事業所の所在地、名称(個人事業であるときは事業主の氏名)に変更または訂正がある場合に、都度本届出を提出する必要があります。

○提出先…事業所を管轄する年金事務所または健康保険組合
※管轄が変わる場合は、変更前の所在地を管轄する社会保険事務所に提出します。
○提出期限…変更があった日から5日以内
○添付書類…[1]:登記簿謄本 [2]:全員分の健康保険被保険者証


<注意点>
[1] 所在地変更で現在の管轄年金事務所とは別の年金事務所の管轄地域へ移転する場合、管轄内移転とは異なる様式を使用することになるので注意が必要です。(下記様式ダウンロードでは、両様式を用意してあります)

[2] 事業所の名称または所在地が変わると、被保険者証に記載される名称または所在地も変更が必要なため、被扶養者分も含めたすべての被保険者の被保険者証を回収して年金事務所に返却しなければなりません。管轄外への移転の場合は、先に移転前の年金事務所へ本様式のみを提出して、後日変更後の年金事務所から連絡があり次第、被保険者証を提出し、新被保険者証の交付を受けます。

様式はこちらから → または



<ポイント>
名称のみ変更した場合は「名称」の文字を、所在地のみを変更した場合は「所在地」の文字を、名称と所在地の両方を変更した場合は「所在地」と「名称」の両方の文字を〇で囲みます。