野山ひろあきの日常

野山ひろあき氏からベンチャー企業の成功例を学ぼうと、ブログやウェブで勉強しております。野山ひろあき氏といえば、やはりインターネットを使用したマーケティング等から、一気に年商で1億を超える企業を立ち上げた事で時の人となり、ベンチャー企業の立ち上げを考えられている人には、欠かせられない人物と成功例といえるのではないでしょうか。

野山ひろあき氏の経歴を見れば、それまでしてきた事に関係なく、時勢や環境からこれからの時代に何が必要で、その必要な事に今入り込める余地があるか、または新しい方法を見いだして、それを活かせられるかというアイディアや行動力から成功するチャンスはいくらでもある世の中であると勇気付けられます。

特にインターネットを利用したものについては、それこそ人間の代わりを1日24時間任せられる業務もあるので人件費や場所といった費用面についても、やり方や考え方によってはかなりの削減も見込めます。
何れにせよ、成功例から学ぶのは為になりますね。

0c54afed47cf81fdb1e95de9c6628c71_s


すでに大手の企業が行っているサービスなので、似たようなサービスを開始しても、誰も利用者を増やす事ができないと思い込んでいる人も多いです。
そんな思い込みを持たずに起業をしたベンチャー企業は、既存のサービスに似た機能を持っていながらも、対象となるユーザーを絞り込む事で成功を収めています。

オークションサイトの運営で成功を収めたベンチャー企業は、既存のオークションサイトとは違い、パソコン向けでなくスマートフォン向けにサービス対象を絞り込みました。
出品されている商品の探しやすさや、通信環境が悪い状態でも商品一覧を瞬時に表示できる工夫など、スマートフォンユーザーにとって快適な環境を作り上げています。

快適にオークションを楽しめるというだけで、既存のオークションサイトのユーザーを奪う事に成功しました。
サービスの利用者の立場になって考えれば、大手企業に負けないサービスをベンチャー企業が作る事もできると考えてください。

まだ起業したばかりのベンチャー企業であるにもかかわらず、いきなり新聞広告やテレビCMを使って、企業の知名度を上げようとするところも多いです。
しかしテレビCMを利用するには多くのコストが必要になりますから、リスクを避けるためにもWeb広告を活用する事を考えてみてください。

近年ではパソコンだけでなくスマートフォンの所有者も増えているために、Web広告の宣伝効果が大きく向上していながら、宣伝費は安いままというのがWeb広告の魅力の一つです。
オンラインストレージなどのインターネットに関係する事業を行う、ベンチャー企業にとってもWeb広告は切り離せないものになっています。

Web広告の制作をサポートしてくれる企業であれば、機械操作が苦手というユーザー相手にも、サービスの内容を分かりやすく伝えてくれます。
初心者向けのオンラインストレージサービスというイメージを作る事で、ライトユーザーを多く獲得するチャンスを掴む事も夢ではありません。

このページのトップヘ