最近あずきバーのモース硬度が9という話題をよく目にします。

これは弊社が行った実験
が誤解を招いていると思うのでここで訂正しておきます。

たぶん上記の実験で

あずきバーはサファイアの硬度を超えた!(※実験では測定不能でした
       ↓
サファイアのモース硬度は9
       ↓
あずきバーはサファイアの硬度と同等以上なのであずきバーのモース硬度も9

といった誤った論理展開がなされてしまったと推測します。


そもそも、下記リンクでも説明しているようにロックウェル硬さとモース硬度は全く別物なのです。




ロックウェル硬さとは硬度を測りたいものに荷重をかけ、できた窪みの深さを読み取るのに対し、


モース硬度とは”あるものでひっかいたときの傷のつきにくさ”を表しています。

したがってロックウェル硬さとモース硬度は全く別の指標です。


また、硬いからと言って壊れにくい・割れにくいというわけでありません。

最高でHRC67にもなるZDP-189は鋭い切れ味の持続が利点ですが、衝撃に弱く刃欠けしやすいです。

ダイヤモンドがハンマーでたたくと割れるのは有名ですね。

色々な尺度については
 でも説明してあります。


とりあえず、あずきバーのモース硬度が知りたければ
冷凍庫から出したばかりのキンキンに冷えたあずきバーを爪でひっかいてみてください。

ひっかき傷ができればモース硬度2以下となります。注:その際にあまり圧をかけると溶ける可能性があります

参考:人間の爪 モース硬度2.5
           


ちなみにモース硬度9のサファイアとモース硬度10のダイヤモンドの差は大きいことが知られています。


なんか某漫画の魔界編で、勢力のトップとNO.2の実力には天と地の差があるという話を思い出しました。


あずきバー『近いうちにNO.2は入れ替わるだろう』


冷凍庫『硬度UP!硬度UP!硬度UP!』

サファイア『ぐぬぬ・・・』
サファイア『あんまんを人質に取った!』

あずきバー『切り札は先に見せるな』

ダイヤモンド『見せるならさらに奥の手を持て・・・か』

サファイア『 』


とかいう少年誌的妄想をまたしてしまいました。







あずきバーのモース硬度はキミ自身の目で確かめてくれ!




おわり


【宝石クラスタの皆さんへ】
ナイフも美しくて綺麗なものがたくさんあります。是非ナイフの世界にもお越し下さい!

浮紋-UKIMON-シリーズ
浮紋ダマスカス赤富士
浮紋ダマスカス雪の金閣寺
浮紋ダマスカス波③

アイダT&B VG-10 アバロンロード
アイダT&Bアバロンロード①

ジェントルマンナイフ  グラスファイバー
ジェントルマンナイフ①

他にも美しいカッコいいナイフをたくさん販売しております


【ジビエ料理ファン、ゴールデンカムイに出てくるジビエ飯好きの皆さんへ】

男の手料理シリーズもよろしくお願いします!





【捌き系男子捌き系の女子の皆さんへ】

ジー・サカイのサビナイフシリーズは錆びに強く海での使用に適しています。
包丁もお勧めですよ!

釣った魚を家庭で美味しく食べるためのナイフ
サビナイフ9 シャークレイ

魚を捌きたい人必見の捌き系YouTuberきまぐれクックさんに弊社の包丁を紹介していただきました




ランキング参加中!クリックよろしくお願いいたします。




ダマスカス模様が美しいナイフメーカーのオススメ包丁

 空三徳ダマスカス500
ダマスカスの模様がとても神秘的で料理が楽しくなります。
贈答用にとても喜ばれます。


鋭い切れ味!超硬質鋼のATS-34を使用!クッキングATS 牛刀包丁

ATS牛刀①