2016年07月

チャイルド英語教育では

幼児期の絵本読みや

暗唱の際、

文字を意識させないように取り組みます



特に文字を指差して読ませることは、

暗唱の障壁となってしまうので

気を付けて取り組まなければなりません



もし極端に早い時期にお子様が文字を意識しそうになったら…



例えば文字を隠して暗唱させるなど、

目よりも耳を優位に使う工夫をしてみましょう



ところが、

なるべく音の模倣を中心に取り組んでいても

時が来れば子どもは文字を意識するようになります



英語学習をスタートした年齢によって個人差はありますが、

平均的に年中~年長にかけて

音と文字の関連性に気付き始めることが多いようです



文字を意識し始めたサインとして、

暗唱がスムーズにいにくなるケースがよく見られます



これまで一生懸命かけ流しを行い、

スラスラ上手に暗唱できていたのに、



この時期になるとカタカナを読むような英語になり

これまでと同じ期間では絵本を覚えることが難しくなるので



親としては

英語学習を失敗したのではないか…と

大変ガッカリしてしまうものです。



しかし、

実はこれは喜ばしい成長のサインです



暗唱がスラスラ上手にできていたのは、

文字が読めないからこそ、

耳からの記憶を頼りに模倣していたからで、



文字を意識し始めたということは

これから文字を読むステージへステップアップした証なのです



その時その時のお子様の年齢に適した取り組み方をすることは、

脳の発育に沿ったやり方なのです



先のレベル、先のレベルと

背伸びさせることは

実は効率的な学習法ではありません

脳に不快な刺激を与えているとも言えるのです。。



image










サマーレッスンのご案内

http://gama7da.doorblog.jp/archives/1752814.html

7月3日に行われた

国連英検ジュニアテストの結果が届きました



2016-07-26-10-57-38




今回のテストは、

初めての受ける子が大半で、



また2回以降の子も

今までよりもグンっとレベルの上がったコースを受けるということで



テスト当日は

みんな緊張の中よく頑張ってくれていましたね



テストの結果をドキドキしながら待ってくれていた子も多いのでは??



そして…



届いた結果を見て

私はとっても感激しております



2016-07-26-11-05-56




このジュニアテストは、合否は出されませんが

テストの点数によって

1級~3級の級に分けられます。



今回テストを受けてくれた全員が、

一番良い評価の1級だったのです



90点以上で、

あと少しで満点という子たちも



みんなの英語力がこんなにもしっかりと

定着していたこと、

そしてテスト当日の緊張の中でも

しっかりとその力を発揮してくれたことが

本当に素晴らしいなぁと思います



この結果を見て、

自信をつけて

さらに楽しく意欲的に

英語力を高めていけたら良いなと思います



国連英検ジュニアテストを受けてくれたみんな、

お疲れ様

よく頑張ったね






スーパーエリートコースの、思考開発のテキストの一つ、先月までやっていた『お便りします』。

image


image




『拝啓』などの頭語から、時候の挨拶、本文、結びの挨拶、『敬具』などの結語で締める手紙の書式、気持ちの伝え方、、、を学びました。



最後には、日頃の感謝の気持ちを伝える手紙を、書きました。



image




天皇陛下、

海外に住む憧れのサッカー選手、

リオオリンピックに出場する選手、

大好きな落語家、

大好きなゲームのゲーム会社、、、

遠くに住むおばあちゃん、

いつもお世話になっているおばあちゃん、お父さん、お母さん、、、など、感謝の気持ちをしっかり込めた手紙を書きました。



便箋も正式な折り方で折り、封筒にいれました。さあ、住所を書いて、投函



受取人に届くのが、本当楽しみですね








今週の幼児英語LB40クラスの取り組みは

英語で福笑いのゲームをします



image


まずは、

Parts of the faceをそれぞれ確認



eyebrows

eyes

a nose

ears

a mouth



実際に自分の顔のパーツを

タッチしながら

単語をインプットしていきます



そして、

まだ顔のついていないシートを受け取り…



講師から指示が、

Pick up a nose!



みんなnoseの絵のピースを探して手に取ります。



そして目を閉じ、自分の思ったところに

鼻をピタッと貼って…



このようにゲームをしながら

顔のパーツの英単語をインプットしていくのです



今日のレッスンでは、みんな

どんな面白いかおを作ってくれるのかな



楽しみですね






image






七田チャイルドアカデミー

蒲郡教室

http://www.shichida.ne.jp/school/051007.html



豊川教室

http://www.shichida.ne.jp/school/051013.html



TEL 0120-170737



七田チャイルドアカデミー公式サイト

http://www.shichida.ne.jp/



英語コース公式サイト

http://scaenglish.net/index.html



サマーレッスンのご案内

http://gama7da.doorblog.jp/archives/1752814.html




2年前の12月にお母様たちに教室からプレゼントさせていただいた映画『かみさまとのやくそく』。



その中に出てこられた、産婦人科医の池川 明先生と、チャイルドの勉強会等でも「瞑想」の指導をして下さっている上田サトシ先生(『ヒーリング教室シャスタ』主宰)共著の『いのちのやくそく』がセンジュ出版から7月3日に出版されました



かなりの人気でなかなか手に入らないとううことで、直接出版社に送っていただき、日曜日に読ませていただきました。



お母さんになる喜び・幸せと、自分と子供の人生への信頼が生まれる、素晴らしいご著書です。

是非、お読みください



・・・・ということで、昨日、step2のレッスンのイメトレは、

≪胎児に戻る≫そして≪胎児になる前に戻る≫にしました。



『自分はどんな形?色?』



写真を撮り忘れたのですが、いつもこういうイメトレをすると、ほとんどのお子さんが、何故だか、きれいなまるい玉を描きます



『どうしてお母さんを選んだの?』



「お母さんの顔が素敵だったから。」

「お母さんが綺麗だったから。」

・・・・

「このお母さんなら、オニババのようにビシバシビシバシ鍛えてくれると思ったから。」と、男の子。

(決して、ふざけているわけではないんですよ。)



そうなんです。

お子さんは、しっかりお母さんを選んできているのです



だから、選んでもらった感謝とともに、

選んでもらった自信を持ってください。


お子さんは、お母さんの優しい愛情も、

厳しい愛情も、

すべて感謝で受け取っていますから。




↑このページのトップヘ