2015年11月

幼児英語クラスより、3つのポイントをお伝えします!



①繰り返しを大切にする。

理屈で物事をとらえて応用が利く大人と違い、子どもはまだいろいろな情報をを収集している段階です。

大人だと飽きてしまうくらいの繰り返しも、子供の脳には必要な刺激です。

※毎日90分以上CDかけ流しを、繰り返し行うこと。



②理屈はいらない。

そもそも、右脳が優位に働いている幼児期は、感覚で物事をとらえることが得意なのです。日本語との違いや文法などの説明はせず、シンプルに淡々と行うことが長期的に取り組めるコツです。

※英語を見聞きした時に、日本語で説明は行わないこと。



③入力を大切にし、自然な出力を待つ。

日本語の場合はどうだったかを思い出してみましょう。お子さんのたどたどしい日本語を注意したり、無理やり直したことはありましたか?きっとお子様はいつの間にか正しく言葉を発するようになったのではないでしょうか。子どもは語学学習の天才です。成果を確認したい気持ちはぐっとこらえて、自然と言葉がでるまで待ちましょう。

※子どもの口から英語が出てくるまでじっと待つこと。





日本語を日本語のまま身につけたように、英語も日本語を介さず身に付ける能力を子どもは持っています。

お子さんの能力を信じ、「これは英語で何?」「日本語でどんな意味?」といった対訳型の学習をしないようにしましょう。それこそがバイリンガルへの近道なのです




image


お父さんのお仕事の都合で、タイに転居されたHちゃん。

一時帰国され、教室に一ヶ月通ってくださいました。



Hちゃんは、天真爛漫なとっても可愛らしい女の子。

久しぶりのチャイルドのレッスンをとっても楽しみにしてくれていました。



レッスン中も、50分ずっと楽しそうに、リラックスして、しかも目の前のことに集中しています。Hちゃんにとっては、完全に遊んでいるのです!



お母さんにお話を伺うと、お家でのプリントも、本人にとっては、「ご褒美」と思って、嬉々としてやられているそう。



「学び」は本来「遊び」の延長で、ワクワクすることのはず。

そこに、「基準」や「強制」が入ると、とたんに色褪せてしまいます。



「お母さん、とっても上手に引き出されてますね~!」と申し上げると、「お勉強は義務でもなんでもないし、、」と、サラッと言われた言葉が、嘘偽りでなく、心に響きました。



11月に全てのお母さんと面談させていただいて、「チャイルドが楽しみ」と、思ってくださっているお子さんがたくさんいらっしゃることがわかり、本当に感謝でいっぱいです。



チャイルドに通ってくださっている全てのお子さんが、ワクワクしながら来ていただけるよう、心の枠を外してレッスンに臨みます!


今週、ステップ1クラスで

子供たちがレッスン中に作ってくれた

秋の俳句を紹介します



5df90b0a.jpg

Sくん



923e9f56.jpg

Nちゃん



179a8f8f.jpg

Yくん



みんな秋の季語を使って、上手に俳句が作れたね!

それぞれの場面が思い浮かぶような、素敵な表現ができました






年少前クラスでは、

カタカナを楽しく学んでいます!



f6ced703.jpg





できるかなあ~?なんて大人の心配はよそに

子供たちは、楽しみながらスイスイと、カタカナを使った取り組みを行うことができました



7c92edb9.jpg





講師が、

カタカナの「ア」、ひらがなの「あ」と似てないね~。

カタカナの「イ」、これもひらがなの「い」はと似てないね~。

カタカナの「ウ」、これはひらがなの「う」と似ているね~!…

と、一文字ずつ見せたあと



バス上段のひらがなの下に、

同じ文字のカタカナを当てはめてらいました。



すると、子供たちは

「ア」似てないね~。

「ウ」似てるね~。と

講師が言った通りに口に出しながら

上手に文字の当てはめができたのです!



子供たちにとっては、ひらがなもカタカナも一緒なんですね

カタカナだから難しい!なんてことはないのです。

子供たちの能力は無限大ですよね!








ステップ1のレッスンで、

2035年の宇宙をイメージし

それぞれ自分のイメージの中で見えた

宇宙の様子を

描いてもらいました。



7753a6ea.jpg

70685fa7.jpg





少し先の未来の宇宙。



綺麗な色の面白い生き物がいたり、

大きな宇宙船が見えたり、

星がたくさん輝く明るい宇宙だったり…



みんなのイメージの力は無限大です



まだまだ全部描くのには時間が足りない~!なんて子も。



イメージにしっかり集中し、

楽しみながら絵を描くことができたね



イメージトレーニングをすることで

右脳を上手に使えるようになって、

みんなは今よりもっともっと

素晴らしい能力を発揮できるようになるよ!

お家でもイメージトレーニング、たくさんしてね


↑このページのトップヘ