書局やさぐれ日日是多忙

とーほぐから愛をこめて。書局やさぐれ公式blogです。イベント告知メインで、ときどき映画や本の感想も書きます。

どうもこんにちは、店主です。
このblogは一箱古本市や文学フリマへの出品を中心に活動している個人サークル「書局やさぐれ」のblogです。
これまで告知等はtwitterFacebook等で行ってきましたが、出店レポートや今までもやっていた本や映画の感想などの少し長い文章を置いておける場所がほしくなって、これまで店主が個人的にやっていたblogを模様替えしました。
基本的に活動期間中には更新できるようにしておきますので、こちらも見ていただければ幸いです。

まず、これからの出店は、まずこちらが決まっています。

 4月22日 本まっち柏 (千葉県柏市・柏駅周辺)

 6月17日 第三回文学フリマ岩手 (岩手県盛岡市・サンビル)

さっそく、何を持っていこうか今からいろいろ考えています。
文フリには旅行記の新作を出す予定です。
仕事も忙しくなりそうですが、なんとか空いてる時にいろいろ準備していきますね。

それでは、これからもよろしくおねがいします。


月のはじめには大雪が降り、春は遅いかなと思わせられたものですが、その後啓蟄過ぎて気温が上昇し、雨が降って路面の雪は完全に溶けました。まだ風は寒いけど、先週から自転車に乗って出勤しております。
さて、題名のことは最後においといて、この1ヶ月半の月例報告です。

○先月劇場で観た映画
『ビジランテ』
『マンハント』
『スリー・ビルボード』
『コンフィデンシャル 共助』
『星空』
『KUBO 二本の弦の秘密』
『密偵』
『リバーズ・エッジ』
『52Hzのラヴソング』
『空海 KU-KAI』
『否定と肯定』
『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』
『希望のかなた』

1月は14本で2月は12本…。上映作品が多すぎて、休日は1日2本も当たり前でした。
夕方上がれるスケジュールだったので、平日観られたのも助かりました。
ビジランテは再見、地元開催のもりおか映画祭期間中に観たのはコンフィデンシャル、星空、KUBO。
細字は後ほど感想を書く予定です。

◯先月読んだ本 by
 the private library of yasagure 

いやー…本当に読めなかった、先月も。
蜜蜂はやっと読めて、面白かったのだけど、仕事に忙殺されて次の本が選べなかった。
後の1冊は台南旅行の予習として読みました。

◯今月観た&観る予定の映画
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『ブラックパンサー』
『15時17分、パリ行き』
『パーティで女の子に話しかけるには』
『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』
@御成座
『クイーン 旅立つわたしのハネムーン』
『トゥームレイダー ファースト・ミッション』
←これのみ観る予定

初日に観たシェイプ、とても素敵で心惹かれて、いまのところの今年度暫定ベスト洋画。もう一度観たら感想書けるかな。
現在米国で大ヒット中のブラックパンサーも面白かった。マーベルの映画の主役にはめんどくさいキャラが多いけど(だいたいアベンジャーズがすでにめんどくさい連中揃い)、主人公が国王陛下ってことで気品にあふれ、常識的キャラであるのが新鮮。サントラもええです。spotifyでヘビロテしてます。

OSOはWOWOW放映で一度観ているけど、今月で日本での上映権が切れ、なおかつ御成座でやってくれるなら!と喜んで大館まで観に行った。珍しく休憩まで入ったインド式上映なのが嬉しかった。さすがにマサラ上映ではなかったけど、ゆっくりじっくり観たかったからいい。また、地元ではクイーンも観られたし、着実にインド映画が日本で定着しつつあるのを感じる。それでもまだマイナー&キワモノ扱いされるのは勘弁してほしいもんである。なお、『ダンガル』は地元では 5月11日からの上映が決定。

◯今月読んだ&今読んでいる本 
by the private library of yasagure


これより下は既に読了している本ですが、諸事情により表示しています。

powered by Booklog

そして現在読んでいる本は、




さて、2004年に開設し、中華圏のエンタメについて書いてきたblogと共に長年続けてきたこの日記blogですが、ここ数年は仕事の変化により記事を書く時間も確保しづらくなり、本や映画の感想で長文を書きたくても書けない状態が続いていました。最低限、月ごとの報告は続けてきましたが、読書記録はブクログ、映画鑑賞記録は cocoで記録していて、そちらのほうが使いやすくなってしまいました。twitterも当分続けるし、それなら気楽に更新できる方が負担にならないのでは?と考え、今月で月例報告を終了することにしました。
自分のライフログとしてつけてきたので、他の方が読んでいるかどうか、どう感じているかはわかりませんが、今まで見てくださってありがとうございました。

そのついでに、blogもリニューアルします。
従来どおり、書ける時には本や映画の感想や、思うことを長文で書きますが、基本的には個人サークル「書局やさぐれ」のイベント参加告知やイベントレポートをメインに書いていきます。よって、次回の更新からblog名も変更し、リンクやサイドバーデザインも変更します。
新しいblog名は「書局やさぐれ日々是多忙(仮)」です。

長い間、読んでくださってありがとうございました。
そしてまた、お付き合いいただければ嬉しいです。

                                blog主 もとはしたかこ

現在、インフルエンザB型罹患により、2日間自宅軟禁の刑に処せられています。
またかよ、と言われそうですが、昨年はA型でした。なんで2年連続罹るんだオレ…(泣)
先月から自己免疫疾患気味で体調が悪く、先週担当した大会の時も結構しんどかったけど、なんとか気力では乗り切ったのであった。ただその頃から食欲が減退していたので、風邪でもひいたのかなと耳鼻科に行ったら診断を受けてショックだった。
日頃の行いが悪いからだろうか。うっうっ。そんな悲しみに暮れながら今年初の月例報告行きますよ。

○先月劇場で観た映画
『ゲット・アウト』
『gifted ギフテッド』
『キングスマン ゴールデン・サークル』
『ノクターナル・アニマルズ』
『女神の見えざる手』
『彼女がその名を知らない鳥たち』
『ネルーダ 大いなる愛の逃亡者』
『あゝ、荒野(前後篇)』
『光』
『バーフバリ 王の凱旋』
『ジオストーム』
『ダークタワー』
『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』

年初から13作品(14本)!我ながらよく観たわ、偉いわ。
日本の映画賞にも選ばれるような作品がまとめてやってきたので、これはせっせと観ないとなーって感じで大変だったよ。
評判に違わず荒野はよかったし、バーフバリも劇場で観られてよかった。でももう少し余裕をもたせた上映期間でやってほしかったですよ。

○先月読んだ本 by the private library of yasagure - 2018年01月 (1作品)
powered by Booklog
 
…これだけしか読んでなかったか。どんだけ忙しかったんだオレ。

○今月観る予定の映画
『スリー・ビルボード』
『ビジランテ』
『マンハント』
『KUBO 二本の弦の秘密』
『星空』
『リバーズ・エッジ』
『空海 KU-KAI』
『52Hzのラヴソング』
『希望のかなた』
『否定と肯定』
『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』

今月は旧正月なので、中華圏絡みの映画が4作品も地元で観られるのが嬉しいのですが、それでなくても観たい映画が多すぎて、これでも絞りました。もっとスクリーン数増えればいいのに、盛岡…。
あと、今月は復活したもりおか映画祭もあるんですけど、ラインナップがまあラインナップなので、何を観るかは未定です。

○今月読んだ&読む予定の本

なぜか直木賞受賞作を2作続けて読んだ(ちなみに今期の芥川&直木賞はいずれも岩手絡みの作品なのだが、職場で頼む予定なのでまだ未読)。蜜蜂はさすが恩田さん!と言いたくなる読み応えたっぷりな長編。何者は2年前の映画で観たけど、手応えは割と同じかな。
後は何読むかは未定。

今年は雪が多いなあと思うけど、よく考えたらここ5年くらいの降雪量が少なかっただけで、降り方はいつもと変わらなかったりするのだった。まあそういうものですね。ではこのへんで。

↑このページのトップヘ