IMG_6007





















煎茶だけでも7種類
説明をきいて、茶葉を選ぶことができます。

私は「華やかな」という説明があったお茶を選びましたが、
経験値が乏しいためよくわかりませんでした。

でも、足元に青山通りが見える静かな空間で、
友人に人生相談をしながら飲んだお茶は、
趣深い良い経験でした。

最後にはこれ。

IMG_6011





















新茶の茶葉です。
新茶の場合は食べられるそうです。

藻塩をかけていただきました。

IMG_6010






















趣味のテイスティング、やめられませ〜ん

ルバーブパイ

試作中だったルバーブパイが出来上がりました。

トップのクリームをどのようなタイプにするか迷っていましたが、
イタリアンメレンゲを採用

IMG_7375






















生クリームとは違う美しさが、魅力的です。

IMG_7384






















パッションフルーツピュレでイタメレを作り、
美味しさを引き出しました。

ルバーブ1






















ルバーブって美味しいですよね
すぐに煮えるので、下準備も簡単です。


またレッスンメニューに加えたいと思います。

フルーツ王国の信州ですので、
季節の美味しいフルーツを、お菓子作りにたくさん生かしたいですね





スイーツ・ラボ

NHK文化センター<スイーツ・ラボ>のレッスンでした。

8月のレッスン日がお盆期間中に当たってしまったため、
今日はその振替レッスン。
メニューがちょっと夏っぽい感じがしますが、
秋冬でも美味しいスイーツです。


ヴェリーヌ・フォシル

IMG_6212


















そしてホームメイド・アイスクリーム

08





















ラベンダーまたはブルーベリーのどちらかお好きな方をお選びいただきました。

グリペールでラベンダーアイスを習った方は、ただラベンダーを除いていただければ、
ブルーベリーアイスになりますので、ぜひそちらも作ってみてください


ラベンダーアイスクリームが華やかなお味なのに対し、
ブルーベリーアイスクリームは、家庭的なほっこり系な味わいです。

今日は、ほっこり系ブルーベリーも、なかなか評判が良いようでした


そして生徒さん同士の会話が、市販のラクトアイスは危険!という話に。
トランス脂肪酸や添加物がたくさん入っていて、牛乳はほとんど入っていないのです。


それに引き換え、ホームメイドアイスクリームは、
牛乳、生クリーム、砂糖、卵、ベリー類 以上 なのです

それなのに、とてもなめらか
なめらかさが1ヶ月続くという、なんだかマジカルな出来栄え


改めて、100%オールナチュラルな、
ホームメイド・スイーツの素晴らしさに気付いた時間でした。



で、ヴェリーヌ・フォシルに関しては、史上最悪なアクシデントがありました。
ここに記す勇気はないので、
また来月生徒さんにお会いしたら、お持ち帰り品の感想をお聞きしたいと思います。
ご迷惑をおかけしてしまって、本当に申し訳ありませんでした。

(見た目はナイスでしたが、ゼラチン量が、ね・・・


今月は、月末にもう1回スイーツ・ラボの講座があります。
またお待ちしております






撮ってみました

レッスン中の写真

皆さん、出来上がったケーキの写真を撮っていらっしゃいます。

IMG_6200















私も一緒に、スマホで撮ってみました。

IMG_6203




















今月は、
いただいたばかりの素敵な洋書をテーブルに並べて、
生徒さんにもご覧いただいているのですが、

とても雰囲気が良いので、撮影小物にもなっています
(Yさん、ケーキを乗せさせていただきました。
ごめんなさーい。普段はこういう使い方はしていません



明日はNHK文化センター<スイーツ・ラボ>の講座の日。
今夜は準備をしていたら、ずいぶんと遅くなってしまいました

オペラ

(早くも)11月のレッスンのご案内です。

11月はオペラ・フェス
秋から冬に向かうこの時期、濃厚かつ華やかなスイーツで、
日々の暮らしを彩りましょう


と書いてみても、夏が終わったばかりですから、
あまりピンと来ませんね

10月の終わり頃に、また同じフレーズを繰り返そうと思います(笑)


オペラ・フェス・・・フェス??
そうです、毎日オペラを楽しむフェスティバル。

オペラ・ピスターシュ(ピスタチオのオペラ)と、
オペラ・ノワゼット(ヘーゼルナッツ)のオペラを、
日替わりで作ります

そして、ご試食は両方


オペラ・ピスターシュ

11オペラ





















多くの方が憧れるオペラですので、
出来る限り、作り方を簡単にしました

ぜひ、挑戦していただきたいです


美しい、トップのチョコレート  ↓

IMG_4035






















本日早くも、8kgのパータグラッセをオーダーしました。


オペラ・ノワゼット
ヘーゼルナッツのお味です。

11オペラ3






















レッスン日のご案内です。

11月
7日(火) 満席
9日(木) 満席
11日(土)満席
12日(日)満席
13日(月)満席
16日(木)満席
17日(金)満席
18日(土)満席
19日(日)満席
20日(月)満席
21日(火)満席
23日(木)満席
25日(土)満席
27日(月)満席
28日(火)満席


変更があった場合、随時更新していきます。

お時間は、平日10時〜13時、土日13時〜16時です。

レッスン代金: 4,000円

お申し込み: 
Eメール fujimori09@yahoo.co.jp

オペラ・レッスンを楽しみにしてくださっている生徒さんは多いので、
11月が私も楽しみです。


今日はクリスマスケーキの撮影をしましたので、
近々ご案内をいたしますね

初日

レッスン初日。

今日はベテランさんたちでしたので、
ガトー・フォシル

簡単ですね〜」と仰っていただきました。


ほっ

09フォシル調整























手がかかってるように見えるけれど、
簡単ですよね
」と。

09フォシル1調整























出来る限り、ラクして見栄えのよいケーキにしたくて、
いろいろ工夫したので、

今日の生徒さんのお言葉に、素直に
「よかったー」と思いました。


ということで、皆さまどうぞお楽しみになさってくださいね



グランフィナンシェMISO の方は、あーまたやってしまいました、
大きな失敗を
ハチミツを入れ忘れるという大失態。 
初日の皆さま、本当にゴメンナサイ。。。


これからまた1ヶ月、楽しくレッスンをしていきたいと思います

グレーテルのかまど

明日から9月のレッスンが始まるので、
今日は準備に大忙し

試食分を作ったり、差し替えを作ったり、
道具、材料、すべてを一新させる作業に追われます。


明日から作るのは、カラメルのケーキ、
ガトー・フォシル


1




















このような生地を使用して組み立てます。
とても作りやすい配合で、しっとりふわふわに焼きあがります

スライスすると、毎回模様が異なっていて、いつもワクワクします。



なんだか恐竜の卵を想像し、すっかり私の中では、
ジュラシック・ワールドとリンクしたケーキとなっています。


ユニークな作り方をお伝えできるかと思うと、
明日からのレッスンがとても楽しみです


さて、今日は試食分を作っていたのですが、
生地をスライスしたところで、

ま、まちがえたーー」事件。

IMG_61781




















1.3僂縫好薀ぅ垢垢襪箸海蹐髻■鵜僂縫好薀ぅ垢靴討靴泙い泙靴

それは、さほど気にしなくても大丈夫なコトなのですが、
レッスンの場合はそうはいきません。
正しいもので召し上がっていただかないと。

即作り直しました



さて、今夜放送の「グレーテルのかまど」は、ズコットだそうです
生徒さんが教えてくださいました

観まーす
22時から放送ですので、それまでにすべてを終えていたいと思います。

ズコットは、グリペールでレッスンをしたような中がクリームのものと、
中がアイスクリームのものの2種類があります。
番組の中でも、そんな説明があるかもしれません。

グレーテルのかまどは、お菓子作りがお好きな方には面白い、
とっても良い番組ですよね


放送に間に合えばと、急いでブログに書きました。

よろしければご覧くださいね




Ben's Cookies

昨年自由が丘にオープンした、イギリス発のクッキー屋さん、
ベンズ クッキーが、ギンザシックスにも入っていました。

IMG_6157



















世界1のクッキーと言われているとか・・・

いろいろなフレーバーがあり迷ってしまって、自分用は
ダークチョコ x ジンジャーを選んでしまい、
「またクセのあるものを選んじゃった(グリペールの参考にならない)」と思っていたら・・・

いやいやどうして、美味しい

IMG_6159



















ジンジャーがピリリと美味しく、でも香りが強すぎず
甘いだけのチョコレートクッキーよりも好きかも。

サイズはとても大きいです。
もう食べてしまって測れませんが、10センチくらいあるのでは。

そしてとても柔らかい。


これは研究のため、もう1回買いたいわ

ブルーボトル

ホテルの朝。

昨日友人が
「これ、お値段はイイけど美味しいから」と、買っておいてくれたもの。

image



美味しいわ〜

ホテルのお部屋で、美味しいアイスコーヒーが飲めた朝✨


先日ニュウマンのブルーボトルコーヒーで探した時は売っていなかったのですが、また販売期間を延長して売り出したとか…


ナイスな差し入れに、感謝です



プレイスマット

昨日 8月のレッスンを終え、今日明日2日間は東京です。

帰宅したら、9月のレッスンに合わせて、テーブルウエアを変えなくちゃ…と思いつつ、予定のある銀座へ。

少し時間があったので、銀座シックスをぶらぶら。(初)

ふとチルウィッチのプレイスマットが目に留まり、秋のコーディネート用に購入しました。
ガトーフォシルにも合いそうです。

image



定番柄ですし、リビングモチーフや伊勢丹でも買えますが、銀座シックスで、というのもまた記憶に残っていいかな。



銀座シックス内は休憩できる椅子が
随所にあって便利。
ブログを入力している、ココからの眺めです。

image




松本市民には馴染みのあるオブジェですね

10月のご案内

10月のレッスンのご案内です。


メニュー、1品目は。
りんご&さつまいものタルト


紅玉さつまいも1





















昨年の秋、試作が終了したところでブログにアップしたところ、
反響が大きかったスイーツです。

女子が好きな組み合わせ

りんごさつまいも3






















手作りのタルト生地は、とびきりサクサクで、
私も、定番ながら美味しいなぁと感じています。



2品目は、アソートクッキー

こちらは、今年の8月中試作を繰り返して、レシピを仕上げました

IMG_7261






















レッスンでは、スタンディングバッグに入れて、お持ち帰りしていただきます。

ちょっと差し入れしたいようなシチュエーションにオススメ
手土産にどうぞ


IMG_7009






















まるめて、まるめて
楽しく作りましょう

3色の種を作るのではなくて、1つの種を3種類に分けていきます。
効率的

10アソート3





















トッピングも、自由に楽しんでください

*写真では、3色作っていますが、レッスンでは
白黒の2種類でご紹介いたします。

IMG_7260






















10月は、初心者の方にもお勧めのメニュー。
もちろん、ベテランさんにも、美味しくて簡単なメニューは、
重宝していただけるはず
忙しいときには、特に便利

9月はガトーフォシル、11月はオペラを予定していますので、
そういった意味でも、
10月は少し手軽に作れるメニューにしました。


空席のご案内

10月11日(水)10時〜13時 1名様
10月29日(日)10時〜13時 1名様

料金: 3,700円

お申し込み: Eメール fujimori09@yahoo.co.jp



ご都合のつく方、ぜひお待ちしております

フォシルの姉妹品

9月のレッスンメニューの
ガトー・フォシルの姉妹品を作りました


その名も、ヴェリーヌ・フォシル(そのまんま)

ヴェリーヌとは、グラス仕立てのスイーツのことです。

09ヴェリーヌ4






















ガトーフォシルはケーキ仕立てですが、
こちらのヴェリーヌ・フォシルであれば、
いつでもお手軽に作ることができます


中のカラメルムースは、どちらにも共通

IMG_7205





















こちらがガトー・スタイル ↑


レッスンでは、ヴェリーヌのレシピもオマケとして差し上げますので、
ご活用くださいね

09ヴェリーヌ5























ただいま 以下のお日にちに空席がございます。

9月25日(月)10時〜13時
料金: 3,700円

グランフィナンシェ misoと合わせて、レッスンいたします。


お申し込み: Eメール fujimori09@yahoo.co.jp

単発での受講も可能です。
ぜひお待ちしております

その一歩はエベレストの山頂へ続く

昨年から、とあるNPO法人が主催する講座に参加させていただくようになり、
今年で2年目。

月に1回のこの日は、レッスンを午前中にさせていただき、
午後は会場がある安曇野市まで車を走らせます。

毎回驚きがあり、勉強させていただいています。


そして、(また)本気モードになり始めた英語学習。

IMG_6127





















スマホでNHKラジオの英語講座の数々をいつでも自由に聴けるようにしたため、
ほぼスピードラーニング状態。

キッチンで、レッスンの準備や片付けをしながら、そして車を運転しながらと、
いくらでも聴く時間があります。

自分のレベルにあう番組は2つだけなのですが、それだけでは時間が余るので、
7つも番組を登録して聴いています。(1つの番組が15分ほどと短いですので)


目標を設定し、「××できるようになろう!」というはっきりとしたゴールに向けて、
走り出した訳ですが、
やはり、無理なのではないか・・・という思いが頭をよぎります。

ときに押しつぶされそうなほど。

そんなとき番組の中で、エベレストの登頂に初めて成功した女性登山家
TABEI JYUNKOさんのことを取り上げていました。

10歳のときに初めて登山をし、頂上に着いたときの喜びは、
普段の生活では決して味わえないものだ、と実感したそう。
自分が頂上まで登る、その唯一の方法は、1歩1歩進むことだと、
そのときの体験を通して気付いたそう。

The only way  I can get to the top is by going step by step.
10歳の女の子が悟った訳です。

うーん、シンプルなことですが、今の私には響きました。


晩年、癌を患ってからも亡くなる3か月前まで登山を続け、
東日本大震災を経験した高校生と共に富士山の登山もしたそうです。

そして高校生に向かって言いました。
Even when things are difficult, just take things step by step,
and you will reach your goal.

諦めずに一歩一歩進むこと、そうすれば、
エベレストの山頂ほど彼方に思えるあなた自身の目標に、
いずれはきっと到着するでしょう、ということですねー。


このストリーミング、明日月曜日には次の週の放送に刷新し、
聴けなくなってしまうので、書き留めてみました

アシンメトリーのロングスカート

昨日行った、パルコのパンパパン・フェス。


で、お隣はTheoryです。

時間が無いのに、やはり試着

8e8afcaac4acc8c7ff82966981bd9263






















サファイア・ブルーのスカートに一目ぼれしました。

私が着用すると、裾がくるぶしまできます
でも重くならない、Theoryらしい美シルエット

店頭のものは少し大きかったので、ジャストサイズを探してもらうようお願いして帰宅。
いつ入荷するかと、すっごく楽しみにしていたのに、

日本全国でsold out してしまいました というご連絡がきました。


本当に気に入ったものは、賞着期限も長く5〜6年、いえこれは6〜7年は着用できるな
なんて考えていたから、ほーーんと残念。


本当に好きなものをセレクトして、長く大切にしたい。
そんなスタンスでいるのですが・・・

次の出会いを、また待ちます


昨日のルバーブパイ。
試作の結果、美味しいオリジナル・イタリアンメレンゲが出来ました。
パッションフルーツの香りがするイタメレです。
これに決定


ルバーブ・パイ

旬のルバーブを使って、
ルバーブ・パイを焼いてみました。

IMG_7330












フラン部分は美味しくイイ感じ


トップの飾りをどうしようかな?と・・・
久しぶりにイタリアンメレンゲで飾りました。

(今、夕食後に試作・・・)

IMG_7325






















イタリアンメレンゲって、彫刻みたいで美しい・・・

また生クリームと異なり、見た目が魅力的

IMG_7331














かと言って、食べてみると特別美味しいものではないのですよねぇ・・。
今回はトレハロースを使って甘味を抑え、
ローズペーストでほんのり香りを付けました。


普通に生クリーム&サワークリームなどで仕上げた方が
味は良いかも・・・とぶつぶつ独り言


カットしてタッパーに収め、また明日よく冷やして試食しましょう!っと、
カットしてみるも、カットした姿も可愛いわぁ と、また写真撮り。

IMG_7336






















たまにはレッスンでも、イタリアンメレンゲで仕上げたいですよね

(夕食後、苦も無くさっと出来ましたので、それほどハードルは高くないので、
ご安心を(^_-)-☆ )


以前、フランス、アルザスの都市ストラスブールで、
こんな感じのルバーブのタルトを食べ、美味しかったことを記憶しています。
そのイメージで、今夜仕上げてみたのですが・・。

(アメリカのMomが作るルバーブパイと、違うタイプです



イタリアンメレンゲにするか、生クリームタイプにするか、
また明日、考えます・・・。

パンパパン・フェス

松本パルコで開催中のパンパパン・フェス

このblogをご覧いただき、「行ってきました!」と
メールをくださった生徒さんもいらっしゃいました
ありがとうございます


実は、私も今回初めて行ってきました
毎回なんと県外の友人が知らせてくれて、情報の逆輸入だったのですが、
(SNSスゴイわ) 今回やっとチャンスを得ました。


賑わっていました
こだわりの小さなパン屋さんも多く、良かったですよ

私もビオランドさんにご挨拶して、いろいろ買わせていただき、
その後もいろいろ選んでいたら、あっという間にトレイいっぱい

IMG_6122



















(これは一部。 すでに食べてしまったので

山形村の<ビオランド>さんの他には、
以前生徒さんから美味しいと教えていただいた
白馬村の酵母パン<koubo-nikki> さんや、
梓川の<穂の香>さんや、
池田町の自然酵母<bunga>さんなども来ていました。


パンのエリアの逆側には、
High-Fiveさん(珈琲)
メープルシロップ専門店さん
シェ・モモさん(コンフィチュール)が並んでいて、
パンとのマリアージュも完璧

シェ・モモさんでは、レモンとウイスキーのコンフィチュールを試食させていただき、
とても美味しく、オススメだと思いました


酵母にこだわり、粉にこだわったパン屋さんも多く、
小規模ながら興味深いイベントだと思いました。


日曜日までです。

土日はかなり混みあうようですし、時間が遅いと売り切れてしまっているようですが、
気になる方はぜひ
(子供さんが喜ぶような柔らかいパンは、ほぼナシです・・)

松下商店・洋菓子講習会

9月の松下商店さんでの講習会のご案内です。


9月13日(水)10時〜12時

・ガトー・フォシル
・グラン・フィナンシェ・miso


(自宅のレッスンと同メニューです)

ガトー・フォシルは、そのルックスがとてもユニーク。

IMG_6422














このように生地をセットして、
そこへカラメルのムースを流し込みます。  ↓

IMG_6330





















組み立てている時も楽しくて、
「化石みたい・・・」と思ったところから、
ガトー・フォシル  (フォシル(仏語)=化石)と名付けました(笑)

8月の始め頃にTVで観た、ジュラシック・ワールドが、
すごーーく面白かった!ことにも起因しているだろうな。


09フォシル1調整





















IMG_7205






















化石生地とカラメルムースの、舌触りの良さも特徴です



もう1品のグランフィナンシェ・miso

グランフィナンシェmiso





















バターの香りと味噌が意外にも、見事にマッチし、
万人に愛される焼き菓子となりました

お勧めです


お申し込み:お問い合わせ
松下商店 tel 0263 - 33 - 3145



♦自宅教室の空席情報

上記と同メニューです。

9月25日(月)10時〜13時 2名様
料金: 3,700円
(初めての方、単発の方も大丈夫です

お申し込み: Eメール:fujimori09@yahoo.co.jp

お待ちしております

ビオランドさん

山形村で、とても素敵なドイツパンを作っていらっしゃる方と出会いました。

ビオランド さん
https://bio-land-naturalpanda.jimdo.com/

ビオランドさんのHPより

「ほんとうに、美味しいなぁと思えるモノ、、、身体に染み入るモノ、、、
それを大地に優しく、身体にも安全なものでつくれたらなぁと、
それだけを日々想いながら工房に立っています。

 

 自然と身体に優しい食べ物が、手軽に買い物できる場所にあれば、
世の中の食卓がよりヘルシーに彩られるのではないかと思い、
販売を始めました。  
材料は、自然の摂理の中で育てられたものを選び、
そして、伝統的な製法でゆっくりと時間をかけてつくること
続けてゆきたいと思っています。」



このような素敵なパン屋さんが近くにあったなんて・・・と、
先日、購入させていただきました。

IMG_7226






















ネット販売が中心ですが、
山形村のファーマーズズマーケットに並んだり、
ご予約すれば、工房での受け渡しも可能なようです。

8月25〜27日は、松本パルコのパンパパンフェスにも出店されるようです。


ライ麦はスペルト小麦を、サワー種でゆっくりと低温で熟成発酵させてから
焼いたドイツパンは、モチモチと美味しく、身体も喜びます


よろしければ、まずはHPをご覧くださいね

グラス

今月は、レッスンの際の試食タイムに、
ボダムのグラスを使用していました。

そして今朝、あっ、と思い出して、
今日からこちらを使用。

昨年の夏に購入したことを忘れていました

IMG_7274













マリオルカという、イタリアのブランドのグラスです。
キレイだわ〜


オトナのパフェを作ろうかな、と購入したのですが、
とりあえず今月はアイスティーを入れて。。。


ニューヨークでご活躍の料理研究家、
コルトンひでこさんのポップアップストアで購入しました

IMG_7276













なんとコチラ、アクリルグラスなのです
そうは見えません

なので、割れませーん


オトナ・カジュアルに使うことができます

クリスマス飾り

お取り寄せをお願いしてあった、
クリスマスケーキ用オーナメントのサンプルが届きました

IMG_7238





















全部 素敵


毎年、なかなか気に入ったものに出会えないため、
今年は早めにカタログをチェックして、吟味すべくサンプルを取り寄せました

定番の、サンタクロースが笑っているようなシュガーのオーナメントとか、
私は苦手。。 お子様向けなのでしょうね。

もっとオトナっぽいものを探し続けていたのですが、
今年は大当たり

IMG_7250















今年の新商品。
リースがパール出来ているのです。
可愛い

グリペール的には外せません

IMG_7252















ホワイトとシルバーが好きなので、
このあたりは欲しいです  ↑

IMG_7258














スノーフレークも大好きです  ↑

IMG_7257













右は毎年ご用意していますヒイラギ。
コットンパール風です。 (写真は反射してしまっていますが)

左も良さそうです。

IMG_7259
















エチケットも、例年10個のうち1個くらいしか好きなテイストが無いのですが、
これはどちらも素敵。 ↑

とっても素敵
特に左側はそそられる〜

選べません。。
ですので、すべてオーダーします


今月後半の空き時間は、クリスマスケーキの試作をしていく予定。
素敵なオーナメントが届いたおかげで、テンション上がってきました


9月のご案内

9月のレッスンのメニューと空席のご案内です。


スイーツも秋の気配。。。
プレフォールとなります

09フォシル調整





















珍しいルックスではないでしょうか?

<雲>のような不思議な模様の生地が、周りを囲っています


カットしましょう

09フォシル1調整





















中は、ほろ苦いカラメルのムースになっています

秋の気配を感じます。

IMG_7205






















断面も美しく、不思議な模様になっています


トップのデコレーションが異なりますが、サイドはこちらの写真の方が
わかりやすく映っています。

IMG_6393













いかがでしょうか?

面白いですよね


どうやって作るのか、ちょっと不思議な感じだと思います
私も作りながら、毎回ワクワクしています


IMG_6443






















簡単で、美味しくて、ちょっと見たことがない、
グリペール・オリジナルのガトーです。

中のカラメルムースも、かなり苦戦して、
ワンランク上のお味に仕上げました

名前はガトー・フォシル
今年の秋最初のケーキとして、テーブルが賑わいますように。。。



もう1品も、とてもお勧めな焼き菓子です。

グランフィナンシェ miso

グランフィナンシェmiso





















お味噌のフィナンシェです。

市販品で、お味噌を使ったスイーツは、好きと思えるものに出会ったことが
ないのですが、このグラン・フィナンシェは大好きです

フランコジャポネ・スタイルの自信作ですので、ギフト仕様にしていただいても良いと思います。


空席情報です。

9月24日(日)10時〜13時 満席
9月25日(月)10時〜13時 2名様
9月26日(火)10時〜13時  満席

料金: 3,700円

お申し込み:Eメールfujimori09@yahoo.co.jp


ご都合のつく方、是非お待ちしております

戦利品

昨日のお買い物


ニュウマンの中のセレクトショップで、

ヤヌークのデニム。

IMG_6113





















キレイめボーイフレンド・デニムというか、テーパードなのか、
早速今日から履いていますが、ストレスフリーな履き心地

IMG_6117





















Tシャツ&デニムのパンツに合わせるジャケット。
なかなかの美シルエット。
袖は、くしゅくしゅとたくし上げます。
(こちらはSALEでGET


と、いつも通り定番ばかりなので、
珍しくデザイン性のあるトップスをチョイス。

IMG_6116





















スエードで、プレフォール(秋の始め)の色味です。

にんまりしながら、blogにアップ。
さて、明日のレッスンの準備がまだ少し残っています。

明日から8月後半戦。
楽しみにお待ちしております

英語速読

4日間のお盆休みのうち、昨日1日だけ、
まるまるオフ日でした。

夜、新宿の教室で行われる<英語速読>の体験セミナーに参加するため、
のんびりとお昼頃到着するバスで東京に向かいました。

セミナーの時間までは、のんびりとショッピング。
プレフォールのお洋服や小物を、試着したり店員さんと
お話ししたり・・・。

疲れたらお茶して、その時間を利用してメールのお返事を書いたり。

そしてまたショッピング。
贅沢だな〜・・・、こんなにのんびりするの


さて、19時30分になり、セミナーへ。
速読って何??
英語速読って何?? 
ということで、参加してみたのですが、

今までのように左脳で英語学習に取り組むことではなくて、
右脳で自然に捉えていくことなのだ、と知りました。

だから、なんともリラックスして、カフェで談笑するかのように、
レッスンができるのです。

ヨガと似ていると思いました。


私にとって週一回のヨガクラスが、いつも仕事で使っている脳を休めて
心身ともにリラックスする時間なのですが、
英語速読も、普段の脳(左脳)を休めて、右脳を使い、
そして脳に酸素を送り込むことなんだぁ、とそのように思いました。


もちろん、そんなにのんびりしたことだけでは、英語力はアップしないのですが、
左脳で攻めても英会話の上達には限度があることを、
30年の経験から私は知っているので、
先生が仰る「右脳を使うのです」という理論が、すんなり受け入れられました。


お教室で、右脳が持つ潜在能力を引き出しつつ、
結局は自宅で地道に、シンクロリーディングやシャドーイングを行う必要はあるのですが、
私は4か月を目安に、挑戦してみようと思います。

romanholidaytirasi



















テキストはRoman Holiday を選びました。
5回は観ている好きな映画です
(速読には内容はあまり関係ないのですが。 目の訓練ですので・・)


最終目的は、話せるようになること。
で、別に英文を読みたい訳ではないですが、訓練として、
紀伊国屋でペーパーバックを買ったり、英字新聞を用意した方が
良いのかなぁ、と思っていたら、
今朝目覚めたら、アメリカのYukoさんからメールが届いていて、
サラベスの本とか、私が好きそうだなと思ったのですが、送りましょうか?と。

これだ
優子さんが面白そうだと思った本を送っていただくという手があった

あまりにタイムリーなご提案に、なんだか楽しく始められそうな気分になっています


速読のお教室はこちら。
Max Reading
http://max-reading.com/

(実は、先生は事前に存じ上げていた方なので、安心なのです)

お教室は新宿4丁目の交差点の辺りで、左方向徒歩3分で新宿高島屋
右方向徒歩5〜6分で新宿伊勢丹
前方徒歩2〜3分で大好きなニュウマンという、私にとって抜群の立地です(笑)


百貨店という強力なサポーターにも囲まれているから、挫折することなく
通えそうかな(笑)

ナチュラル&ヘルシー、そしてオシャレに。

先日少しブログにアップしたこちらは ↓
秋のメニューとして試作した、

バナナ・コーヒー・カラメルケーキ

バナナコーヒー2






















カットすると・・、 ↓  ↓

バナナコーヒー3













表参道にある、フランツ&エヴァンスという、ロンドン発のデリカフェの
スイーツが、ルックス的にとても魅力的で(美味しいですし)、
そのイメージで作りました




ちょっとググってみたところ、フランツ&エヴァンスが東京にオープンしたのは、
2016年1月。

スイーツ&デリのディスプレーがワクワクするので、私は時々出掛けていたのですが、
(ブログにも何度か書きました)
最初の頃は、すいていて快適でした

いつからか、いつ行っても混んでいるようになってしまいました

先日訪れたときは、こんな感じ。

IMG_5929





















ランチは、デリのお惣菜を3品チョイスして盛りあわせることができます。

野菜中心のヘルシーなメニューです。

友人のプレート ↓

IMG_5930






















それから、レッドベルベットのカップケーキをチョイス。

IMG_5933






















レッドベルベットは、もともとはアメリカ南部のスイーツ
大きなレイヤーケーキのような形をしています。

ニューヨークでは普通に見かけましたので、
今は南部の・・という感覚はないのかな?

アメリカの動画サイトを見ていると、
そのバリエーションのオンパレード

レッドベルベット・カップケーキ
レッドベルベット・ブラウニー
レッドベルベット・パンケーキ
レッドベルベット・ドーナツ
レッドベルベット・・・あとなんだろう・・・
なんでもアリです。

で、赤色のフードカラーを小さじ1〜2杯入れて作ります(驚)
日本人には抵抗がありますね。

最近はビーツを利用するレシピも出てきたようで、
それだったら良いですよね。


ナチュラルでヘルシーなレッドベルベットを、作ってみたいナと思います


民藝の街

先月訪れた盛岡の<光原社>で、松本と同様の空気を感じた私。

それには根拠があったことが、昨日、偶然わかりました。

そのキーワードは柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)
94歳の現役染色家、型染の第一人者です。


氏の作品に最初に触れたのは、
光原社の中庭に建つ<マヂエル館>で。
(繰り返しになりますが、岩手県盛岡市でのことです)

151026_morioka-kogensha_01













(写真お借りしました)
左側の建物がマヂエル館で、右側は可否館という喫茶店。
(喫茶店では松本民芸家具が使用されています)

光原社は、宮沢賢治の代表作で、生前出版された唯一の童話集でもある
「注文の多い料理店」を出版した会社。
光原社という社名も、賢治がつけたそうです。

その後、民藝品店として、民藝運動の第一人者たちが集うサロンとして、
歴史を重ねてきた、趣のある素敵なお店です。


その中庭に建つ<マヂエル館>
素敵なこの響き。 これは賢治の作品「烏の北斗七星」からとったもの。

マヂエル館では、「賢治に捧ぐ」と題して、
柚木沙弥郎氏の賢治の作品をモチーフとした作品が、
たくさん展示されていました。

とても素敵だったのですが、やはり展示品の画像はあまり見つからなくて、
このような感じの型染めの絵です。

IMG_4593-thumbnail2







201108182338283d4





















(画像お借りしました)


さて、松本の皆さま・・・
柚木沙弥郎氏の絵を、私たちは、松本の至る所で目にしていました

kaiundo0006











開運堂さん

タウンページ松本版の裏表紙の広告。
開運堂さんは、毎年柚木氏に依頼していているそうで、
柚木氏にとってもロングセラーの作品とのこと。

こちらも

0d7368c3f3c8a1f0e9fe3411e64831ea7ea942d4_l













その他、私たちにとても親しみのあるお店で、たくさん柚木沙弥郎氏の絵が
使われていました。


私はマヂエル館の前に、日常的に松本で、氏の絵に触れていた訳です。

皆さんご存じの、開運堂のピクニケ・カステラもそうですよー。

605



















最後に一番驚いたのは、柚木沙弥郎氏は高校時代を
松本で過ごしていらっしゃいました。
旧制松本高校から東京大学へ進学されたとのこと。


これって、松本の人たちにとって常識だった?と周囲にリサーチしたところ、
あまり知られていないことのようでした。

421f56ce-s

















盛岡のお店で買ってきた有名なくるみクッキーも、
氏の絵だった訳です。


今回の発見のきっかけとなった、
昨日の市民タイムスの記事 ↓

IMG_6110




















良いことが書いてあるな、と思います。

市民に愛されてきたお店、「デリー」と「たくま」の閉店に関しての
ことが書かれています。

<抜粋>
失われる一方では必ず生まれるものがあり、
新規の出店で街が塗り替えられること自体は正常な在り方ともいえる。

ただ民芸の街と呼ばれる松本の醸成にデリーやたくまが果たした役割を思う時、
失うことの重み、生み出すことの責任を考えずにはいられない。



シードルと季節のタルト

おはようございます

なんだか涼しい朝。


今日は迎え盆。



昨夜は、
シードルを冷やして・・・
(オシャレなカモシカ・シードル)from INA

IMG_7214





















事前にタルトを焼いておきました。

クリームは、
フレッシュ・ミントをアンフュゼしたカスタード。


旬のフルーツを、わざとタルトからこぼして盛り付けました

IMG_6105



















お家デザートは、これくらいラフで良い。。。

さっと作れる簡単デザートも、素材が良いから抜群に美味しい


今日から4連休です

スマホ? 一眼レフ?

昨日の<手作り石鹸会>の際、
お茶菓子としてご用意したのは、
夏の定番キーライムパイ

IMG_7155





















暑さも吹き飛ぶような、涼やかなルックスは秀逸

手軽にできるので、この夏何度も私用で作りました。



良いと思ったもの、気に入ったものは、何でも人に教えたくなる質ですし、
リクエストもいただいているので、
またレッスンしたいと思います

(といっても、もう今年の夏には間に合わないので、
来年ね。 
6月頃に、数日リクエスト・レッスンDAYを設けるようにします)



ところで、
最近、スマホでスイーツの写真を撮ることにTRYしています。

IMG_7142





















このSNS流行りの時代に、皆さまにもインスタ、FB等に気軽にアップしていただけるよう、
そして気にきいたアドバイスができたらイイな、なんて思いまして、
チョット研究しています


上の写真 ↑ は、スマホで撮りました。

下の写真 ↓ は、一眼レフ。

IMG_7128






















一眼レフは光の加減が柔らかく、スマホはクールでパッキリ、というカンジ。


秋のお菓子も撮ってみました。

スマホ ↓

IMG_6076



















一眼レフ ↓

バナナコーヒー1





















比較をしなければ、スマホもなかなかイイような気がするのですが、
こうして並べると、一眼レフの優しい雰囲気や奥行き感が、
個人的には好みかな。

スマホに関しては、まだまだ研究の余地あり


友人には、「電子機器を扱うのって、苦手じゃなかった?」と
ズバリ言われた通り、ハイその通りなのですが、
いえ、最近人間が少し変わってきたので、苦手なことにも前向きに挑戦しまーす



ストレス・チェック

先日、松本大学の教授の方に、簡単なストレス・チェックなるものを
やっていただきました。

唾液アミラーゼの量でストレスを測るというもの。


まず、簡単なチェック項目を記入し、
自覚症状としてはストレスを感じていないことを確認。

でも実際は・・・??
ということで、測定器で測ります。


果たして結果は・・・
ストレス度 10% 

ひ・低い


教授にも、こういう低い方がいて良かった!
80%以上という人もいたりするので・・・

とコメントされました(笑)



でも、今日もなのですが、
ケーキを何度試作しても、思い描くような味になっていかないことは
多々あります。

それなりに美味しいけれど、もう少し食感を軽くしたい・・・とか、
なんだか少しバランスが悪い・・・とか、
どのレシピも、7〜8回は作り直します。

今日、最終チェックの予定だったケーキも、
やっぱり納得いかない・・・という判定を自分でくだしました。

既に、あれもこれも思いつく限りの改善を試みた後ですので、
もう残された道が思いつかない・・・

そんな時は、ストレス度 95% という気がします。


気力も体力も尽き果てていたので、別に睡眠不足でもないけれど
「無気力に陥っちゃったし、素直に休憩しよう。」と
ちょっとベッドで横になりました。
それは夕方4時頃でした。

目が覚めたらなんと夜の8時

ビックリしたー!
うたた寝で、4時間も眠っていたなんて。

周りの様子にも一切気付かない深い眠りでした。
一瞬、死んでいたのではないかと思うほど、だわ・・・。


私思いました。
だからストレスが溜まらないのだって。。。

(ま、ふだんは家族がいるので、こんなに自由に眠ってもいられませんが、
たまたま今日は1人だったので・・・)


写真は、先日食べた レッドベルベットのカップケーキ
@フランツ&エバンス(表参道)

(本文とは関係ありません、笑)

IMG_5933











手作り石鹸

今や私の生活に欠かせなくなっている
手作り石鹸


お肌がスルスル、スベスベになるのです
実感したのは、使い始めて3〜4ヵ月ほどたった頃でしたが、
もう市販の石鹸にもボディーソープにも、
戻れません


在庫が切れたら困ってしまうので、
私も手作りに挑戦することにしました


今日は先生にグリペールのキッチンにお越しいただき、
ほかの生徒さんとご一緒に、初・石鹸作り会をしました


IMG_7160






















お菓子の材料以外のものが並ぶと、
ドキドキ・ワクワク、新鮮さにテンションが上がります


もっと写真を撮りたかったのですが、
先生のスピード感についていけないっ
(はやいっ)

IMG_7162













材料や器具も、目新しくてステキで、いちいち反応したいのだけれど
作業はどんどん進んでいきます。


このホイッパーも!
淡いシルバーカラーが大好きな私は、トキメキます


「私も石鹸づくりのセンセイになりたい」と幼稚園児レベルの
憧れをいただく。。。

IMG_7164













このような材料を入れて、オリジナル石鹸は出来上がっていきます。


1時間弱で、出来上がりました
先生たちは、わっと風のようにいらっしゃって、風のように帰っていかれました(笑)
(勝手知ったるグリペールのキッチンなので



石鹸が使えるようになるのは1ヶ月後
それまで、ひっくり返したりしながら乾かします。
(そういった意味では、手間がかかるのね。 
イイものって、そうなんだなぁ〜)


今度から自分で作れるように・・・と最初は思っていたのですが、
ムリムリ・・・

揃えなくてはならない物も多く、やっぱり次回も先生にお越しいただき、
皆で一緒に作ることにしました


香りも模様も、いろいろ変えることができます。
季節感を出したり、ハロウィン仕様などイベントに合わせたり、
遊ぶコトができると知りました。


「私、石鹸アーティストになりたい
幼稚園児レベルに、憧れを抱くワタシでした。。。


亜麻仁オイル

亜麻仁(あまに)ってご存知でしょうか?


亜麻の種子で、それを搾取してできた油が
亜麻仁油

2438821-olej-lniany-900-667














オメガ3が豊富なことで知られる、健康油の代表格です。


その亜麻仁を、山形村の特産にしようというプロジェクトが始まり、
今日はそのワークショップの日。


亜麻仁油を使って、プレミアなハンドクリームを作ろう という、
楽しそうな内容。


講師を務める山形村のアロマサロン<香音>さんに、お声をかけていただき、
参加してきました。


役場で購入した椿油の搾取器で、亜麻仁オイルを絞ります。

IMG_6080






















ぽとり、ぽとり、と1滴ずつ。
黄金色の綺麗な油です。


亜麻仁油と、ミツロウ、シアバターなどを混ぜ、
最後に好みの精油で香りをつけたら、出来上がり

IMG_6088





















美肌効果が期待できるプレミアなクリームです


そのあと、村内のドイツパンのお店<ビオランド>さんが持ってきてくださった
スペルト小麦のドイツパンと亜麻仁を使った試作品の2種類を、
搾りたての亜麻仁油をつけながら、いただきました。

IMG_6090




















まず、ビオランドさん(ドイツ人シェフと美人な日本人の奥様がやっています)
のドイツパンは、伝統的なサワー種を使用したモチモチしっとり香りがよい
本当に美味しいパン

亜麻仁油はクセが全くなくてサラリとしていて、パンの邪魔をせずに、
パンの美味しさを引き立てる。

思わず、「オイル、おかわり」 いたしました。



そのあと、こんな食べ方を勧めていただきました。

IMG_6093



















アイスクリームに絞りたて亜麻仁油をかけるのです。

絶品

私は抹茶アイスだったのですが、オイルをかけることで並みのアイスも、
高級品に昇格します


本当に美味しくて、3回くらいオイルをおかわりして、たっぷりかけながらいただきました

(どんなオイルでも合う訳ではなく、冷たいアイスにかけてもサラリとして油臭くならない
厳選されたオイルのみ、美味しくなるのだと思います。)


亜麻仁自体は焼くと香ばしくなるので、クッキーを作ってみたいな、と思いました



亜麻仁プロジェクトの活動拠点は、思いのほかご近所さんだったので、
また参加させていただきたいな、と思いました




レモンのパンナコッタ

レモン型 活用形 第2弾

シチリアレモン



















シチリアレモンのパンナコッタ

パンナコッタも、キレイに型から抜けました


シチリアレモン・・・というのは、ただ響きが良いので書いてみただけ


<瀬戸内レモンのパンナコッタ> というのも、2017らしい響き。


って、誰も「響き」を問題にはしていませんね


爽やかで美味しいパンナコッタですので、
アシェット・デセール風に仕立てて、レッスン仕様にしてみたいと思います




冬のレモンケーキ

今日も暑そう
(ずっと冷房のきいたキッチンで仕事をしているので、
暑さを実感していないのですが。。)


暑いですが、頭の中の半分は「秋冬」になっています。
秋冬の試作、進んでいます


ということで、
冬のレモンケーキ 作ってみました

冬のレモンケーキ1



















先月レモンケーキのレッスンをした際、レモン型をご用意された方も多いので、
型は幾通りにも使用していただきたいと、
考えました <冬のレモンケーキ>


美味しいです

この要領で、
栗を入れた秋のレモンケーキ、苺やピスタチオの春のレモンケーキ
作れそうだわ


栗とレモン?? 合わなそうですが、
ヨーロッパでは、栗と酸味の強いカシスは定番

栗とエグランティーヌ(ローズヒップ)と合わせてあったりもするので、
トライしてみてもよいかも。


レモンケーキ4段活用、できるかしら?

地産地消、オールナチュラル

今月は南仏をイメージしてメニュー構成を考えましたが、
実は、
地元の旬の食材を使ってと、言い換えることもできます


08






















こちらのアイスクリーム、
ラベンダーもブルーベリーも、まさに今が旬。
地元で調達することができますよねー

08ラベンダー2























100%オールナチュラル
です
色素も香料も添加物も、一切使用せず、
この香りと滑らかさを出すことができるのは、
ちょっと自慢です


そしてアイスクリームマシーンも不要
今日も、午後のレッスンで作ったものを冷凍庫に入れておき、
夜フードプロセッサーをかけました。
これでもう出来上がり
タッパーに入れて冷凍庫に入れておけば、いつでも召し上がっていただけます


08ミストラルB






















こちらの蜂蜜のケーキも、信州産の美味しい蜂蜜を使って作っています。

蜂蜜って、いただいたりして結構お家にあったりしませんか?
ぜひご自宅の蜂蜜を利用してお作りください

IMG_7068














ヌガー・モンテリマールをイメージして、
蜂蜜のムースの中には、オレンジピールとピスタチオがたっぷり入っています。


「ピスタチオがムースの中で美味しいですね」と、やはりピスタチオは
生徒さんの間で不動の人気です

トップのゼリーは、ピスタチオと相性の良いビターアーモンドの香りを取り入れたくて、
杏仁霜を使用しています。


そして、
今月はアントルメを作るので、結構時間がかかるのかな?と思っていましたが、
いえ、早いです
先月のレモンケーキより、ずっと早くお茶の時間になっています


ということで、レッスンの中間報告でした


これから毎日生徒さんをお迎えします。
楽しみにお待ちしております

スーパーフード

今日から8月のレッスンがスタート

グリペール・真夏のレッスン開始」と、
かなり張り切って準備をしていたのですが、
やはり初日はドタバタ

本日のメンバーの皆さま、
今日はいろいろな局面で助けていただきました。
ありがとうございました


またこれから1ヶ月間、真夏のメニューで、
皆様をお待ちしております



さて、こちら ↓

なんと 関東地方のファミリーマートで売っていた商品。
(東京の友人が、買っておいてくれました

IMG_7004















パッケージを開けると・・・

なに? なんでしょう???

IMG_7007














カカオ豆です。 はい、カカオビーンズです
白いものはあられ状の砂糖。

コーヒー豆は見たことがあっても、カカオ豆を見る機会は
あまりないですよね?


アフリカのガーナで、児童労働を無くすための活動をしているNPO法人と
パレドール(新丸ビルに入っているショコラティエ)のシェフがコラボして
できたもの。

100%チャイルド・レイバー・フリーの豆を、パレドールが焙煎し、
ファミリーマートで販売している(と、パッケージを読み、理解しました)


えっ、どうやって食べるの?


はい、まずは皮をむきます

IMG_7078














写真の手前2つの黒いものが、皮をむいたもの。
そのすぐ後ろに、皮がありますが、わかるかしら?

グリペールでは、カカオ ニブやグリュエ ド カカオという商品名の
カカオを使用していますが、それです! その砕けていない状態のものです。

なので、苦い

ですので、少し細かく砕いて、あられ状の砂糖と一緒に口に入れる

う〜ん、なかなか粋なおつまみ



カカオ豆は、ポリフェノールたっぷりのスーパーフードなのですよね
(アメリカ在住のyukoさん情報でも、アメリカでは、カカオニブは製菓材料コーナーではなくて、
スーパーフードのコーナーにあった!とのことです)


今回、こちらの商品を買ってくださったのは、チョコレートにとても詳しい友人です。
ありがとう〜
またいろいろ教えてくださいね

バレエシューズ

ときどきチェックしているセレクトショップのオーナーさんが、
ブログで大絶賛していたロンドン発のフラットシューズ

バタフライ・ツイスト

29d3bc99193cb0b837fb8cc53f050ae5-2




















(画像お借りしました)

ロゴをみたとき、「あら? 私、持ってるかも・・・」


何も知らずに3年ほど前に購入し、ほどんど使用しないまま
持っていました

proposal-15739-58ec855c8fb38-IMG_9250















(画像お借りしました)

オーナーさん曰く、「履きやすい!」と、今 若いママたちに人気なのですって。
私、そのカテゴリーじゃないけど、嬉しいな。

10045430_5


















(画像お借りしました)

どのデザインも、コンパクトに折りたためるのが特徴なのですが、
靴底がしっかりしているの、携帯用としてばかりでなく、
普通に使用できるとのこと。

おけいこごとに、ドライビングシューズとして、お買い物で疲れたら、
など、シーンに合わせて持っていると良いですよ、と
webサイトに書いてあります。
今まで眠らせてあったけれど、私も持ち歩こうっと






キャンセル情報

今日から8月

夏が大好きな私ですが
しかし昨日、7月最後のレッスンを終えたあと、意外なことに体調を崩し
寝込みました

どうぞ皆さまも(私のように過信せず)気をつけてくださいね


(そしてそろそろ私は、クリスマスケーキのプランを立てなくては・・


さて8月、皆さまはいろいろ<夏のプラン>がおありかと思います
いつになくレッスンの欠席者も多いかな・・

ということで、キャンセル情報を再び。。。

8月6日(日)13時〜16時 1名様
8月7日(月)10時〜13時 満席
8月9日(水)10時〜13時 1名様
8月29日(火)10時〜13時 満席
8月31日(木)10時〜13時 1名様

料金:3,700円
お申し込み: Eメール fujimori09@yahoo.co.jp

モンテリマール・オランジュ

08ミストラル6





















蜂蜜のムースのケーキ仕立てとなりますが、
涼やかなルックスが真夏にぴったり

テンションの上がるケーキだと思います

08ミストラルB






















もう1品は、ラベンダーのアイスクリーム

オシャレなアイスクリームで、蒸し暑い夏を爽やかに   

08ラベンダー1 




















08ラベンダー2





















ご都合のつく方、ぜひお待ちしております



不覚にも1日半寝込んでしまい、予定がズレ込み若干焦りを感じている私ですが、
今月も楽しく頑張ります

(休暇は7月中に終わってしまったので、今月は働くのみ






ジャニス・ウォン

とうとう、というか、やっと、というか、
ジャニス・ウォン 行ってきました


新宿のニュウマン1FにできたデザートBAR。

ジャニス・ウォンはシンガポールにお店を持つ若いペストリーシェフ(女性)なのですが、
2013年、2014年にアジア最優秀パティシエに選ばれています。

若い女性シェフが快挙 ということで私もこのニュースは知っていました。


その彼女のお店が、シンガポールについで新宿にできるということで
ニュウマン開店当時はとても楽しみに思っていたのですが、
いざオープンしてみると、ニュウマンの他のお店は行列になっているのに、
ジャニス・ウォンはお客さんが入っている様子がない・・・

いつも、しーーーん  としている。(通りから中の気配を伺っていたのですが)

SNSでも、みかけない・・・


このままでは撤退するのでは・・・とヒドイことを考えながら(失礼)、
でも絶対チェックしたいお店だからと、今回自ら行ってまいりました。


結果、すっごい好みでした


グレイッシュでシックでモダンで、どこかオリエンタルな雰囲気の店内は、
とてもカッコイイ。
広いカウンターテーブル
落ち着いた雰囲気。

「まだ食べていないけれど、来てよかった」と私。


5品のデザートコースに、ペアリングでノンアルコールのドリンクが5種。
(デザートビュッフェとは、異なります。全然違います。)

大満足

どのお皿もあまり甘くなくて、最後まで美味しくいただけるように配慮されていました。


こちらは<ボタニカル・サマー>という、素敵な名前のプレート。

IMG_5986






















写真では、まったく良さが伝わらないと思うのですが、
何重にも複雑に組みたてられていて、それがすべて目の前で見られる訳で、
わくわくが止まりません。

IMG_5991






















どのプレートも、その演出に興味津津。

IMG_5978






















日頃から、フレンチ・レストランでは芸術鑑賞をしているように
楽しんでいる私なので、
ジャニス・ウォンがedible art(食べられる芸術)をコンセプトとしているのであれば、
ヒットするのも当然の成り行きなのかもしれません。

IMG_5988

















目の前で、燻製のスモークが出たり、ドライアイスっぽい煙がでたり、
液体窒素を使ったり、とにかくワクワクします。



カクテルもすべて、他では味わったことがない組みあわせの妙を
楽しむことができました。

IMG_5979





















こちら ↓ 後ろに写っているカクテルは、
<フローラル・キウイ>といい、
下方のパーツは、カモミール&キウイフルーツ
上方はすみれ&ラベンダー

IMG_5983





















珍しい取り合わせ。 そして美味しかった。
しかも目の前で作り方を見ることができて。。。


ちなみに化粧室のハンドソープはAesop(イソップ)。


すいているので、この空間をゆっくりと楽しむことができて良いのですが、
もし銀座に出店していたら、予約の取れないお店になっていただろうな、
なんてことを思いました。

IMG_5992





















また季節を変えて是非来たいよね、と友人と言い合いました

都内にアシェット・デセールのお店はいくつもありますが、
私はジャニス・ウォンをリピートしたいかな。


グリペールの生徒さんには、お勧めです

(仮に撤退してしまったら、シンガポールまで行かないと味わえなくなります・・・)


再び英語学習

優子先生がサウス・テキサスにお引っ越しされて以来、
下火になっていた私の英語学習。

ようやく気持ちが再燃しました。

IMG_7022





















ストリーミングもスマホで聞けるようにしたので、
単調な計量作業のときなどに聞いたりと、かなり有効活用できそうです


12月まで、とりあえず英語学習の優先順位を上げることにしました
12月になるとクリスマス・レッスン。1月はバレンタイン・レッスン
(2月は雪かき。。)と、多忙になることが予測されるので、
11月まで少し集中してエネルギーを注ぐことにしました。


こうして書かないとまたサボるので、blogに書いて宣言したつもりに
なっています。
頑張ります〜。






かき氷

ここは日本ですか?
というほど蒸し暑い東京。

是非ともtryしたいと思っていた、このかき氷が、まさにピッタリな気候。

image


代々木の紅茶専門店 コンテナートにて。


私が大好きなロンネフェルトのアイリッシュモルトという、フレーバーティーのかき氷。


そもそも世界中の5つ星、7つ星のホテル等でも使用されているドイツのロンネフェルトの紅茶に出会ったのは、アマン東京のアフタヌーン ティーで。

その時 一緒だった友人が、このかき氷を見つけてくれて、昨日も付き合ってくれました。

アイリッシュモルトのフレーバーティーは、大のお気に入りで、グリペールのショコラ レッスンに合わせて、毎年ご用意したいと思っている紅茶です。

平日のせいもあってか店内も静か。


大人も楽しめる、美味しいかき氷でした。


今回も仕事で東京に行きました。
様々な収穫をレッスンにまた反映できそうです。

ヴィエノワズリー

青山のリチュエルで時間調整中。

スマホからアップしてみます。

image


平日のせいかお客さんがいないので、
写真 撮らせていただきました。

クロワッサンが人気のパリのお店ですが、最初は自由が丘にオープン。

image




人気商品のエスカルゴですが、700円!でした。

1年ほどで自由が丘店は閉店し、今は青山店のみとなり、エスカルゴも390円になりました。

以前の価格を知っているだけに、安く感じてしまいます。


image


パッケージ類もとても可愛い💕

この絵柄♡

image

季節ごとにフルーツが変わるこちらをいただきましたが、
フツウかな…

image


でも、静かで素敵な店内は、いい感じです。



Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ