2009年07月07日

ノア新社長に田上

 プロレスリング・ノアは6日、東京都江東区の事務所で臨時株主総会と役員会を開き、前社長だった三沢光晴さん(享年46歳)の急逝に伴う新役員人事を決定した。新たな代表取締役社長には、田上明(48)が就任。副社長には小橋建太(42)と丸藤正道(29)が、取締役選手会長に森嶋猛(30)が就くなど、現役選手中心の新体制で再出発することとなった。

 田上は生前の三沢さんから次期社長就任を打診されており、三沢さんの真由美夫人(42)からも先日、社長就任についての電話があったという。「大変びっくりしています。自分としては社長なんて器ではないと思っていた」としながらも「生前の三沢さんからも選手からも(次期社長にと)言われていたので、それならば、と決意した」と話した。

 今後はプロレス統一コミッション設立へ向けた他団体との協調など課題は多いが「三沢さんのつくってきたものを引き継ぎ、一丸となって盛り上げたい」と意欲を見せた。


 ノアの新社長に田上選手が就任したとのことです。選手兼社長であるなら第一線を退いた田上選手ならピッタリだと思う。社長やりつつ第一線で戦うのはキツいでしょうから。ただのんびりした「いいおじさん」のイメージなので切れ者の補佐がつくのかな?

 ただ丸藤選手の副社長就任はビックリしました!

gsf1252 at 13:26│