2017年03月

今日は、春らしい暖かなのどかな日になりましたね。



新年度が始まり、2週間経とうとしています。



今週から幼稚園が始まったこともあり、特に新年少さんクラスは、ワサワサしている感じです。



眠くなったり、環境になじめなくて、情緒も不安定気味。



3歳になったばかりの、早生まれチームは、自我形成期と新年度の2重で、お母さんも大変そうです。



同じ年少でも、4月~10月生まれのお子さんのクラスは、既にそれなりの体力もついていて、今までと全く変わらず落ち着いてレッスンができているのを考えると、



問題は、時期と体力です。



どうかここをうまく乗り切ってほしいです。



レッスン時間や曜日など、教室ができることがありましたら、お気軽にお声掛けくださいね。



image


3歳のくれちゃんが、昨日のレッスンの前、摘んできてくれたお花。



とっても、暖かい、春の香りがして、イメトレの時、みんなで香りを楽しみました



まだまだ間に合います!!(4月20日申し込みまで)

入室金無料キャンペーン





小4 Sちゃんの詩

『風』



風は気持ちいい

風がふくと

私の心がきれいになる



風は空の雲もふきとばし

私の心のいやなことまで

ふきとばす



風はいいな

気持ちがよくなる







読んでいるだけで、風が吹いてきて、いやなことが吹き飛んでいくようです。



Sちゃんは、日常のささいなことを心に留めて、スーパーエリートのテキストに、必ず詩を書いてくれます。



小学校プリントを、毎回必ず提出してくれるSちゃんですが、ずっと続けていると、目に見えて、読解力、文章力、思考力そして忍耐力がつきますね。



Sちゃんを見ていて、そう思います。



継続は力なり、ですね。

image
梅、桃、バタバタしてるうちに、とうとう桜の季節になってしまいました。



今週のレッスンで、今年度のレッスンが終了します。



今年は、例年より少な目の、蒲郡、豊川合わせて5名の6年生が卒業します。



本当に長い間通ってくださいましたね。

ありがとうございます。



その中の一人T君は、2歳の時、余りにも言葉がでないことをお母様が心配されて、教室の看板を見て、来てくださいました。



体験レッスンの後日、発達検査表を持って来てくださった時、



T君は、体験レッスンの時に見たフラッシュカードのボックスのところまで歩き、無言で、カードを取り出しました。



カードが見たいということをアピールしているのを感じとった私は、



言葉の出ないことで、心配の塊になっていたお母様に、



「お母さん、T君は、大丈夫ですよ。大丈夫というより、かなり賢いお子さんですよ!それを、伸ばしてあげてくださいね。」



そう言ったのを、鮮明に覚えています。



10年前のことです。



お母様は、その時の言葉を、営業トークと思われたそうですが、



残念ながら、私どもの教室は、営業トークは、一切しない(できない)教室で、、。



その後、T君は、あれよ、あれよという間に言葉を吸収し、小学生とは思えないような、難解な言葉を理解し話し、しかも心の安定した立派な6年生になりました。



お母様は、毎日、寝ているT君と妹さんに、感謝の言葉をかけるそうです。



なぜだか、しっかり寝ているはずのT君は、「うん。」と返事をするそうです。



・・・・








今日は、愛知県公立高校合格発表の日。



2歳から中3まで通ってくれたSちゃんから、時習館高校合格のお知らせ‼️



image




これは、入試前、最後の授業の、最後にやった呼吸の場面。



最後には、やはり、チャイルドでずっとやってきた呼吸がしたくて、入試2日前にきてくれました。



呼吸をすると、視界が開けるのだそうです。



隣にいるのは、やはり年中さんから中3まで来てくれた、T君。



T君は、一足早く、県下トップの東海高校に合格‼️



二人とも、小さいころから、ずっと一緒に、

謙虚に

真摯な心で、

美しい姿勢で、

目標に向かって歩んでいます。



二人とも、小さい頃から、無理な強制は一切されず、

信頼だけをされていたお子さんです。



進路も全て自分で決めました。



こんな生徒さんを育て続けられる教室でありたいと、二人に勇気をもらいました。



おめでとう㊗️

ありがとう🌈










3月10日(金)in豊川・13日(月)in蒲郡、

中学生担当のこうじ先生による母親セミナーにご参加いただいたお母様方、

お忙しい中、ご参加いただきましてありがとうございました。(写真を撮り忘れました



今回は、、「脳の三重構造」と、「マズローの欲求5段階説」の、パート1。



具体的には、「子どもがお母さんを選んで産まれてくる」(映画『かみさまとのやくそく』から)ということ



それから 何か不安・焦りが出てきたときは、「うまれてきてくれて ありがとう」に、いつも戻ること、



についての勉強会でした。



勉強会の後の雑談で、

「長女を うまれてきてくれてありがとうって、どうしても思えないんです」と、正直におっしゃられたお母様がいました。





午後から、通室されていない方がご相談に来られました。

その方も、「どうしても、うまれてきてくれて ありがとうって思えなんです。」と。





「どうしても、上の子をかわいいと思えないんです。」って、本当によく聞きます。





そして、同じように平等に子どもを愛せないことで、「だめな母親だ!」と、多くのお母さんが自分を裁いて苦しんでいるのです。





でも、客観的に見ていると・・・



心は末っ子が独占していても、頭の中は、いつも必ず長男・長女のことでいっぱい。



・・・可愛い♡可愛いというのではないけれど、「すごく愛しているんだな」と、感じます。





それから、お母さん自身が、ご自分のご両親との関係、特にお母さんとの関係で、満たされていないものがあると、自分と子どもの関係に、それが影を落とす場合も、よくあるようです。





次の、勉強会では、、、



「脳の三重構造」と、「マズローの欲求5段階説」の、パート2。「しつけ」について。



それから、お母さんの「インナーチャイルド」を癒すイメージトレーニングをしていこうと思っております。



今回参加いただけなかった方も、ぜひお持ちしておりますね。



次回は、ぜひ、手作りお菓子にチャレンジしてみますね!






























↑このページのトップヘ