GS125がゆく!

昭和の名車SUZUKI GS125が中国で生産されていて、日本へ輸入されているようです。このバイクの購入からツーリング、メンテナンス等を記事にしています。 最近、珍車カタナ125も入手したので併せて記事にしていきます。

2019年06月

次期バイク購入の願望!

わんわん、へんなおじさんだわん。

本日おじさんは年に一度の人間ドッグを受信しました。


人間のドッグの日の前の日は、夜21時までに夕食を済ませてくださいと言われます。

前日の昼食は13:30~14:30位に済ませていました。

昨夜は、仕事が終わったのが20:30、家に着いたのが22:00前位。
・・・・ダメじゃん。OUT。食べられなかった。
まあ、いつも通りの帰宅なんですけどね。
心の中では明日は人間ドッグだから今日は早めに帰ろうと思っていたんですけど。
その為、夕食はいつもより早い時間になるので、お昼も控えめにしとこう。
とオニギリ2個のみであった。
また、ドックの注意書きには、朝から少量の水以外飲んではいけません!と
明記されているのだが、前日の昼食からおじさんは、ほぼ飲まず食わずでKO寸前。

今日の検診は10:30開始。朝から採血、採便、採尿、情け容赦なくさらに搾り取られていく。

うう、力石徹の気持ちがよくわかる。

で、検診の結果ですが、詳しい数値は大阪G20の関係で詳しくは申し上げられまへんが、
体重は、昨年の暮れを基準にすると6キロ減。
昨年秋からの激務がおじさんの体にボデーブローのようにダメージを与えていたようだ。
他の数値ですが、
視力は裸眼で両方とも1.5です。(老眼はどんどん進行中)
尻圧、いや血圧ですが、上が97、下が68でした。(もうすぐ止まる。きっと止まる。)

血糖値は高めですが、薬で調整できるレベル。
HBA1Cは、前回に比べ、0.7位低くなったのは好材料。
おじさんは、バリウムを飲んで胃の検査をしましたが、終了後に飲まなければならない下剤。
これが、いつ暴発するかもしれん状態だ。

ううむ、これ位元気であれば、まだバイクに乗れそうです。
というわけで、次期バイクの購入に向けての家族総会会議に緊急議案として議長(奥様)に申請をする予定。
というのも、先日の九州下道の旅で、自動車専用道路バイパス(無料区間)を走行できないのは如何なものかと考えさせられたからである。基本は下道メインだが、下道のくせに走行できない区間があると
なんだかなあ。と思ってしまいました。といことで126CC以上のバイクの購入検討に入ろうと思います。
カイジ2
(まあ、いきなり議案が却下されたら買いませんが。。。)
候補は、新車なら
インドネシアYAMAHAの
FZ25
FZAER25
YZFR15

鈴木なら
GSXR150
GSXR250
GSXS150
あたりになると思う。

中古なら、無限に未確定!

続きを読む

GS125リフレッ修理(笑)

DSCF7746前回の記事で、九州遠征で負ったサイクロン号のプチトラブルについて書いたが、注文していたパーツが本日到着したので交換作業を行いました。

今回注文したのは、














タコリング付フォグランプ(2個セット+スイッチ+お守り付)
DSCF7750



















H4ソケット(♀2個セット)
DSCF7751



















シーケンシャルウインカー(4個セット)
DSCF7749
いずれも仮面ライダーアマゾンで注文したが、H4ソケットはどうやら中華品のようで到着まで10日くらいかかりました。
DSCF7752かんたんなところから手を付けたいのでまずはウインカー交換。

おじさんが購入するウインカーですが、最初からついている♂のギボシ端子が海外の規格なのかよくわからんがまず、ギボシを国産品に交換。

新品の写真を見て分かるように、ウインカーを接続するナットは1つにつき1個しか付属していない。
これにワッシャーを咬ませてGF250カウルにそのまま接続してはいかんのだ、

このシーケンシャルウインカーを装着する場合は、同じナットをホームセンターで購入し、カウルの外側と内側にワッシャーを挟んで、さらに内側と外側にナットを装着しなければなりませrん。

内側のナットだけだと、ウインカー本体のラバーの部分が一緒に押し出されてしまうのだ。(一度失敗して学習)










次に、フォグランプに取り掛かる。
切れたのは片側だけであるが、外して気が付いたのだが、どうやら雨が中に入り込んでダメになってしまったようです。
DSCF7755
購入時は、防水をうたっていたのだが、凸形のレンズを留めている周りのシルバーの金具が緩んで中に水が入ったぽいです。















DSCF7756今回、購入したもの(右)と交換したものを比較すると、レンズの大きさは同じだが、レンズの周りにイカリング用のLED部があるので若干大きく見えます。

また、配線も交換前は、+と-の配線のみでしたが、今回はイカの部分の配線が増えていて3本あります。











最後にH4ソケットを交換しました。DSCF7760
購入したソケットには、ギボシが付いていないので、外したソケットと同じようにギボシ端子を付けました。
(Highとlowは♂でアースは♀です。)

しかし、Low側の不点灯は、どうもここじゃなく根が深そうですが、気が付かないふりをします。
とりあえず、Lowが付くようになったのでよしとしましょう。









フォグランプの交換前と交換後です。

DSCF7754DSCF7762DSCF7764
角度は、夜にならないと調整できないので、今日は適当に取り付けて点灯確認までです。

本来は、イカの部分だけ点灯させることもできますが、切り替え用のスイッチやら面倒なので+とイカ配線を共締めしてフォグが付いたらイカ無条件もで点灯としました。
イカだけの点灯なんて見た目が、イカの目見たいになるだけで、前方が明るくなるわけでもなし意味ないので!これでいいと思います。
(じゃあ、イカ仕様のフォグじゃなくてもええじゃないか!と今思いました)

続きを読む

反省

遠征後記
埼玉~滋賀

やっと、遠征記録を書き終えましたが、今回の遠征では、全くトラブルが無かったわけではないのじゃ。

1.まず、埼玉を出発してすぐに、ヘッドライトのLOW側が接触不良で点かなくなってしまった。
ハイビームにするとHigh、Lowとも点灯するので、ライトの角度を下にして調整して凌ぎました。

2.昨年の全ミーの備えて装着したシーケンシャルウインカーの1つが途中からしか点灯しなくなりました。
全くつかない訳ではないので、今回の旅ではそのまま装着して旅を終えた。

3.エンジンガードに装着しているフォグランプの1つがお亡くなりになった。(点かない)

いずれも電装系のトラブルなので、取りあえず代替の同等品を購入して交換予定。
(修理するという事は、未だサイクロン号に頑張ってもらうという事になります。)

出発時から夜間走行で帰るときも真っ暗な夜道を走ったのだが、ヘッドライトをLED、フォグランプを増強したおかげで、雨の夜道も真っ暗な山道もなんとか無事に走行する事ができた。
中華GN系(GN、EN、GS、GZ)のライトはノーマルだと暗いので、夜走る人は最低限ヘッドライトのカスタムは必要だと思います。
昼間とか、街中しか走らない方はいいかもしれませんが、夜間、山道を走る場合は交換必須です。
2日め
それでも、おじさんは、チキンハートなんで、夜の山道は絶対に飛ばさないことにしている。(実話)
良心的なドライバーだけならいいのですが、追い抜き禁止(センターラインが黄色)の区間だとこちらが制限速度で走っていても抜かせろアピールなのか、以上に接近して煽られたりすることがあります。
おじさんは、キャンプ用品満載だし、張り合ってもしょうがないので、夜間、後続車を確認した時点で先行してもらっています。特に今回は路面も濡れて真っ暗な夜道だったのでリスクは、最小限にという思いからです。

反省点。

う~ん、想定通りの雨だったとはいえ、往路長野の通過時の気温が雨も降ったこともあり、気温7℃。
寒さで体がこわばり、想定外に体力を消耗してしまいました。次回同時期に夜間に山道を走る場合は、もう少し厚着で走ろうと思います。
結果的に、復路はGTさんの恩恵で大阪までフェリーで帰還できましたが、自走で想定した復路3日間で、埼玉まで帰還できなかったと思います。
BlogPaint

今回の旅は、エアマットを購入したり、バーナーを購入したり、サイドバッグを購入したりして、キャンプ道具満載で遠征したが、結果的にテントを利用したのは、令和元旦の日だけであった。それはそれで緊急避難として役に立ちましたが、初日は徹夜走行、2日めに1回利用し、3日めはライダーズハウス、4日めはフェリー5日めは、実家。

結局テントを利用したのは、1回だけである。フル装備だと走行も大変だが、備えあれば憂いなし。結果的に役に立ったのだから問題はないと思います。
おじさんは、目的地やルートや宿泊場所なんかは本当に適当です。
目的地→行けるところまで
ルート→基本ナビ任せだが、適当にルートを外れたりして遊ぶ。
宿泊場所→基本キャンプ場か道の駅でテント泊。
今後は、ライダーハウスや最近メンバーで流行っている快活クラブなどのネットカフェも検討していきたいと思います。

でも、往路は、埼玉から山口のライダーハウスレッドSUNまで
復路は、名古屋から埼玉まで基本ぼっち旅であったが、下道は大変ですが、いいこともあります。
IMG_3426

ずぶ濡れでビバークしたコンビニでイートインスペースを解放して頂いたり、
最初の給油で、立ち寄ったスタンドのおじさんが、寒いから暖まって行けとストーブを出して暖まらせてくれたり、
夜間営業しているガソリンスタンドはないか聞いたときに、親切に教えてくれた方や、
給油後、立ちごけしたときに、一緒にバイクを起こしてくれたスタンドのおじさん、走行はぼっちだが、決して一人ではなかったし、一人の力ではたどり着けなかったと思う。




それに、
IMG_3645IMG_3657IMG_3664こんな素晴らしい景色に出会えて、すぐにバイクを停めて写真撮影できるのも下道のいいところだと信じて疑わないおじさんなんですよ。

イオンキングンキングに参加しています。
面白いと思ったらクリックお願いします。
ちょっと面白いと思ったらポチっと
下らないと思ったらポチッと
へんなおじさん!と思ったらポチっと
お願いします。   
←ポチ
にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
日本ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
日本ブログ村


埼玉から九州へ下道の旅(復路編その2)


これまでの動きをちょっとまとめると
4/29日
夕方 岩槻友人と東海メンバー他とBBQ
BlogPaint
19:30 岩槻出発(完徹で西へ)



















IMG_34404/30 念願だった、京都のドライブインダルマで川鉄製うどんそば自販機に42年ぶりに対面。



20:30 道の駅山陰海岸ジオパーク浜坂の郷でのテント野宿(走行758キロ)
(そのまま令和を迎える。この帆の睡眠時間3時間)












IMG_34555/1 朝8時半位に道の駅を出発、その後国道9号をひたすら西へ。途中、ドライブイン日本海他、うどんそば自販機を堪能。(但し富士電機製)

















 20:00 山口県のライダーズハウスレッドSunに到着。(走行約500キロ?)
九州メンバー、近畿メンバー、東海メンバー、関東メンバー(タビコ氏1名)と合流し宴会。
BlogPaint
(東海メンバーGTさんが、大阪までのフェリーの切符をキャンセル待ちから手配してくれた)
















5/2 九州、近畿、東海メンバーと元乃隅神社、角島、毘沙の鼻を回った後、九州に初上陸し、フェリーに乗船、フェリー泊で大阪へ移動。
   (走行120キロ位?この日の睡眠6時間位?)

IMG_3521


IMG_3541DSCF7688DSCF7716IMG_3560


続きを読む

埼玉から九州への下道の旅(復路編その1)

暫く忙しくて放置していたが再会しましょう。

山口に到着した翌朝、元乃隅神社、角島(大橋)、毘沙の鼻を満喫したおじさんは、倶楽部のメンバーとともにさらに西へ向かう。
関門関門トンネルを潜り、なんとおじさんとサイクロン号は未知の国、九州に初上陸。

まさか、原2のサイクロン号で本州から出るなんて購入した時には夢にも思わなんだぞ。
おじさんが、本州4端を制覇したいのは、まさにここに理由がある。
陸続きであるからには、最果ての地まで!行けるなら、逝くまで行こうホトトギスの突撃精神なのだよ。

今回の九州到達は、往路の雨による疲労で体力と気力と髪の毛を奪われた副産物的なGTさんからのサプライズなんです。

本当は、毘沙の鼻に到達したら、泣きながら自走でまた1200キロ以上走って埼玉へ帰らねばならなかった。

九州に渡った後は、関門海峡の横で    で購入したおでん弁当買って横のベンチで食べました。
DSCF7706



















関門海峡、思ったより幅がない!本州と九州ってこれだけしか離れていないのにはびっくりした。
DSCF7709

埼玉を流れる利根川河川敷の方が広い!

しかし、潮の流れが速い。早きこと風の如し!至るところで潮流が渦を巻きながら流れていく。













そして関門橋の下を巨大な船がひっきりなしに通過していく。
(そうだよな、日本海から瀬戸内海や太平洋側に抜ける船は、ほぼここを通過するのだからな!)

DSCF7716



















その後、展望台に上り、関門海峡を上から眺めてその壮大さに改めて感激するおじさんである。

DSCF7727

出来る事なら、この場に無理矢理テントを張り、一晩居座りたかったが、メンバーとともに門司のフェリー埠頭に向かった。


DSCF7734













受付まで時間があったので、フェリーターミナルの中で時間を過ごし、いよいよ乗船!
IMG_3556
九州メンバーさんに見送られながら船に乗り込みました。













九州メンバーの皆さん、最後までお世話になり、有難うございました。
皆様のおかげでレッドサンに到着後、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。
また会える日を楽しみにしています。













フェリー会社の人や見送りの人にも手を振られながら九州を離れます。
慌ただしかったので今度来るときは、まったり過ごしたいと思います。
IMG_3560

今回フェリーを利用するのは、近畿メンバー4名、東海メンバー2名、そしておじさんの合計7名。

フェリーは、車も人も満席である。
意外とフェリーって利用されてるんだぁと考え方を改めました。

乗船後、デッキの横のテーブルで宴会+夕食開始。

サイクロン号とともに移動しながらお酒を飲むのも初めてである。








IMG_3576


今まで散々、フェリーは、ズル!フェリーは邪道!、ライダーは自走するのが義務!自走しないのは、あか~ん!と散々タビコ嬢に豪語してきたが、
この瞬間、「フェリーはOK!」と脳がリセットされました。(今まで利用しなかったおじさんが間違っていました。)

宴会は夜9時位でお開きとなったが、物珍しさから船内やデッキをぶらぶらしましたが、疲れていたので11時位には就寝。





翌朝、大阪メンバーとお別れをしてGT夫妻と一緒に名古屋へ向かいます。おじさんの実家も名古屋なので実家に急遽乱入する事にしました。

大阪を出て暫く走るとゆっきーさん(GTさんの嫁)が『この先がKURAさんの家よ』と教えてくれました。
KURAさんは、倶楽部の大阪メンバーだった人ですが、数年前に病に倒れ帰らぬ人となった。
それ以来、おじさんはKURAさんの写真をステッカーにしてサイクロン号に貼っていつも一緒に走ってきた。
もちろん、今回の山口、九州への旅も一緒である。ご実家の家を通過する時に、心の中で手を合わせてまた一緒に遊ぼうと誓いました。

道はガラガラである。GTさんのルート選択が絶妙~。暫く走って到着したのが、

IMG_3592
四日市牧場である。回りを伊勢茶畑に囲まれた四日市牧場である。(この時点でまだ朝9:30)































ソフトクリーム(☆☆☆☆☆)☆5個の味。
IMG_3594



実家へのお土産を購入して、再度名古屋に向けて出発。






























次に到着したのは、名古屋人のソウルフード、スガキヤ!

肉入りラーメン大盛りで420円というコスパの良さ!(おじさんにとっては、このあたりの価格がラーメンの妥当なお値段だと未だに考えている)
IMG_3603



そして、GT夫妻の家でGTさんが最後に醸造した醤油を頂き、今度は単独で南区から名東区の実家に向かいます。

到着後、シャワーを浴び、バイクを置いて電車で向かったのが












安城、居酒屋さんです。
IMG_3606
ここには既に東海メンバーが出来上がっていました。

















あれ、埼玉を出発する時に見送ってくれた東海メンバーがそこに!それに、今朝一緒に大阪にフェリーで到着したGTさんの姿も!
IMG_3622
実は、29日の夜、埼玉を出るときに3日の夜、一緒にここで飲もうという怪しい約束をしていたのでした。
フェリーを利用していなかったら、今頃まだ大阪にも到着していないと思われます。













そして、大宴会!(途中から記憶無、帰巣本能のみで実家に帰宅。)
翌日はまだ埼玉まで400キロの旅が待っています。

東海メンバーの皆さん、本当にありがとうございます。
行く先々で、倶楽部のメンバーにはお世話に成りっぱなしでした。


イオンキングンキングに参加しています。
面白いと思ったらクリックお願いします。
ちょっと面白いと思ったらポチっと
下らないと思ったらポチッと
へんなおじさん!と思ったらポチっと
お願いします。   
←ポチ
にほんブログ村 バイクブログ 原付2種・ミドルクラスへ
日本ブログ村
にほんブログ村 バイクブログ スズキ(バイク)へ
日本ブログ村


GS125に興味がある人
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

GS125に興味がある人の数

プロフィール

へんなおじさん

QRコード
QRコード