グルミットの雄叫び☆ぐるだんの呟き

横浜Loveな皆さん、こんにちは。
ちょっと充電中につき、不定期更新デス。

第34節 ジェフユナイテッド市原・千葉戦@フクアリ

横浜FC  1 - 0  千葉

今日は、フクアリかシーガルズの藤枝かの2択でしたが、
午前中に野暮用ができたため、時間的に藤枝は間に合わず、フクアリへ。
そして、ついに、ついに、ついに・・・フリエが歴史を塗り替えました
フクアリで聞いた初めてのビューティフルネーム。涙ちょちょぎれました

2007年、J1昇格後の第5節。0-4の完敗からスタートした鬼門フクアリ。
あれから11年半、通算9戦して、0勝6敗3分け。
さらに、3得点で19失点という、鬼門中の鬼門。
今日も内容的には押されっぱなしの苦しい展開でしたが、結果がすべて。
1点勝負となった試合の先制は、イバのシュートがポストにはじかれた場面。
どちらの選手もボールウォッチャーになったところをしっかりつめて行った
コロ助が豪快に叩き込んだ値千金のゴール。
その後、千葉の猛攻を受けながらも虎の子の1点をゴールポストと共に守りきり、
完封勝利 もう痺れたなぁ もう感無量です。

これで順位を上げて暫定4位
優勝までは勝ち点差"5"、自動昇格までは勝ち点差"2"デス。

今シーズンも残すところ8試合。難敵揃いですが、一戦必勝で行きましょう。
IMG_6192


続きを読む

第12節 シーガルズvsバニーズ京都SC@三ツ沢

横浜FCシーガルズ  1 - 0  バニーズ京都
(⇒リーグ公式記録

後半戦2試合を連敗、暫定7位で迎えた今節。
負けると尻に火がつく一戦でしたが、しっかりと勝ちきりましたぁ。

開始早々、大滝麻未選手がボールを受けて、山本絵美選手へ戻すと、
左サイドを駆け上がる佐藤渚選手へ。そのままドリブルで持ち込み、
最後はグラウンダーのクロスをフリーの中村みづき選手がきっちり決めて先制。
開始1分。電光石火の攻撃でした。

バニーズ京都に2点差以上で勝てば、一気に3位まで浮上したこの試合、
前半1分の先制点で複数得点期待したんですけどねぇ~
終わってみればシュート6本とちと物足りないですかね。
内容的には優勢に進められたんですが、なかなかシュートの形まで
持っていけなかったですね。まぁクソ暑かったしね。

P1080166


まぁとりあえず連敗ストップ、リーグ戦は、残り6試合となりました。
1位の伊賀とは勝ち点差12点も開いてしまったので、優勝は厳しいですが、
2位のハリマは勝ち点差2点。6戦全勝すれば2位確定デスよ~ぉ

第33節 水戸ホーリーホック戦@三ツ沢

横浜FC  1 - 2  水戸

1日遅れですが、さぼってたら、よもやの3戦未勝利で暫定5位まで後退・・・。
台風で延期になった第26節の代替開催を挟んでの過密日程で、
連戦の疲れに加え、14時キックオフの暑さが堪えましたかねぇ

前々節の東京V戦の途中からシステムが4バックに変更になってますが、
今節は特に前半、見事なまでにハマりませんでした。

ノムや北爪選手が不在、中盤の運動量不足のせいか、
出し先がなく、自陣でのDFラインでの横パスが続く展開にイライラ
頼みのレドミも疲れからか、トラップミスでボールが足につかずで・・・
やたらめったら、つないで崩すことにこだわっていたように見えましたが、
もっとシンプルにやればいいのに・・・

コロスケやケンスケの惜しいシュートもあったんですけどね。決まってれば・・・
IMG_5097


これで、今季初めての月間2敗目。
そして次節は、一度も勝ったことのない(6敗3分け、3得点19失点)
鬼門のフクアリで天敵ジェフ千葉戦。
とは言え、上位追撃のためにももう勝つのみ残り9試合。全部勝つ
続きを読む

第30節 松本山雅FC戦@アルウィン

横浜FC  3 - 1  松本山雅

勝ちました~ぁ しかも劇的な今季初の逆転勝利デス
ビハインドから1人退場で10人という状況で逆転勝ちっていう
これまで私の記憶にない勝ちっぷり
そして、今日の勝利は、これ以上ない勢いに乗れる勝利デス!

アルウィンでは、松本がJ2新入生の2012年と2年生の2013年で勝利しましたが、
その後、3連敗を喫していたアルウィンで5年ぶりの勝利デス

スンジンは2枚目は仕方ないとしても、1枚目は余計でしたね。まぁしょうがない。
しかし、第5節山形戦以来今季2度目の10人というシチュエーション。
第5節では、リードしている中でのゴルゴの退場でしたが、
今節はPKを決められてビハインド状態。でも諦めませんでしたネ

田所選手のサイド突破からのPK奪取、イバがきっちり同点弾を決めると、
伝家の宝刀、レドミのFKから田代選手が頭でそらして逆転弾、
前掛かりになった松本のミスをついて、北爪選手のダメ押し弾。気分爽快!!

0825


押しに押しながらも徳島に痛い一敗をくらった大分を抜いて、3位に浮上
首位まで勝ち点差4まで来ました!もうちょいデス
次節は、退場のスンジン、累積4枚のケンスケを欠く中で、
後半に入って息を吹き替えしている京都サンガが対戦相手。
ホーム三ツ沢で、しっかり勝ちきりましょう

第29節 讃岐戦 ゴール!ゴール!

GW初日の第11節徳島戦以来、三ツ沢で9試合連続でゴールを決めている横浜。
今節もやってくれました、2ゴール!(ちと長いです・・・

先制点は、後半6分。レドミの今季9ゴール目となる直接FK

後半開始して間もなく、ドリブルで駆け上がるイバ。
IMG_1761

ペナルティーエリア手前で相手選手3人に囲まれますが、ファールをゲット。
IMG_1763

前半の似たような位置ではイバが蹴ってましたがから、次はレドミと思ってたら、
動き出したのは、イバ。が、ボールをまたいでスルー。
IMG_1771

続きを読む

第29節 カマタマーレ讃岐戦@ニッパツ三ツ沢

横浜FC  2 - 0  讃岐

”YOKOHAMA FC 20th Anniversary Match” と銘打たれた一戦。
試合前からいろいろとイベントが盛りだくさん。そちらは改めて別で。

リーグ戦も今節が第29節。シーズンの3分の2を消化し、勝負の終盤戦突入。
前節終了時点で首位との勝ち点差が10点。もう足踏みはできません。
という状況の中、対戦相手の讃岐は、今季2度対戦して2勝。
しかし、過去の戦績では、4勝4敗1分けの全くの五分。

そんな大事な試合で、レドミの芸術的な直接FKと渡邊カズで2ゴール。
IMG_1884

IMG_2080

さらに3試合ぶりのクリーンシート。
ここ2試合3失点が続いていただけに何とも気分爽快デス
前後半で1,2度あったピンチもGK南選手を中心に守備陣の踏ん張りで完封。
IMG_2364


今節、松本山雅が負けたので、勝ち点差はちょっと縮まって勝ち点差 "7"。
次節はその首位を走る、松本山雅が相手です。
リーグ最小敗戦数で並ぶ横浜と松本山雅の直接対決。グググイッと引きずり落とせ~ぃ

パナスタ初見参、小野瀬康介選手

試合前にガンバ大阪、全選手紹介。
トリを務めたのは、背番号50、パナスタ初見参、”電光一閃” 小野瀬康介選手。
IMG_0607

IMG_0612

ゴール裏からの「小野瀬」コールに応えるコースケ。
IMG_0616
続きを読む

G大阪vsFC東京 の続き

行ってきました、パナソニックスタジアム吹田。
モノレールの万博記念公園駅から歩かされました階段辛かった。
加えて、バクスタ側だったんでスタジアムをぐるっと半周。疲れた・・・
P1080064P1080067

グッズ売店にさすがに背番号50番はまだなし。これから活躍しなきゃね!
P1080068

日本初ので寄付金で作られたサッカー専用スタジアム。ピッチまで近~い
他スタジアムと違ってLED照明を使っているので、一瞬で点消灯が可能です。
最初に見たときは驚きました。さすがPanasonicデス!
P1080074


続きを読む

J1 第21節 G大阪vsFC東京@パナスタ

G大阪  2 - 1  FC東京

久々のG大阪のホーム試合観戦。実に2009年4月末のFC東京戦以来の9年ぶり。
当時は万博でしたから、パナソニックスタジアム吹田は初参戦デス

目当てはもちろん、小野瀬康介選手デス

クルピ監督解任後、宮本監督が就任したG大阪。
1敗2分け(△△●)と勝ちきれない試合が続いてましたが、ついに勝ちましたぁ
しかも試合終了間際の劇的ゴールでの勝利
IMG_1106

続きを読む

第28節 ロアッソ熊本戦@えがお健康スタ

横浜FC  5 - 3  熊本

大阪からの帰りの新幹線の車中でDAZN観戦しましたが、
3バックのセンターに新加入の田代選手を起用。フェイスガード姿で驚きました。

試合は、前半からかなり押し込んで珍しくボールポゼッション率も圧倒。
終わってみれば、大量5ゴール決めましたが、12戦勝ちのない熊本に
徐々に押し返されてまさかの3失点

5ゴールは、2013年9月の福岡戦@レベスタ以来、ほぼ5年ぶり
まぁ、イバとレドミとノムでほぼ5点取ったようなもんですね
特に2点目、ノム→レドミ→イバ→ノム→レドミの高速カウンターは痺れました。

そういえば、昨年のアウェイ熊本戦、イバのハットトリックで快勝して、
昨季初の首位に立った試合でした。
ってことで、イバは昨年に続き、2年連続で熊本アウェイでハットトリック達成です。

ただ・・・失点が。帳尻合わせの3点目のPKはともかくとして、
1失点目と2点目はいただけないなぁ。特に2失点目。何でマーク外したかなぁ
前々節まで7試合で1失点でしたが、打って変わって前節と今節で6失点。
夏場で苦しいでしょうが、次節に向けて修正を

まぁ、とりあえず勝って次につなげました。
上位陣はなかなか負けませんが、これで1つ順位を上げて5位に。次も勝つ



2018年 選手一覧
2DF藤井 悠太
3DF田所 諒
4DF渡邉 将基
5DF田代 真一
6MF中里 崇宏
7MF野村 直輝
8MF佐藤 謙介
9FW戸島 章
10FWイバ
11FW三浦 知良
13DFペ・スンジン
14DF北爪 健吾
15FW中山 雄希
16DF新井 純平
17MF武田英二郎
18GK南 雄太
20DFカルフィン ヨン アピン
21MF山本 海人(Rental)
22DF永田 拓也
24MF渡邊 一仁
25MF石井 圭太
26GK市川 暉記
27FW齋藤 功佑
29MF山本 凌太郎
30MF立花 歩夢
33DF川﨑裕大
35MF松井 大輔
36GK辻 周吾
39FW瀬沼 優司
40MFレアンドロ ドミンゲス
《レンタル移籍中!》
MF上田 悠起(→東京23FC)
DFフェリペ(→CAペナポレンセ)
GK高丘 陽平(→鳥栖)
MFジョン チュン クン(→岡山)
最新コメント
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
月別
訪問者数
  • 今日:
  • 累計:

      (2009/11/ 5 引越以降)

Twitter プロフィール
地球の名言

presented by 地球の名言



ダラシンC