更新日:2019/1/17
DSC_2711


DSC_2703


 江戸切子をベゼルに使用したオシアナスOCW-S4000C-1AJFを連れて東京・銀座に行ってきました。
 テレビや雑誌で有名な銀座のことは知っていたのですが、行ったことはありませんでした。今回東京に旅行に行くにあたり、歌舞伎を見ること、時計に所縁のある所に行くことがテーマでしたので、地名としては銀座となり、行ってきました。

 ホテルを朝早い時間に出て、まずは歌舞伎座の下見です。

DSC02276
DSC02278


 歌舞伎は、昼の部、夜の部があり、それぞれ3〜4演目あります。通常の席は指定席ですが、当日券でひとつの演目のみ見るために「一幕見席」があります。この入り口から入ることができます。

DSC02281


 「一幕見席」のチケットは朝10時半の発売にならんで買うことができますが、いまの演目がどのような当日客の状況なのかをきくために、開店準備途中の係員さんに聞くと、そんなに人気がある演目ではないので、買うことはできるが2演目以上見るのであれば指定席の当日券の方が楽しめるとのことでした。

 10時半まで時間があり、周辺を散歩して時間を潰すことにしましたが、その日は今年一番の冷え込みを記録して、雪もちらつき始めました。そこで、金額は張ってしまいますが、思い切って当日券を買って半日歌舞伎を見ていこうと思いました。本来は歌舞伎を見た後、じっくり銀座界隈の時計店を見て、そのあと日本橋でお土産買おうと計画していましたが、路線変更しました。一人旅は気楽です。

 そして、ネットで無事にチケットをゲットしました。ちなみに歌舞伎座近くの新橋演舞場では本日、13代目市川團十郎を襲名することが決まった市川海老蔵が主演の公演でしたが、そちらは完売。この先もずっと完売でした。さすがの人気です。

 開場が迫り歌舞伎座の前に行くと、着物姿の女性客を中心に大賑わいでした。昼をまたぐ公演なので、昼食を買っておこうとお弁当を探しましたが行列の上、お高い…。チケットも高かったのでパンにしました。

DSC_2713
DSC_2714


 お客さんはとにかく着物の女性や上品な洋服を着ている人ばかりでした。歌舞伎を着ることも想定して、ジャケットスタイルにしていてほんと良かったと感じました。

 10時半から午後3時半までたっぷりと4演目楽しみました。
 中村芝翫・福之助親子、中村福助、中村七之助、中村白鸚・松本幸四郎親子など、見事な歌舞伎を見せてくれました。

歌舞伎座

 日本の演劇界の最高に位置する歌舞伎座は、とても居心地がよく、歌舞伎を楽しむことだけを優先した最高の劇場でした。豪華絢爛な衣装、威勢のいい声や気迫は言葉がないほど素晴らしく、まさに日本文化のど真ん中を感じて感無量の時間でした。

25〜35%OFFのG-SHOCKをチェック@Amazon

 そして歌舞伎座の後は、セイコードリームスクエア、ギンザシックスのシチズンフラッグシップストア、G-SHOCKストア銀座などをみてまわり、各メーカーのハイエンドモデルを見て回ることができました。

DSC_2703
DSC_2707
DSC_2708
DSC_2711
DSC_2712
DSC02285
DSC_2730
↑三越のテラスから和光時計塔

 銀座界隈のショップは、直営店が多いこともあり、店員さんも説明がうまく上品でした。同じ時計もとても新鮮な気持ちで見ることができました。

 夕方になって、身なりの綺麗な人たちが多く、雪がちらついていましたがたくさんの人出でした。

 夕食は三越銀座11階の「鰻ひつまぶし 備長」のひつまぶしです。今回の東京旅行の食べ物については、別途記事にする予定です。

DSC_2728
DSC_2727


 今回、江戸のど真ん中のひとつである銀座に江戸切子オシアナスと乗り込んできました。
 時計的には、とても濃厚なところで、特にセイコーについては聖地だと感じました。いままで時計を好きで追ってきた者としてはとても感慨深く貴重な体験でした。もし、この先グランドセイコーを買おうと検討する場合は、まずは銀座に行って考えを膨らますことが、最高の時計選びになるだろうと思います。












↑江戸切子オシアナス。いま入手可能のはこのブログのモデルの後継モデルOCW-S4000D-1AJF。

↓いま人気のレビューはこちら
本気レビュー「GW-M5610-1BJF」 : great G-SHOCK world
本気レビュー「GWF-1035F-1JR」 : great G-SHOCK world
本気レビュー「DW-5900BB-1JF」 : great G-SHOCK world
本気レビュー「GBA-800-1AJF」 : great G-SHOCK world
本気レビュー「OCW-S4000C-1AJF」 : great G-SHOCK world
本気レビュー「GMW-B5000-1JF」 : great G-SHOCK world

↓フォローお願いします!


Instagram

↓対衝撃クリック!一日一回クリックお願いします!
banner
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ