更新日:2019/9/11
 様々なところで話題になっているカモフラチタン銀メタG-SHOCK、型番GMW-B5000TCM。情報が出てきました。
20190909b5000tcm
出典:instazu.com

 ケースはIP(イオン化した金属を被加工物に蒸着させる表面処理)加工とDLC(ダイヤモンドライクカーボン)加工が施されたカモフラです。少し荒い画像なのでわかりづらいですが、確かにカモフラデザインです。
 文字盤の右上には”TITANIUM”の文字が認められます。液晶はカモフラと相性がいい反転液晶です。もちろん、サファイアガラス風防です。

 価格は17万5000円税抜きです。

いま人気のG-SHOCK@Yahoo!ショッピング

 個人的に感じるのは、このモデルのカモフラデザインが魅せるイメージは、明らかに今までにない躍動感を感じます。
 カモフラの具合が、ミリタリー調というよりはアフリカで生き生きと生活してるハイエナや水牛の持っている肌のデザインを感じさせますし、荒らしく生きていくなみなみと溢れる生命感が伝わってきます。

《AmazonでコラボG-SHOCKをチェック》

 いやー、G-SHOCKの挑戦は徹底しています。お見事の一言です。

 発売は12月の可能性が高いです。

↓関連記事









↓ベースモデルは35周年の去年大ヒット。