2009年05月

2009年05月29日

大引け。。。

9522.50円 +71.11

節目であある9500円を引け値で回復。
鉱工業の上ぶれや、市況関連の活況など先高感は
強い。
月末特有のドレッシングも大きく入っている模様。

gs07 at 15:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

9101 日本郵船

9101 日本郵船 450円 +17

バルチック海運指数の連騰で海運株が堅調に推移しています。
商船三井にいたっては年初高を更新して来ました、

郵船の出遅れ感が目立っています。
保守的な営業策がじわじわと評価される時期です。


gs07 at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ◎GS流・銘柄解説 

2009年05月28日

大引け。。。

9451.39円 +12.62

22億4161万株

引けにかけ月末特有のドレッシング買い。
自動車や環境関連に物色の目。
原油続伸でリスク回避の向きも強く市況関連も強い。


gs07 at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

4611 大日本塗料

4611 大日本塗料 110円 +8

4000番台某投資顧問介入銘柄
ということで、先月末にご紹介した銘柄です。
時間が少しかかりましたが、ブログ93円登場後、
一ヶ月で約2割の上昇となりました


同時に132円で発表の5000番台の某仕手筋介入銘柄
鬼ゴムも145円と堅調に推移しています。
引き続き注目して行きましょう。




そして現在、サイト注力中である7000番台大阪筋介入銘柄
動きはじめました。
サイト登場から一週間で、すでに約10パーセントの上昇です。
ランキング60位以内でご紹介します。

  ↓            ↓
02    株・投資ランキング

 


差をつけるには仕込みから!!◎
  ↓ ↓
■ 会員制情報サイト・GS vs 勘助 

6546
 http://gs-kansuke.com/
 
入会案内 ⇒ 
http://gs-kansuke.com/html/moushikomi.html



gs07 at 14:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ◎GS流・銘柄解説 

2009年05月27日

大引け。。。

9438.77円 +127.96

21億7292万株

引け値で5月SQ値を上回った。
9500円どころの戻り売りをこなすにはやや力不足。
海外頼みの相場展開は変わらずだが、個別の物色対象が
絞られてきた。

gs07 at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

前引け

9446.80円 +135.99

9億9969万株

前場引け値でSQ値を奪回。
9500円での戻り売り警戒感があるものの、NYの上昇率に
対し余力を残す。
不動産連騰。
後場はメガバンクの動向に注目したい。

gs07 at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

2009年05月26日

大引け。。。

9310.81円 −36.19

19億3047万株

先物の買戻しで下げ幅を縮小。
米国にて住宅関連の指標を控え動きが鈍い。
資金は市場に滞留しておりきっかけ待ちの状態。
資源株がしっかり。

gs07 at 16:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

前場概況

9266.94円 −80.06

9億5827万株

海外市場休場で主力に大きな動きは見られない。
低位株の日替わり物色が中心で商いも伸びず、方向感に
かける展開が続く。
金融株が小高いことで、指数は崩れずにいるが先物への
仕掛けてきな動きも散見され後場は一段と注意が必要。

gs07 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

2009年05月25日

大引け。。。

9347.00円 +121.19

20億1070万株

地政学リスクから円売り。
指数は伸び悩み目新しい材料もなく海外依存相場。
場中に一時ブレイクのSQ値9389.55が意識される。
需給相場を迎えリード役の登場必須。



gs07 at 16:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向 

前引け

9331.23円 +105.42

9億6770万株

為替が94円台半ばで円高一服。
鉄鋼などの市況関連が堅調。
バルチック海運指数続伸で商品価格急騰。
海外重要イベントを控えて後場は膠着感を強める
との見方も。

gs07 at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日本市場の動向