〓適当投資でその日暮らし

投資/日々のひとり言を綴った投資素人のブログ

2007年11月

本土株 押目買いは入るが雰囲気は悪い

上海株

現地証券アナリストとかが下げ止まるのではと言っていた
120日移動平均線、あっさり割れまして
最近流行の前場の小反発で逃げ。
上値の重さに嫌気すると後場は見せ場無しで
節目の4720ポイント目指す展開か・・

それにしても4000ポイント前半まで垂直落下しそうな月足です
11月は後2営業日残すも下げ幅−19.34%となってます。

出来高無く3500から6100まで4ヶ月で上げて
また出来高なく下げ、一突きで6100から4800。





ですが2008年五輪中に株価暴落というシナリオは考えにくく
押目は拾い捲くる計画ですが・・
とにかく指数的にはペトロ(601857)の上証指数への貢献度が非常に高いので
こいつが上げ基調にならない事には何も始まらないようです。



今日はステンレス関連耐えられず損切りして権証利食い
03800420071128

検証は値幅殺人級ですがMAと出来高だけ注視してれば楽勝です

その分で南方航空買い増し
他そのまま




日本株

5日線外れたファストリ利食い、JR東アホールド




香港株

中国国際航空(0753)買い

上海株小反発


上海総合指数は前日節目の5030割れから寄りは下から
朝買い一巡後は5000ポイントの戻り売りに押され4900ポイントまで下落

その120日移動平均線の水準で下げ止まると

前日機関投資家が支えた5000ポイントまで戻す。
前場はそこから下げに転じるが売り叩く向きも無く
後場寄りからは再度上昇基調に戻り、
引け前14時50分には心理的な節目の5000ポイント越え

5030ポイント節目になんとか戻った形で週末。

上証指数 5分足 2007/11/23


ここから出来高をともなって「上か」「下か」ということなんですけども
今日はステンレス関連と重機、通信、紙、食品を押目買いしてます
大型株はまだ怖いんでちょっと買えませんでした。
来週は5080のラインをすんなり越えてくれるとまた雰囲気的に
変わってくるんでしょうが,
上証指数の足を引張ってるペトロチャイナ(601857)の割高感と下げトレンドぽさが
拭えないと、しばらくは弱気相場が続きそうです。


香港株はレノボグループ(0992)利食い
節目といえば節目のような微妙なとこなんですが

上海総合指数は昨日と同じような値動き

上海総合指数は5030ポイント割れ、ここから下値で底堅ければ

上証指数 2007/11/22


大型IPO資金の戻りとか期待した買いも入りそうですが
短期的な需給も悪く出来高は減少(押目では常に出来高減ですが)、
中期的には上昇レンジの底を微妙に割れたので回復には明日底打ち反転とか
相当なパワープレイが必要になりそうなチャートになってます。
さらに下落するとなると投信解約懸念から基金の売りに始まって
上昇相場は一段落しボックス相場に移行するかもしれません。

政策的にも不動産投資抑制策やキャピタルゲイン課税をチラつかせたり
だいぶ靄がかったスッキリせん空気

アジア株下落とか外部要因的にもよろしくないですけど
下値支持線割れてない中小型株の一角を買い持ち越し

今日みたいな安値引けで日足テクニカル売り転換だと
引け際出来高増えてますが、拾うとこもなしで
なんか欧州上げてますが・・ポジ軽いです。



日本株はなんか騙されちゃってそのままです。


香港は週足で買い転換するまで様子見継続
24000ポイントってか今だと24650ポイント付近を探りにいって
どうなるか でしょうか。

アホみたいな上昇相場じゃないと3市場監視は無理

こういう相場ですと上海香港日本同時は能力的に無理っぽいです。
ですからとりあえず読みやすい上海に集中。

上証指数 2007/11/21


上証指数 前場上げてきたところで予定どおり大型株利食い
中小型株もある程度利確

相場を押し上げる材料も無く
相場の流れは、まず下へ小リバで売り抜け陰線引け
となるパターンが多くなってきました弱気相場。

今日は前場の上げでまた5日線付近での攻防も75日線に阻まれる形で落ち
その後ズルズル下げ買い戻しのタイミングも無いまま引け
5050ポイントを再度探りにいく展開か。

香港はシノペック薄利で撤退

日本株はトヨタロスカット。

こりずに日本株買ってみた

突然先物に釣られて拾ってみたんで銘柄は適当一応中期保有したいところですが
ロスカットラインも近く油断できないです。

トヨタ自動車 【東証1部:7203】

ファーストリテイリング 【東証1部:9983】

東日本旅客鉄道 【東証1部:9020】

欧州イマイチの動きだしマタ騙されたのかもしれません。


香港株は日経見てましたんで無視でした。


上海は最近は中小型株でセコセコ売買してたんですが
今日は大型株買ってしまいまして

上証指数 5分足 11/20


指数は出来高減った中でも出来高増えて下げ止まってるんで
上海総合5日線の5330ポイントをブレイクできれば5500まで戻るかも
とかだったんですがキレイに5日線に跳ね返されての引け・・
なんでちょと買ってから後悔した大型株は明日利食いしてしまいそうですが
中小型株は上昇波に乗った銘柄が多いですから
どこまで伸びるか様子見ながら節目で売って買い戻すトレードになりそうです。

今日買い 中国平安と工商銀行、招商銀行
600269 000157 600069買い増し

保有セクターは
銀行 保険 肉 酒 紙 重機 3G

と記録面倒なほど重いので明日下がるとかなり痛いのですが
明日は中国中鉄(780390)IPO申し込み日 4.80元  467500万株
がありますんで前場上げる場面があればある程度利食いしておきたい
というかちょっと買いすぎたか・・・


・・・それと今日は北京の不動産一個売りで
契約はまだですがご両親に買ってあげたいオジサンが
家族総出で見に来ました。
三環路近いのに公園が異常に多い地域ですし病院も大型スーパーも近い
比較的お年寄りに優しい物件。
ここの家賃収入は月3200元 買値30万
売値95万
もう7年も貸せばペイできるし東直門から空港までの地鉄完成まで
売るのは控えようと思ったんですけど

ここの内装ちょっと乱雑で色々不具合があるんです。
カビとかサビとか中国人的には気にならない部分だったり
壁紙などが禿げかかってるとかバスルーム外の木製ドアの下が腐ってきてたり
個人的に嫌なのが周辺汚い人多いんでゴキブリ住宅になってたり
水道水が妙に汚いのと、内装する時内部の劣化具合が特に酷かったので
売ってもいいかな〜〜と、一昨日不動産屋に
「売ってもいいです」と伝えましたら

50歳くらいのオジサンが年取った両親の為95万現金で払うとか
契約まだだけど、北京の不動産はいまだに飛ぶように売れます
北京の不動産屋は口を揃えて「利上げ関係ない」とか言ってるし

過剰流動性おそるべし 資産バブル。

中国上海株とダウナス

昼くらいだったか、NYダウ大幅高で市場心理は好転し
上海総合指数も反発とかニュースで言ってたような

やっぱ関係あるんかアメリカ・・

ポジは最近狙ってたセクターと今日非鉄を少し拾ったんすけど
結局全面高で何でも良かったということになってます。
それでも最近頑張ってた通信は利食いして製紙を買い増し
保険屋と銀行も15分足高値更新買いしてるんで
今日アメリカ空気読んで下げると明日は苦しい展開になってしまいます。

ただダウのチャートを2004年から見ていると急反発して大陽線だった翌日
陽線で終わってることが多く陰線でも下髭ありで大幅下落したことがない(オカルト)
それと上海の方も全体としてテクニカル的に短期で買い、上値を試す
雰囲気になってますので
欧州なんか下げてますが寄りで逃げ場くらいあるかなと、
ちょっと重い買いポジ。


香港の方はここ数日大変だったシノペック救出9日買い玉利食い
中国石油は日足買いくさいですがまだ買い戻さずで他そのまま

レノボグループ(0992) 日足チャート 2007/11/11

今年1月に初買いしたレノボ(0992)

レノボ(0992)日足 11/11


月足トリプルボトム上離れしてから上昇基調になって
約8カ月目でしょうか。
このまま11月下げて終わっちゃうと12月から調整濃厚になるんですが
今の月足で判断するのもアレですしね。

で私だけかもしれませんが下値の支持線と思ってるのが
今ですと6.4HKDあたりなんで、底割れちゃうとサクッと利食いするわけです。

・・・9.20砲杷笋譴訥暁塾呂あっタラな〜とタラレバ
・・とりあえず買値から2倍とか10倍とかが中国株の利食いポイントなんかなと
9砲虜△隆泙澑廚里海箸亘困譴泙后。


NYダウげろ下げてるし相場は弱含みっぽいんで
中国石化とか捌いた(もしくは損切り)後、来週「強ければ」買う銘柄は
ハイアール(1169) 吉利汽車(0175) 莎莎国際(0178)あたりの薄い銘柄か


0175は上昇しだしてから週足のMA60から初落ちなんで
こっから下げ基調になってもおかしくないチャートになってまして
注意したいとこなんですが

吉利汽車(0175)週足 11/11


7週間 調整してMA60まで戻ってるわけで
来週強いと、このMA5とMA10がゴールデンクロスして
短期上昇トレンド復帰する可能性もあり。
25日線を短期的な下値の目安に日足MA60越えとかで買って
上は日足MA120の1.15砲妊侫.鵐静に変化が見られなければ利食いか

などと外寒いし暇なんで捕らぬ狸の皮算用。

しかしながら個人的にはハイアールとかレノボ、ジーリーなんかの
商品はイマイチ買う気にならないです。
いや、絶対に買わないんですが
だがそこがいい・・のかな?

デザインとか変だし機能性や質感も悪いし、総じてすぐ壊れると
でもその分、未来に期待できるかなっていうイカにも素人の考えなんですが
株買えば馬鹿でも儲かる相場中は、ま、そんな感じで大丈夫でしょう。?

中国石化 日足チャート 11/9


ガソリン値上げ報道が過熱してるのと石油関連に人集まってたんで
朝から中国石油(601857)よりは割安な

シノペックに粘着してました。

上海 中国石化(600028)前場数回に分けて買い

香港の中国石化(0386)買い戻し

中国石化(600028)(0386) 日足 2007/11/9


他 製紙株売りギンコ保険屋利食いで指数無関係の通信買戻し
個人的にアメ下げ香港下げ織り込んだポジなんで軽め

あと香港はペトロ買い戻すくらいしかすることないし
月曜はまたつい持ち越しちゃった中国石化に粘着してます。
アメリカ節目だしもうちょっと頑張れるんではとか思ったんですが
甘かったようでダウマイナス137ドルと、下げてます。

日本時間0:43

空気読んで暴落する上海には失望した

「今日(8日)何故こんなに上海株が下がったのか理由がわかりません」
みたいなこと言ってる株式ニュースのキャスターにも失望した
北京時間0:19 

ダウ下げ渋ってます。たしかに13200ドル付近は弱い支えがあるようですが
テクニカルまだ弱いし普通ここは13100付近目指す展開になりそうなんですが
今日に限っては最近ダウは大陰線の翌日 陽線で引けること多いような・・
とオカルト。



日経225指数もここ数年はこうなっちゃうと次週も下値を試す展開に
なってることが殆んどなのと
過去にバブル終了のお知らせを告げたのが「月足MA20割れ」だったんですが
また割れてるんで気になります。
まだ節目の域ですがこのMA20で保ち合いで下離れ
下落して反発もMA20越えられず下げトレンド入りというのが日経の歴史。
で今回割れたのが8月ですからだいたい4ヶ月間フラフラMA20線付近で
調整してるわけです、が今までの日経ですと 上げ相場 でなければ
この形になると、数ヶ月間の調整入りしていたわけなんですが
今回はどうなるのでしょうか。

とにかく今だと16700辺りの線を越えたら買いで
このまま落ちていったら
14500とか15000あたりで拾ってみようかなと思います。



香港のハンセン指数は日で見ると押目っぽいですが
週足MA120とやっぱり乖離しすぎててテクニカル指標では調整色濃厚
緩々と24000くらいまでは押しても不思議ではないチャートです。

とかチャート眺めていたらダウ暴落
13100目指すというか到達なんですが
今日ですと日足MA250は13050あたりなのと
7月から9月にかけて日足でトリプルボトムした下値の目安が
13000から13100付近なんでここら辺は節目として機能するかもしれません。
ただ13000割れたりすると12500も射程内なんですが。。

とにかく短期トレードが下手糞でファンダ分析ができないスインガー的には
中国株本格買いはまた春節前くらいにしておきたいので
調整できる時にしっかり調整して
上なのか下なのか方向性を出してほしいところ


日本時間3:21

上海株 今日買った個人は皆含損な相場

上海株

前場 銀行利食い他損切り 中小型も利食いとか損切りとか
逃げ遅れもあって今日はマイナス。

今日は不穏な報道もあってズルズル下げる展開
特筆すべきは後場14時40分頃、 機関投資家のロスカットっぽい売り(投げ?)を確認も
ついつい引け間際におもわず製紙関連と銀行、保険屋を再度拾ってしまう。
多少の損は覚悟した買いなんで控えめです・・

あとは感覚的ものですが先週くらいから本土株も微妙にアメリカに
反応しているような気がするので今日アメリカ下げて
上海総合指数が明日5300ポイント割れたりすると様子見モードになりそうです。


香港株

初っ端から支持線割れてきた7日買い銘柄を損切り
他変わらず。
ペトロ下の買戻しは毎度のタイミングで
レノボは支持線割れである程度リカクしときます。

上証指数5500ポイント底堅さから市場心理好転も・・


指数は5500から急反発
中国工商ギンコ(601398)や中国石油(601857)が反騰しだしたのと

中国石油A(601857) 15分足 11/5,6,7
中国石油(601857) 15分足3日分

前回底の5500ポイントを割れなかったことでとりあえず将来的な懸念は後回しにして
上げれる時に上げとけ的な買いが入ったんだと思います。


上海株 今日の利食いは前場の不穏な上げ後
買いは後場、機関投資家の買い戻しを確認した14時半頃



上海A シンセンA

工商銀行(601398)押目買いして
中国平安(601318)打診買い

晨鳴製紙(000488)
銀鴿投資(600069)
リグって買い増し

蘇常柴A(000570)オシム買い

上海申通地鉄(600834)買い

食品、通信セクター利食いと損切り


香港株は、中国石化(0386) 海爾電器(1169)買い
レノボとササはそのまま ぺトロ利食い値に戻れば買い戻し
中国銀行は余力の関係で買えず、吉利汽車も買いシグナルついてますが見送るはめに


日本株は買えば下がる売れば上がると下手クソすぎなんでやっぱりお休みします

上海株 中国石油 (601857)


中国本土市場 ペトロチャイナ上場 寄り付き48元(公募16.7元)
開始1〜2分間の48.61元〜46.05元にかなり叩き売って
その後14時までジリ下げて41.71元
そこから反騰終値は43.96元でした。中の人はかなり大変そうなんで不参加。

中国石油(601857)初日5分足 寄りから5分後〜

中国石油(601857)初日5分足 寄りから5分後


今日は大型株がゲロ下げてますが中小型株はかなりの確立で上に噴いてるんで
需給面の懸念で下げたというよりも単純に指数インパクトある銘柄が調整してる感じです。
監視銘柄の内需関連というか食品、通信、紙銘柄なんかはだいたい堅調でして
押し目買いしたぐらいなんですが、大型株は終日 N中国石油(601857)に
振り回されてる様子でした。
ただ今日は大型のポジが重くなければむしろプラスになってるはずですから
指数ほど個人投資家には被害が少ない日だったと思います。


日本株は東1銘柄損切りして

香港も大型は逃げ場である程度利食い、逃がしときました。


明日以降大きく下振れるようですと中小型株も利食い優勢の流れになりそうなんで
特に上海の方は注視してみます。

久しぶりにNYダウ週足を妥協しつつ安易に眺めてみた。

とりあえず2005年7月から2007年11月一週で

上げてれば下がるのはチャートの常で、ダウも10月中旬の下落から
テクニカルで売り優勢になっています。
短期的に見て浮き沈みはありますが所謂調整中というやつでしょうか・・

DJ週足 2005/7〜2007/11/4


指数はMA20移動平均線を下値の節目に推移しているようですが
この狭い期間(2005〜2007)に限ってはこの水準から上に振れても結局は底割れて
MA60を目指して下振れる展開になっています。
ぱっと見MA120から乖離しすぎてるようなのでここは2005年の様な調整入りと
予想するのが無難かもしれませんが、アメリカですからね・・

それにまだ上昇波動を抜けてもいませんから
今は売り優勢のシグナルよりも買い優勢になった時どれだけ買えるか
どこで反発するかが問題であって、買いで儲かる相場が終わったところから
売り方になってもいいのではないかと思ってます。
ですが来週は短期的にみて今までのアメならここで何週か調整するはずなんで
買いポジをとりあえず逃げ場で逃がして様子見。かな



そういえば中国の某経済紙で緑の人がでてまして

Greenspan 全球商業経典記事


その中で中国のバブルは突然崩壊するとかいうような事が書いてあったと思います。
バブル崩壊なるとチャンス到来、指数先物取引売り建てで
おいしいということになりますが
どの様なシステムなのかまだ正式に発表されていません。

おそらく何かしら個人投資家不利な制約があるでしょうけど


騰訊控股(0700)
チャイナユニコム(0762) 
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ