2017年12月

メリークリスマス!

皆さん、幸せなクリスマスを過ごしてますか?



image
蒲郡教室

image
豊川教室



教室には、今年最後のクリスマスレッスンで、3歳から6歳までのお子さんが作ってくださった、切り絵の飾りをつけたツリーが、とても綺麗に輝いています✨🎄✨🎄

image


image




因みに、小学生は、

image


image


食用の重曹、クエン酸、粗塩、食紅そしてラベンダーのアロマオイルで

バスボムを作りました。



今日は、かなり冷えるクリスマスの夜ですね。

お風呂にバスボムを入れて、よ~く温まって寝てくださいね!



全ての子どもたちが、幸せなクリスマスの夜でありますように。

Merry Christmas !










豊川ステップ1クラスの取り組みです。



11~12月は、地球にありがとうのイメージトレーニングをしました



地球の今の様子、地球の声、どんな顔をしているかな?



嬉しそうかな?悲しそうかな?



そしてみんなはそんな地球に何て言葉をかけてあげる?



みんなの言葉を聞いて、地球は何て言っているかな?



そんな声かけをしながら

イメージトレーニングをして感じたことをみんなに描いてもらいました



image
Nちゃん

image
Tくん

image
Rくん



地球の様子を上手に絵で表現してくれた子、

ありがとうの気持ちを送り地球をニコニコ笑顔にできた子、

また、ありがとうの気持ちを伝えたら虹がかかったよ!

という子も。



イメージをすると、地球の気持ちまでしっかりと感じることができるんだね

そんな

みんなの素直で優しい気持ちがどんどん広がり

地球を優しく包んで、

これからもこの美しい地球が、ニコニコ元気でありますように



いつも集中して、上手にイメージトレーニングができる子どもたち。



冬休みの間も、お家でテキストを見ながら

イメージトレーニングをおこなってくださいね

 どんよりとしなががらも、それほど寒さを感じない一日でしたね。

 今年もあと三週間と考えると、なんだかそわそわしてきます。



 お母様方、いつも熱心に家庭取り組みをしてくださって、ありがとうございます。



 お家で”レッスン”をしてくださっている未満時のお子様は、すぐわかります。

 お母様とのお遊びの本番気分で、教室でレッスンが受けられるので、なんだかとても楽しそうだから、です。



 三歳以上のお子様は、レッスンにやり残したプリント、暗唱の練習をお家でやっていただくだけでも、意欲が変わってきますよ。



 暗唱の練習ですが、どんな時間にされているでしょうか。



 お風呂の時間、

 車の中、、、

 オススメです。

 

 いつもレッスンの時にお伝えしていますが、お風呂時間は、リラックスしているので、優しい気持ちで、しかも笑顔で暗唱の練習ができますよ。お風呂の中は、声も響きますから、それも効果的なのかもしれません。



 それから以外に多いのが、

 髪を結う時間。



 もちろん女の子限定ですが、お母さんが髪をとかして結ってくれている時間が、暗唱が集中できる時間だとか。



 やはり、お母さんとスキンシップしながら・・・が心地よく、脳波が心地よいα波=集中状態になるのかもしれませんね。



 これから年末までは、ますます忙しい毎日。

 隙間の時間をうまく利用して、お子様との楽しい心の交流&家庭取り組みをしてみてくださいね。 



 





 

スーパーエリートクラスで、延び延びになっていた《プレゼン力をつけよう》scoopの発表ですが、仕上げてくれたトップバッターは、4年生のIちゃん。



なんとチャイルドの魅力を発表してくれました!





動画はこちらから!





「この発表を聞いて、チャイルドをしっかりやってくれると嬉しいです」とありましたが、



私たち講師に向けて発表をしてくれたのかな、iちゃん。



ありがとう、これからも頑張ります‼️




今日は、一段とキリリと寒い日になりました!



本日、朝一のレッスン後に、Rちゃんのママが、写真を見せてくれました。

image


image


Rちゃん、2歳が、黙々と40分、108ピースのジグソーパズルを完成した写真です!



そう、Rちゃんは、レッスン後、いつも待合室で、パズルをします。今日も、いつも通り。

image




さて、そんなRちゃんですが、ママのお手伝いも、大好き。



洗濯干しに

image




買い物を袋詰め。

image




着替えだって、自分でやります。



Rちゃんママは、いつも、



「私がダメだから、いつもこの子が助けてくれるんです。」と、言われます。



「自分は、ダメで。」

「自分が、やること遅くて。」



そう言っているお母さんのお子さんは、なぜか、とびっきりしっかりしてます。



お母さんは、完璧でなくていい、否、完璧じゃない方がいいのかもしれません。



「お子さんを頼る」=「子どもを信頼している」→お母さんは、楽!→お母さん、笑顔😊→お子さんやる気→・・・

素敵な循環‼️










↑このページのトップヘ