久々の闇が発動した日の夜
Nさんからメールが届きました。

プレゼントした子ども用のおもちゃへのお礼と
『仕事でお疲れのときにすみませんでした』と。

そうか、疲れていた風に見えたのね。
どう見ても普通じゃなかっただろうね。

ごめんね、心配かけちゃったな…(´ω`)







心療内科を受診してきました。

K先生に最近の調子はどうかとたずねられ、

ずっと安定していたのだが
彼女が職場に来て、急に辛くなったことを話した。




K先生「何で辛く思うんだろうね」



え?なんで…?( ;゜д゜)



初めて問い掛けられた。
いつもは、うなずいて聞いてるだけの先生だったのに。


私「なんでなんだろう…嫉妬もあるんでしょうか」

K先生「嫉妬なんですね」


今までそんなこと聞かなかったくせに
突然、闇を深く掘られると涙が出る。

しかも嫉妬だけだと、
ただの嫉妬深い女になるぞ。


ちょっと待って、他に、
他にもあるから!!!(;OдO;)ノ




私「素直に喜んであげられない、罪悪感だと思います」


K先生「罪悪感があるんですね。」


私「あと、気持ちを誰にもわかってもらえないから。
術後から6年も経つと、身体も心も乗り越えたと思われるみたいです。
このまま、ずっといくのかなと思うと…」


周囲の理解がないことが一番辛い。
ただ耐えていくしかないと考えただけでしんどい。


もう、鼻水が出てきた。

今日は、カウンセリングみたいな診察だな。


辛いときは、辛くなるエピソードがあったときだけ。

原因はハッキリしている。
これが適応障害の症状なんだろう。



いろいろ深堀したわりに
先生は特にアドバイスするということもなく
(男性の先生だからピンと来なかった?笑)
薬に関して提案してきた。


K先生「1日三回飲んでたリーゼを減らしてみますか。どうですか?」

私「はい、スルピリド(抗うつ剤)の方が不安を軽くしてくれる気がするので…。」



減薬再開。
朝はスルピリドのみ
昼と夕はリーゼ。



7、8年飲み続けてた抗不安薬
リーゼをやめられるかな…

ゆっくりいこう。




診察時間;6分



にほんブログ村 病気ブログ 卵巣がんへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 適応障害へ
にほんブログ村