市場の話題

2009年04月07日

為替動向

円が101円前半まで下落しています。 

NYは40ドル弱下落していますが、輸出関連がどの程度踏張れるか。 
昨日の大型株の上値の重さを見るかぎり、新たな資金の受け皿的銘柄が出でくる場面です。 


gs07 at 07:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月19日

新大統領

現在、都内いおいてもレギュラーガソリン100円割れが目立って
おり、埼玉や千葉では96円台まで。

WTIの当限が現在36.51ドルですから、140ドルの高値からすでに
3分の1以下となったわけです。
原油価格の下落は、消費者には大歓迎のはずですが、全く消費
が伸びないどころか、消費は低迷する一方です。
今まで労働賃金の頭打ちにより、そもそも個人消費の落ち込みの
激しかった日本もさることながら、個人消費大国アメリカでもその動きが
強くなっているようです。
消費者金融は不景気に強いなどといわれていた時期もありましたが、
貸し手も恐怖に怯えています。


景気とは、個人消費と設備投資からなるもので、基本的にお金が流通
しない限り盛り上がりは不可能です。
20日に控えたオバマ新大統領の就任式を境に、どんな景気刺激策が
表れてくるのかに世界中が注目しております。
日本における経緯を見ても明らかですが、金融システムの回復が、
景気回復への近道です。
是非オバマさんには頑張ってほしいものですね。


直近、米国においては悪材料に対する対応が非常に早くなったと感じ
ます。
それは危機感によるものではなく、危機を予測し前倒しで戦略を揃えて
いるからではないでしょうか。
近々、NYは底入れすると見ています。


 



gs07 at 10:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月17日

日銀会合

またしても政策で米国に遅れをとった日本ですが、明日からの
日銀決定会合に注目が集まります。
ゼロ金利政策の米国がそれでも景気減速を解消できなければ
どうするのでしょうか。
ドル札でもたくさん刷るのでしょうか。

いざというときの切り札になるため、日本の政策金利は変更しない
ことが好ましいとも思えます。

 

押忍!応援もお願いします! 
  ↓            ↓
02    株・投資ランキング


 



gs07 at 10:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月15日

5609 日本鋳造

まずは
  ↓            ↓
02    株・投資ランキング



5609 日本鋳造がストップ高買い気配となっております。
株式新聞が注目株として取り上げた為という解釈ですが、
さすがにSQとはいえ金曜日の出来高は異常ですね。
メディアを利用した株価操作なのでは?と思えてなりません。
本日の株式新聞の注目株には気をつけなければなりません。

「2番煎じは玉はずし。」



gs07 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月11日

システムトラブル

結構楽天証券を利用している方も多いと思いますが、復旧の見通し
はついているのでしょうか。
短期売買メインの投資家には頭が痛いシステムトラブルですね。
国内の先物業者はそんな時は平気で売りを当ててきますし、こういった
不可抗力はなるべく避けて欲しいです。

証券会社は少なくとも2つ必要です。
こういったときのためにも解説しておくと便利ですよ。

gs07 at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月27日

ヘッジファンド

ヘッジファンドの9月の資金流出額は381億ドルと過去最大
となったようです。
9月末時点での運用資産総額も1兆7827億ドルで、過去最高
をマークした6月から約1割の減少となりました。

外人メインの日本株が売り叩かれるわけです。

gs07 at 11:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月02日

ウォーレンバフェット

バフェットが、ゴールドマンに引き続きGEの増資引き受けを
発表しました。
(1兆2000億の株式投資、3200億円の優先株の引き受け、3200億
円のワラントの買い付け。)
ワラントにおいては、22.5ドル、有効期限は5年間という条件です。

バフェットは、この先5年間の間にゴールドマンもGE,儲かる会社に
なると市場に表現したのです。


gs07 at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月01日

日銀短観

日銀短観9月調査分も大企業製造業DIはマイナス3と、企業の
景況感は悪化の傾向です。
誰もが予想できたことですが、上値を重くするには十分の材料です。
しかし、景気後退不安は不安ではなく、現実のものとして市場は受け
入れざる得ない状況です。
先見性のある株価は、今後のどの時期を反映するべきでしょうか。



gs07 at 09:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月22日

麻生内閣

午後に新総裁の選出が行われます。

地方票の圧倒的差から、麻生氏の新総裁選出はほぼ決まった
ようなものです。
麻生氏といえば、今まで2度の総裁選を戦いました。
安部首相のときは内閣の一員となり、福田首相の時は声がかかるも
一歩引いた形を取っていましたね。
総裁選の相手に正反対の行動を示している点を考えると強い信念を感じ
ました。
持ち前の図太さで、良い国に育てて欲しいですね。



gs07 at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年09月02日

福田首相退陣

NY市場が休場でしたので、本日は福田首相辞任という
ニュースがマーケットにいくらかの影響を及ぼしそうです。
政権不安を外人は嫌いますので売りとなるのですが、
重要法案も通過しない政権ですので、変化という意味に
おいてはプラス材料となるのではないでしょうか。

今日は、この点と為替動向に注意しながら見ていきましょう。

gs07 at 08:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)