2016年09月

 社会で成功したり、自分の夢を実現するのに必要な能力、

 子どもに身につけさせたい能力は何ですか?



 学力ですか?

 学歴ですか?

 コミュニケーション能力ですか?

 すばらしい人間性でしょうか?



 毎日の子育ての方針を見ていると、ついつい学力に偏ってしまっているということはないでしょうか?



 もちろん 学力は大切ですが、目先のことにとらわれ過ぎて、『こんな風になってほしい』という、子どもにとって 本当に幸せなビジョンを忘れてしまってないでしょうか。



 今社会に求められている人材は・・・

 ・主体性のある人材

 ・コミュニケーション能力のある人材

 ・自分で問題を解決する能力のある人材

 ・責任感のある人材 

 ・自分を表現する能力のある人材

 ・・・・

  経団連が発表したものを簡単にまとめたものですが、単にテストでいい点が取れる、という知識ではなく、問題解決能力、つまり知識・能力の応用力が求められています!



 昨日、体験レッスンに来られたのは、1歳になりたてのJ君。

 

 お母様は、企業の人事部にお勤め(現在 育休中)で、『これからの時代に必要なのは、単なる”お勉強のできる子”ということではなく、機械にとってかわられることのない、想像力・創造力を発揮できるできる人』を育てたいと、チャイルドアカデミーに興味を持たれ、ブログを読まれ、体験レッスンに来てくださいました。

 

 

 小4からのスーパーエリートコースのカリキュラムは、

 ・柔軟な思考力 

 ・相手を理解し自分を理解してもらえるコミュニケーション能力

 ・夢を描き実現させるイメージ力・企画力

 ・世の中に貢献しようとする人間性

 

 こんな力を持って、自分の天性を発揮できる、人間としての軸を作ります。

 学校や他の塾で決して学べない内容・チャイルドに通ってくださったかたの集大成になっています。

 

 まさしくJ君のお母さんが理想とする人物像を育てる内容、です。

 

 もう一度 俯瞰して お子様の25歳・30歳をイメージし、今何が必要なのか、考えてみてください。



  ☆スーパーエリートコース ご説明☆



 蒲郡教室 10月12日(水) 18時~

 豊川教室 10月11日(火) 17時~

        10月13日(木) 17時~  

 

 

 

   

image




本日の蒲郡教室ステップ3レッスンのESPは、クローバー13枚、ハート13枚の計26枚のトランプを、よくきり、裏返して、左に赤、右に黒、と感じたカードを分ける、取り組みをしました。



触れることで情報やエネルギーを受け取る「触知」ですが、普段使ってない感覚を研ぎ澄ます訓練にもなりす。



棒のイメージで深く精神統一し、集中できたA君は、なんと26枚中23枚正解✨



A君に続き、他の3人のお友達も、いつもより高いスコアをだしました!



精神を集中する感覚をつかんで、いろいろな場で、この能力を発揮してほしいです。

豊川教室ステップ3クラスの子どもたちは

テキストの取り組みの中で

こんなに素敵な作品を作ってくれました





スケッチという取り組み。

気になったことやステキだな、面白いなと

感じたことを

自由に書いてもらいました

2016-09-23-16-02-12
2016-09-23-16-02-05
2016-09-23-16-02-02
2016-09-23-16-01-46
2016-09-23-16-01-15




当たり前だと思っていたことや

なんでもないようなことでも、

ふと

こんなに素晴らしいことだったり

面白いことだったんだって

気づく事ができるみんな





他にも…

2016-09-23-16-02-09
2016-09-23-16-01-37
2016-09-23-16-01-12
2016-09-23-16-00-42




様々な取り組みの中で



子どもたちの綺麗な心が見えたり、

考えることを楽しみながら出来ているのが伝わってきたり…



みんなの心

とっても素敵だね






image




1歳のプログラムから入っている百玉そろばん。



百玉そろばんを使って、上下、左右、前後、なども入力します。



そして、「さあ、お母さんと10まで、数えようね。」と、そこからが、重要❗️



しっかり、リーダーシップのとれているお母さん、我慢がきくお子さんは、1歳でも、しっかりお母さんがお子さんの手を上から握り、一緒に、10まで数えてから、自分の触りたいように触ります。



これがしっかりできるということは、「やりたいように」という我を抑え、指示を受けいれ我慢ができる、ということにつながります。



そしてこれができるクラスは、その後何歳になっても、話をしっかり素直に聞き、抑止が効いた状態で、意欲を育てることができます。



・・・・



ですから、10までお母さんと楽しく数えられたら、ウンと褒めてあげてほしいのです!



百玉そろばんは、かわいい、かわいい1歳児さんが、小さな抑止をまなぶ、絶好の取り組みでもあるのです✨






image
『葉っぱに留まる鳥』



1歳のころから通ってくださっている小1のMちゃんが、妹さん弟さんのレッスンを待って、折り紙を作ってくれました。

この折り紙は、Mちゃんの「オリジナル イメージ 折り紙」です。



お手本の折り方を見ながらの折り紙ではなく、自分で作りたいものをイメージしながら折る、『イメージ折り紙』だそうです。



なんでも、お父さんが小さいころ、そんな『イメージ折り紙』で遊んでいらっしゃったようで、Mちゃんも小さいころからお父さんにそれを教えてもらって、イメージを使って折っているそうです。



『イメージいたものを、指を使って形にしていく』素晴らしい創造力のお遊びですね!



皆さんも、お子さんと一緒に『イメージ折り紙』してみませんか。












↑このページのトップヘ