image


お父さんのお仕事の都合で、タイに転居されたHちゃん。

一時帰国され、教室に一ヶ月通ってくださいました。



Hちゃんは、天真爛漫なとっても可愛らしい女の子。

久しぶりのチャイルドのレッスンをとっても楽しみにしてくれていました。



レッスン中も、50分ずっと楽しそうに、リラックスして、しかも目の前のことに集中しています。Hちゃんにとっては、完全に遊んでいるのです!



お母さんにお話を伺うと、お家でのプリントも、本人にとっては、「ご褒美」と思って、嬉々としてやられているそう。



「学び」は本来「遊び」の延長で、ワクワクすることのはず。

そこに、「基準」や「強制」が入ると、とたんに色褪せてしまいます。



「お母さん、とっても上手に引き出されてますね~!」と申し上げると、「お勉強は義務でもなんでもないし、、」と、サラッと言われた言葉が、嘘偽りでなく、心に響きました。



11月に全てのお母さんと面談させていただいて、「チャイルドが楽しみ」と、思ってくださっているお子さんがたくさんいらっしゃることがわかり、本当に感謝でいっぱいです。



チャイルドに通ってくださっている全てのお子さんが、ワクワクしながら来ていただけるよう、心の枠を外してレッスンに臨みます!