GPW-2000-1A2_l

出典:https://products.g-shock.jp/_detail/GPW-2000-1A2/

 2017年の3月、高機能G-SHOCKの代名詞ともいうべきグラビティマスターの最新モデルとして登場したのが、GPW-2000でした。いまのG-SHOCKでは当たり前となったスマートフォンリンクを高機能モデルでは最初に導入したモデルであり、GPS受信機能も搭載した世界的に見てもトップクラスの機能を持ったG-SHOCKです。
 そんなGPW-2000ですが、先日登場になった後継モデルGWR-B1000の登場した現在は、ブルーベゼルのGPW-2000-1A2JFのみが継続生産という状況になっています。

↓関連記事
バーゼルワールド2019!名品のMR-G赤備えに似てる!贅沢カーボンとワイルド高級感!グラビティマスターのバーゼルスペシャルモデルはGWR-B1000X! #BASELWORLD2019

 GPW-2000は先代のGPW-1000から受け継いだ航空機の計器を思わせる文字盤表記とカッコよく、精緻な動きを見せる秒針との相性は抜群です。乗り物好きの人にはたまんないG-SHOCKです。

 
 最近のG-SHOCKの型番はスマートフォンリンクの機能がある場合で、且つ既存のカテゴリーから登場する場合は、数字部分の最初に”B”が入ってい来るのは決まりになっています。GWR-B1000、MTG-B1000、GST-B100などです。しかし、GPW-2000はその決まり前に登場したこともあり、Bの文字はありません。スマートフォンリンク導入時期の名残です。

 GPW-2000は、2017年11月発売の35周年記念モデル、GPW-2000TFB-1AJRも含めて、4モデルのみの発売にとどまりました。
 この数字はG-SHOCKにしてはかなり少ないですが、最新モデルGWR-B1000への”中継ぎピッチャー”と評価ではなく、堂々とした最高機能を持ったG-SHOCKというモデルです。

 そんなGPW-2000は、ブルー以外は店頭に出ている在庫のみとなります。35周年モデルはもう完売となっていますが、その他のブラック、GPW-2000-1AJFとオリーブカラー、GPW-2000-3AJFの2モデルはまだ入手可能です。

 気になっている方は早めにチェックが必要です。

↓ブラックを纏い、かなりハードなテイストに。ストイックさが強い。


↓オリーブカラー、バンドは表裏2色。ミリタリー的なゴリゴリ感。男らしさ満載。


↓登録お願いします!




Instagram