今はアウトドアなレジャーを楽しむには最高の季節です。
 アウトドアに最高なG-SHOCKを着けて家族でキャンプに行って、帰りに日帰り温泉を楽しむ方も多いと思います。でも、注意が必要です。

DSC_2871
 その注意すべき場面は温泉に入る時です。

DSC_2861


《AmazonでコラボG-SHOCKをチェック》

 G-SHOCKは防水機能に優れ、中にはフロッグマンのようにダイバーズ時計の機能を持っているモデルもあります。なので、屋外で使っていて少々の雨であったり、仕事中に水に濡れてしまうなどのケースでは全く問題なく使用できます。しかし、温泉に入るは必ずG-SHOCKを外していただきたいと思います。

DSC_2239
DSC_2225
35周年記念モデルのマグマオーシャンフロッグマン。ダイバーズ時計。ベゼルと裏蓋にはステンレスが使用され黒く輝く。



 それは、温泉に含まれている様々な化学物質がウレタンや金属に悪影響を及ぼすからです。

アナログG-SHOCK@Yahoo!ショッピング
 
 まずは、ウレタンに硫黄物質などの臭いが染みついてしまう可能性があります。
 そして何より大きいのは、裏蓋やベゼル、ボタンに使用されているステンレスが少なからず腐食してしまい、防水機能が低下することです。
 もちろん、一度や二度の使用でいきなり防水機能がなくなるということはありませんが、繰り返しつかっていくと間違いなく防水機能は低下していきます。

 温泉環境はG-SHOCKにとっては過酷なところです。
 お気に入りのG-SHOCK、温泉に入る時は外して大切にしてあげましょう。

↓関連記事
アウトドアでG-SHOCK大活躍!注意すべきこと"BBQ・潮干狩り"編
G-SHOCKのようなスマートフォン「TORQUE G04」がauから登場!
カテゴリ:GGW TRIP←G-SHOCKを連れて旅に。

↓登録お願いします!




Instagram


↓対衝撃クリック!一日一回クリックお願いします!
banner
にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ