2007年10月

2007年10月31日

大引け。。。


三菱UFJの自社株買い観測で全体相場は切り返し。
月末のドレッシング観測も買いを誘発。
市況関連は総じて軟調。
業績悪化IT、新興市場銘柄が強い間は主力株相場はいったん休み。

個別では、
日立製作所 781円 +26
http://app.blog.livedoor.jp/gs07/tb.cgi/51217590

相場は来期に欠け4桁目標。

gs07 at 17:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

前引け。。。


バルチック海運指数の下落や、原油価格下落が重なり市況関連
が軒並み軟調。
FOMCを直前に控え小幅な値動きにとどまっている。
イベント通過待ちで売買代金はさえない。
7011の三菱重工が起爆剤となるか。

gs07 at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

2007年10月30日

大引け。。。


改正建築基準法の見直し報道を受け建設、不動産の急騰。
日経平均は引けにかけ下げ幅を縮小した。
売買代金は3兆円、出来高23億株と機関投資家の本格参入の
足音が聞こえる。
新興市場にはファンダメンタルズを無視した買いが殺到。
仕手株が触発。


gs07 at 16:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

前引け。。。


アジア市場は軒並み反落。
下値支持線は機能しているものの、買い向かうエネルギーは
不足している。
本日は海運大手2社の決算が控えているため、市況関連は小幅
なレンジでのもみ合い。
上方修正はほぼ間違いないだろうが、それを受けての値動きが
気になるところ。
値動きが重いならいったんもみ合い相場。

gs07 at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

2007年10月29日

大引け。。。


テクニカル的な節目が意識され上値が重い。
外部環境に対しての警戒感はあるものの、シティの東証1部上場
をきっかけに、海外から資金流入が期待される。
NY原油が時間外で93ドルをつけ、資源株が騰勢を強めるか。
日本郵船の好決算にも市場は素直な反応。
リード役としての自覚は十分。

gs07 at 16:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

前引け。。。


買い戻し中心で出来高は膨らまないが、好決算への素直な
反応を見ると相場環境のよさが伺える。
強気になりすぎるのも問題があるが、地合いは好転していると見る。
本日決算の日本郵船の動きに注目したい。
新興相場はまだまだ続きそうだ。



gs07 at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

2007年10月26日

大引け。。。


日経平均・TOPIX共に高値引け。
丸紅のザラ場上方修正にも、市場は素直に反応したことから
本来の相場がよみがえりつつあるか。


個別では
9984 ソフトバンク 2675円 +215
4617 中国塗料 1549円 +116

などの上昇が際立ちました。


1週間お疲れ様でした。
個人的な都合でなかなかブログを更新することができず
すいません。
来週半ばには落ち着くと思いますので、それからはガンガン
書き込みます。

よい週末を。

gs07 at 15:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

前引け。。。


ハイテク企業の好決算で指数は高値を維持しているが、
全体的な様子見ムードは打開できない。
リード役不在がここにきて響く。
商社株の上昇に期待を寄せたいものの、直近の下げに対する
自立反発との声も多い。
企業決算、米国金融政策と続くため、様子見気分は今後も引きずり
そうだが、日本市場を弱気視する必要はない。
当然、一過性の下げには買いを入れたい。

gs07 at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

NYクローズ、外資系動向。


ダウ −3.30
ナスダック -23.90

オイルは在庫減で過去最高値。

外資系動向は690万株の売りこし。

gs07 at 08:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海外動向 

2007年10月25日

大引け。。。


ヤフーを例にとっても、好決算で材料出尽くしとなるケース
が目立ち、市場心理は後退している。
任天堂、ソニー、シャープ、キャノンの好決算は、日本企業の
力強さをアピールするには十分の数字。
機関投資家の積極参入に期待したい。
今晩の住宅関連指標の発表後の反応に注目が集まる。



gs07 at 15:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向