GS125がゆく!

昭和の名車SUZUKI GS125が中国で生産されていて、日本へ輸入されているようです。このバイクの購入からツーリング、メンテナンス等を記事にしています

ねこさんのお見舞いに行きました

(本人の了解を頂いて記事にしています。また、画像は参考です。

先日、GN倶楽部の中でも人気者のねこさんが、交通事故で運ばれた病院にお見舞いに行った。
BlogPaint



















なんでも、ほぼ停止状態の時にノーブレーキのトラックに追突されたとのことである。

(いろいろな情報を聞いていますが。これから事故の検証等があるので事故についての憶測は何も書かない事にします。)


事故は、倶楽部企画の当日集合場所付近であった。

集合場所には、すでに何名か到着していたので事故直後から
当日の中止連絡、救急車の手配や家族への連絡、二次的な事故が起こらないよう現場の車の誘導を迅速におこなったとの事です。

本人は事故直後は意識はあったものの、病院で緊急手術を受け、その後2日間昏睡状態だったそうだ。
おじさんもその事故の連絡や経過についてはメンバーから連絡をもらっていた。
(こちらからは、万が一のことを考えると非常に聞きづらい状況であった)
現場に居たメンバーは、彼の死を覚悟したそうだ!
それから3週間、その仲間からお見舞いに行くというありがたい話を頂き
いそいそと出かけさせてもらったのだ。
(この3週間の間は、倶楽部の中でねこさんの件やら事故の件やら極秘裏に何度も緊急会談が行われていた)

imagesM3Q124LD










お見舞いに行くのは、全くもって問題ないのだが、
何しろ生死の境を彷徨った直後なのでまともな会話もできるかどうか心配だった。
imagesZF738JX7










意識があるのかどうかも分からないし、意識があっても我々の事を理解できるかどうかも不明だ。

集中治療室を出てまだ何日も経っていないのだ!

あれほどの酷い事故だ。
全身や脳に激しい衝撃を受けているのだからこのまま、寝たきりになるかもしれなかった。
その現実を受け入れなければならんとそれなりの心の準備をしておった。
8月にも倶楽部の別の仲間を突然の病気で失い、弱気になっているところに今回の事故。
さらに、今回の事故の同じ日に別のメンバーも軽自動車に体当たりされるという事故もあった。

けがが酷く、一度の手術では治らないので何度も手術をすることになるだろうという話も
何となく聞いていたので、おじさんもこの日は顔を見るだけでいいと心に決めて病院の門を潜ったのだ。

お見舞いに参加したのは14名、きっと全員同じ気持ちでねこさんに会いに行ったのではないかと思う。
全員がまるでお通夜に向かう友人のようにその顔は暗かった。会長も神妙な面もちをしていた。
誰一人笑っていない。みんな気丈に振舞っていた。そんな姿を見るとおじさんは非常に心が重い。
このまま病室に行かずに帰ってしまいたい位だった。

しかし、やはり会いたい気持ちを押さえることができず、覚悟を決めて受付で来院者の札を受け取り首にかけた。
重苦しい足取りでエスカレーターで2階に向かい、病室に向かった。
エスカレーターも、我々の気持ちを察してかゆっくりと上昇している。
喉がやたらに乾く!息苦しい!、心臓は喉元までせり上がってきて自分にしか聞こえない大きな音を立てている。
2階にたどり着いたとき、そこには我々の想像をはるかに超えた痛々しいねこさんの姿があった。

『ね、ねこさん!』

『あ、あんた!どうして?こんな姿に!』

先に上がったメンバーが声を荒げて叫んでいる。何か嫌な予感がした!

押さえようとしていた涙が自然と流れ出してしまう。

全員の息が止まったように一瞬静かになった。

そこには、
29b733aca7e4c6183e15929d01ff94d467d051a3_79_2_2_2



















車いすに鎮座し、にこにこしているねこさんの姿があった。
BlogPaint



















しかも、自分で車いすを操作して移動してるし!

・・・・・・・

いやいや、面会謝絶じゃないの?
意識不明じゃなかったの?
乗ってたバイクは、ぺちゃんこじゃ?
心電図どころか、針一つ管1本刺さっていないし!
だって、集中治療室出たばっかりって。
それまで人口呼吸器ついてたんじゃないの?
お医者さん24時間体制で付いてなくていいの?
誰かが首が半分取れかかっていたって聞きましたよ!
放心状態の奥様は?

おじさんは、黙ってねこさんの顔を見て立ち去る目論みが崩れた!
おじさんの予想は全く見当違いだった!
いい意味で裏切られた!

この男は不死身か?

トラックに20Mもぶっ飛ばされて
生死の境を彷徨い、大手術を受けてたった3週間後に、
さくさく車椅子で移動する事なんて常人はできない。
きっと、半分機械の体にされてしまったに違いない!
おかしい。彼にはお釈迦様か天使でもとりついているとしか思えない!
それか、あの世から出入り禁止となっているかだ!
この男を敵にしたら危ない!
そんなねこさんだが、メンバーの顔を見た瞬間、彼の目にも涙が溢れてきた。
BlogPaint



















多くの仲間に会えたことで一瞬緊張の糸が切れてしまったのであろう。

全員で座れる病院内のカフェに移動し、話をしていても今までの彼と変わらない!
肋骨は17本(全部で24本?)折れているそうだ!
右肩にはプレートが埋め込まれている状態。(それでも普通に動かしている)
奇跡的に頭と手はほぼ無傷。
ツーリング時に装着するプロテクターが彼を致命傷から守ってくれたようだ。
脊髄や、神経、内臓は損傷もない。
IMG_0980



















ただ右足は粉々のパズル状態に粉砕してしまったそうだ。
これから、何度かの手術を重ねて少しずつ直していくことになりそうだと!
すでに1日4~5時間位のリハビリをしているそうだ!
旨そうにお茶を飲みながら話す彼を見ていると自然と楽しい気持ちになる。
BlogPaint



















メンバーの前では心配をかけまいと無理をしているのかもしれない。

これからまだまだ、入院生活は続く。リハビリも大変だろう!
しかしこの男は前向きだ!きっと元通りの体になるまでリハビリを休むことはないだろう!
怪我をしたことよりも早く治してみんなの不安や心配を払しょくしたいという彼の優しい心遣いが伝わってくる。

ねこさん、ありがとう。こっちが間違っていた!余計な想像や心配した方が悪かった。
大丈夫!ねこさんならきっとやれる。その時、家族の許しがあればまた一緒に走りたいし、ダメなときは車で一緒にいこう!
その日が来るのを楽しみに待っているから。今は治すことに専念してください。

人間の強さ、優しさを一杯もらった。
本当にありがとう。こっちが勇気づけられました!
病院、行けるときは何度でもお見舞いに行きますよ!


極上YBR125KG売ります。

2名の方から連絡を頂き、現在商談中となりました。

ご協力ありがとうございました。

へんなおじさん!








おじさんです。
ブログ仲間のFeさんが愛車のYBR125KGを売りたいそうです。
img_3















img_2














img_6




























2011年式で2012年に新車で購入。4年で4400キロ走行
ガレージ保管、雨天未走行。
詳細はこちらのブログの方へコメントをお願いします。
千葉市まで取りに行ける方、または近辺の方希望だそうです。
詳細はこちらの方にコメントお願いします。
http://blogs.yahoo.co.jp/gen_needs002/69155381.html

友への手紙


(この記事を若くして突然の病気で亡くなった友人に捧げます)


custom_header

















あまりにも突然でした。
あなたが亡くなってからもうすぐ3週間になります。未だに信じられない気持ちです。
8月に一緒に参加した西日本でのキャンプで初めて会ったのですが、初対面という雰囲気も出さずに
本当に気さくに話をしてくれました。

夕食の宴で作った料理も美味しいと言ってたくさん食べてくれた笑顔が目に焼き付いています。
おじさんのこともわざわざブログでも褒めてくれました。(コメントせずお礼も言わず心残りです)
また、来年もその次の年も会えると思っていたし、
次の関西方面でのキャンプにも参加表明していた矢先だったのに・・・残念でなりません。
今になって、あの時
・もっと話をすればよかった、
・もっと一緒の時間を過ごしたかった、
・もっと倶楽部を盛り上げるためにどうしたらいいか聞きたかった

といろいろ後悔だらけです。
GNが大好きで大好きで関西の中心メンバーとして多くの人に頼られ、愛されたあなたはもうこの世にはいません。
今時珍しく自分の事より何よりも仲間の事を優先してあれこれ尽力してくれました。
あなたが、いてくれたおかげで、沈みかかった関西のメンバーの絆が大きく広がりました。
本当にありがとう御座いました。
おじさんは、先日行われた倶楽部の全国ミーティングも今一つ気持ちが盛り上がる事はありませんでした。
こう言うと、きっと「いやおじさんが気にすることはないから!」と言うでしょうが、おじさんの心に空いた穴は簡単には塞がりそうもありません。
改めて人の命なんて儚いものだと感じています。
なんとか、前向きになりますのでどうか嘆かないで少し時間を頂けたらと思います。
あなたは、今頃天国への道のりをGNでツーリング中だと思います
下界であなたが最後にツーリングで行った先が奈良県でした。奈良の神々に気に入られてしまい天に召されてしまったんでしょう。
大好きだった毘沙門天になって、最後に一つだけ自分のわがままを通して空からみんなを見守る為に天に上ったのだと思います。
(でも出掛けるのは早すぎたよね?こちらが心の準備する間もなく突然過ぎますよ)

これからは、天界で空から空、雲から雲へと自由にGNで走り回ってください。
どこへ行ってもいつでも空を見ればきっとあなたが見ていてくれるのだと思います。
下界でやり残した事も心残りもあると思いますが、これからは天界から家族やメンバーを見張って守ってください。
会いたくなったら空を見上げますね。
いろいろ書きたい事あったんですが、書き始めたら涙が出てきてしまって書けなくてごめん!

CIMG3575

GS125に興味がある人
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

GS125に興味がある人の数

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ