野山ひろあきの日常

現在は、インターネットを利用したIT企業が増えてきていますが、その中でも現在インターネット広告収入で大きな成果を上げている、野山ひろあきさんという方についてご紹介します。

野山ひろあきさんは、特にインターネットの経験も知識もない中、新しい事業を開始したいと考えて、a-works株式会社というIT企業を立ち上げました。各種事業を手掛けて、現在安定して大きな収益を上げています。

インターネットによる広告収入で収益を上げるために重要なこととして、市場が求めているものが何か、常にアンテナを張ることだといいます。また、一般大衆全体的に評価されるような内容でなくても、ある特定のターゲットに絞った広告も効果があるといわれています。特定のターゲットに絞った、ある種マニア的な内容の広告の方が、その分野を求めているユーザーの目に留まりやすくなるためです。

現在も新しい事業に積極的に飛び込み、今後の発展が期待されています。

N695_kuroittableniokaretaipad_TP_V

日本は長い間大企業振興が根強く、今でも学生の就職希望の人気ランキングでは上位には大企業が名前を連ねます。確かに大企業は企業規模が大きいので、多少の負債を抱えたとしてもすぐには倒産をすることはないかもしれませんが、会社の組織が大きくなると会社のしがらみも大きくなりますので自分のやりたい事に挑戦できなかったりといった側面もあります。その点、ベンチャー企業は会社規模は小さく、新しい会社である事を逆にメリットとしてスピーディーな経営を目指す会社が多いのが特徴です。特にアメリカではベンチャー企業で成功して若くして大金を稼ぎ出す若者も少なくありません。大きな会社では一生働いても手にすることが出来ない給料を短期間で手に出来るかもしれません。これまではベンチャー企業のような企業は日本の企業文化では異質の存在でしたが、技術革新めまぐるしい現在のおいては、徐々にその存在感を増してきています。日本でも他社に負けない技術を持っている今後将来有望な魅力的なベンチャー企業が増えてきています。

最近はベンチャー企業の躍進が華々しいものともなってきている感があります。これはベンチャー企業がそれだけ頑張っているということを意味するものでもあります。大企業が大企業病のような症状でどんどんと衰退しているのに対して、ベンチャー企業の躍進には目を見張るようなものあって、今後はさらなる活躍も期待出来るようなところもあります。

これは、なんといっても開発力の差がものをいっているところがあるような気がします。言葉を変えるなら、やる気といってもいいかもしれません。大企業は今のシェアをキープすることが目標のようになっていますから、元ものやる気の段階ですでにベンチャー企業に後れを取っている感があります。今の実力主義の時代では、このやる気の違いは決定的な品質の差となって表れることになりますから、今後ますますこの差は開いていくことになるとも考えられます。これからは正にベンチャー企業の時代が到来するような予感がしてきました。

このページのトップヘ