GS125がゆく!

昭和の名車SUZUKI GS125が中国で生産されていて、日本へ輸入されているようです。このバイクの購入からツーリング、メンテナンス等を記事にしています。 最近、珍車カタナ125も入手したので併せて記事にしていきます。

2014年04月

能登キャンプツー計画4

二日目(日曜日)はゆっくり過ごしながら後から来るどらえもんさんを能登島で待つとして

昼間は、砂浜の道路を走りに行ったりする時間は作れるだろう。

問題は三日目の能登制覇計画である。


埼玉からここまで来たらやはり先端の金剛崎は目指したいものである。

しかし、ゆっくりはできないだろう。

翌日、火曜日は埼玉に戻らなくてはならないし、水曜日から仕事である。

火曜日の天気も悪そうなので、月曜日中にある程度、関東に戻ることを考えておかねばならない。


安房峠は通れないので帰りも糸魚川経由になるので遠回りとなってしまうのだ。


そこで、月曜日のうちに糸魚川近辺まで戻れないかと考えたのだ。



糸魚川には、昨年全国ミーで行き損ねた海谷山峡パークキャンプ場がある。
http://www.itoigawa-base.com/leisure/leisure_02_03.html


http://fungb250.exblog.jp/18521194/
(すいません。他人のブログです)

しかも無料ときた!

DIYパパさんの悔しがる姿が目に浮かぶようだ。
(現在パパさんは先日のマグロ食べ放題ツーでマグロの食べすぎで寝込んでいるらしい・・・)


ルートはこんな感じになるだろう

大きな地図で見る 後は天気のみ心配である。

能登半島キャンプツー計画3

ゲホンと言えば龍角散!

下品といえば、へんなおじさん!

どうやら北アルプスの安房峠越えは、冬季閉鎖交通規制がまだ解除されていないようである。


で、ルート変更


大きな地図で見る

すげ~遠回り・・・

でも安房峠まで逝って迂回するよりはいいのかもしれません。

明日の夜血行します。

どうか探さないでください!

能登半島キャンプツー計画2

へんなおじさんだ。

くそーぉ忙しい!(怒)


が、能登半島キャンプツーを実行することにした。

へんなおじさん企画能登半島キャンプツー


ささやかな予定だが

出発 4月25日(金)21:00

移動 約2時間半

玉村キャンプ場で仮眠(テント泊)

大きな地図で見る

4月26日
玉村キャンプ場を朝6時30分に出発

第一チェックポイント
07:30 道の駅 しもにた
ルート国道254号
約34キロ

第二チェックポイント
09:30
国道254と国道152号の分岐点

約70キロ


大きな地図で見る

第三チェックポイント
10:30 松本駅
約35キロ

大きな地図で見る

休憩30分
11:00松本駅出発

第四チェックポイント
ここからは北アルプス越えになるが
国道158号から奥飛騨平湯を目指すことにする。

約60キロ

奥飛騨平湯大滝公園
12:30着予定(山道は時間が読めん!)




大きな地図で見る

第五チェックポイント

富山市ファミリーパーク
約80キロ(おもに下り)
14:30到着予定


大きな地図で見る


初日目的地

能登島向田町オートキャンプ場 米三郎
http://blogs.yahoo.co.jp/aramati73
http://www.youtube.com/watch?v=Y095h9nJK9U

約77キロ
16:30着予定

大きな地図で見る

計画通り行けば良いが、計画通りにいった事はない!(きっぱり)

まあ、なんとかなるだろう。

食糧?全く考えていないので行きながらか到着してから考えよう!
イオンキングンキングに参加しています。
面白いと思ったらクリックお願いします。
ちょっと面白いと思ったらポチっと
下らないと思ったらポチッと
へんなおじさん!と思ったらポチっと
お願いします。   
←ポチ

にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
日本ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
日本ブログ村


年末ジャンボ当たったった。V

もーう、へんなおじさんでげる。

実は黙っていたが年末ジャンボで組違いで1000万が当選したったのだ。


当初は、奥さんに黙っていたが、銀行からの案内でばれてしまった。

しかしそこは強硬に先日、廃車となってしまった車の代わりをと

粘り強く交渉した結果、好きな車を買ってよいという許可を得たので

車を買ってしまった。


当初は何を買おうかさんざん迷った。

昭和の時代のレトロな雰囲気を醸し出す日野ルノーやマツダのミゼットMP3なども

候補にあがった。

しかし状態のいいものがなく、やはりそこは新車でということになった。

もはや家族5人で乗ることもなかろうと年甲斐もなくスポーツタイプの
車のディーラーを見て回っておったのだ。

いつまでもyuapuのカプチーノターボに負けてはおられんからの。
カプチノ



















おじさんが考えたのは、同じ排気量でぶっちぎりたかったので

c1252f82-s
















9cb3dfef-s
















ホンダS660である。

しかしこの車でもあの怪物カプチーノ(推定360馬力)にはかなうまい。

そこで次に考えたのが
9621225312_d4892b267a_k


















お分かりかな?

日産スカイラインGT-Rである。
これなら、(多分)あのカプチーノと勝負に持ち込めるであろう。
9621223538_4dec42c19b_k

















8300286191_e8ab72e28c_o


















ところが、ここにきていやなニュースが

三菱のランエボが生産中止になるとのニュースが発表されたのだ。

そこで情報を集めたところ、どうやらイギリスで40台のランエボ限定車が
発売される事になったようだ。
価格は約800万とのことだが、かろうじて予算範囲である。

フェラーリとかランボルギーニは、億単位なのでとても手が出ない。
しかしこのランエボは、互角の性能を持ちながら、価格は1/10と
お手頃である。

そしてついにおじさんは買ってしまったのだよ。

歴代最強ランエボ
img4_20140327_01231929_1_o


















納車は3か月先、それから日本の車検対応でさらに1か月かかるが仕方あるまい。

8月には、yuapuに勝負を挑むことができるであろう。

待ってろよyuapu

もう今までのおじさんではないぞ

4月1日  記

以上、エイプリルフールネタでございました(爆)




GS125に興味がある人
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

GS125に興味がある人の数

プロフィール

へんなおじさん

QRコード
QRコード