great G-SHOCK world

G-SHOCKは人生をタフにする!

35周年



35周年記念ディズニーG-SHOCKが、キャンセル分再販決定!!!553個!2019年2月26日(火)午前9:30発売開始!ディズニーランド入場とアプリが条件!

disney0207

出典:東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”数量限定アイテム|東京ディズニーリゾート続きを読む

神戸ポートタワー!消防隊員による駆け上がり公開訓練開催!スタンプラリーで神戸市消防局G-SHOCKが抽選で当たる!

更新日:2019/1/8
20181130911801-5-001

出典:神戸市:消防隊員によるポートタワー駆け上がり公開訓練を開催します!
続きを読む

35周年を回顧:G-SHOCKを覆すG-SHOCK。GMW-B5000。

更新日:2018/12/30
 G-SHOCK35周年の2018年に発売されたG-SHOCKで、もっともインパクトをもたらしたモデルがあります。それはもちろんGMW-B5000です。

DSC02249
続きを読む

35周年を回顧:“売り切れない”フロッグマンは吉報か残念な事実か。

DSC_2350


 35周年などの記念イヤーには、大量に限定モデルが投入されファンは狂喜乱舞します。発売日の朝に開店前の時計店にならんだり、深夜0時前にPCやスマホを準備して日付けが変わると同時に目当てのモデルをカートに入れるのです。
 準備しているときのドキドキと、うまくゲットした時の喜びはたまらないものがあります。個人的には、今回の復刻スティングをスムーズに入手できたとき、ここ5年で最高の雄たけびをあげたと思います。G-SHOCKあるあるのひとつです。

 
続きを読む

35周年を回顧:復刻モデルにグッと来た。

更新日:2018/12/20
 G-SHOCK35周年が通り過ぎようとしています。

DSC_2345


続きを読む

G-SHOCK的に木梨憲武さんから目が離せない!

8da7c28179f01ae2912a7645bc1e8802

出典:https://www.tbsradio.jp/kinashi/

 とんねるずの木梨憲武さんは、ご実家の自転車屋さん「木梨サイクル」の名前でブランド展開しています。シンプルながらもさりげない主張を持ったブランドとして確立しています。私のブログでも取り上げたことがありますが、コラボG-SHOCKを今までに5型発売し、そしてそのどれもが発売後すぐに完売となる人気です。
続きを読む

2019年1月発売!七福神G-SHOCK。大黒天モデルのベースは”体格のいい”大人気モデルのミルスペックのGXW-56!型式GX-56SLG-1JR!

更新日:2018/12/27
 いやー、この記事を書くこと自体が縁起がいいです。

 G-SHOCKには”スリム”なモデル、”体格のいい”モデルなど様々なモデルがあります。その種類の多さもG-SHOCKの愛される理由です。
 
 35周年の一つのプロジェクトとして展開されている七福神G-SHOCK。その第四弾大黒天モデルが発表されました。そのベースモデルはG-SHOCK史上最強にマッスルで”体格のいい”GXW-56です。
 型式はGX-56SLG-1JRです。

1123

出典:https://g-shock.jp/products/slg/daikokuten/続きを読む

G-SHOCK × トランスフォーマー!12/8発売!タカラトミー公式で11/19から抽選応募開始。日本ブランドの最高コラボ!これが35周年のラスボスなのか?ムービーがヤバイって!!!

更新日:2018/11/30
scene02
出典:【抽選販売】G-SHOCK × TRANSFORMERS マスターオプティマスプライム レゾナントモード(G-SHOCKセット):

DW-6900TF-SET@カシオ公式オンラインショップ「e-casio」
DW−6900TF−SET@楽天市場

DW-6900TF-SET`@Amazon
DW-6900TF-SET@ビックカメラ.com
icon
※リンク先、発売前の可能性あり※

 G-SHOCKは常に挑戦し続けるブランドです。そしてトランスフォーマーは正義を諦めない戦士です。その双方がなんと35周年。同じ時間違う場所で戦ってきた両者。今までのコラボの次元を踏み越えた融合が生まれました。

続きを読む

本気レビュー「DW-5900BB-1JF」

更新日:2018/11/12
 1992年のオリジナルの登場から26年の時を経て復刻したDW-5900。そのブラックアウトバージョンです。

DSC01836

続きを読む

文春の時計特集。「マグマオーシャン レンジマン GPR-B1000TF-1JR」がしんがり。

更新日:2018/11/4
_20181103_143353
写真:週刊文春11月8日号とノーマルのレンジマン

 週刊文春は、過激な記事だけではありません。基本は凄まじい取材力を駆使して、世相や、世の中で全く知られていない問題を世に曝け出す力を持つ雑誌でもあります。ネットにはない説得力と信頼性は、今もなお強い魅力の一つです。続きを読む

読者登録
LINE読者登録QRコード
LINEモバイル

記事検索
カテゴリ
メールはこちら
ggw@ggw.jpn.org
当ブログはamazonアソシエイト等のアフィリエイトを利用しています。