うううう、へんなおじさんだ。


今日はGS125のエンジンを載せ変えたので

その記録を残しておきたい。

このブログを見ているGN倶楽部のメンバーは、

知っているかも知れないが、中華SUZUKIの

エンジンは、国産エンジンよりも若干パワーダウンと

なっている。


どうやら中国国内での排ガス規制の影響である。

おじさんのGS125は、約10馬力位だろう。

中華SUZUKIは、日本国内で発売されていた

GS125、GN125の他に、中華メーカー独自で

開発、生産されているGZ125やEN125、GN125-2F

などのモデルがある。

おじさんのいい加減な調査によると、このEN125とGZ125は、

エンジンの形状も違うし、中華GSや中華GNよりもパワーが

あるようだ。

特にこの中華ENのエンジンは、形状こそ違うが、バイクのフレーム

は共通ということで、GS125に載せることができるんじゃないかと

ずっと考えておった。

加えて最近GS125のエンジン(クラッチ周り)から異音がするようになってきた(泣)

どうも走りにバイクがついて来られないようだ。


もっとパワーを!


ということでEN125のエンジンを探してみたところ。

BlogPaint























ちょうど良い出物があった!

持ち主は、
BlogPaint























女性の下着が大好きなユ〇プくんである。

BlogPaint
























最近見ていない(文章と画像は関係ありません)

どうやら、最近購入したカプチーノで放浪の旅にでているようだ。

カプチノ





















ということで、

IMG_1647








































ちょっとお借りしてみた。(あ、盗っていませんよ。借りたんです)

なかなか、ええんじゃないかな?

載せてみよう。

IMG_1653























エンジンハンガーの位置もぴったりである。


IMG_1654























ええ感じや!

エンジンも一発でかかった。

早速、運転してみると

す、素晴らしい。


明らかに力強くなったのがわかる。

GS125は10馬力。EN125-2Fは12.5馬力。

単純に一気に20%位はパワーアップしているのだから

あたりまえでつな。



続きを読む