May 13, 2018

2561.第2回めの試飲会

IMG_20180513_151710大雨のなか、岐阜商工会議所で第2回 ルーマニアワイン試飲会が開催された。ただ、今回の主催は私ではなくアンドラさん♪当然ダニエル社長さんが司会進行をした。

バル・バロッサの田島シェフや、真由美ちゃん(馴れ馴れしいか?w)の友人たちも多数参加してくれて、総勢約40名ほどの立派な会と相成った。
私のお隣に座った真由美ちゃんの友人(河尻さん)は、なんとソムリエの資格を持っているとのこと・・・ただ、おフランスやイタリア、スペインなどのワインは精通していてもルーマニアワインは初めてとのこと。土着品種はクセが強いと仰言っていた。

で、12種類ものワインを味わった。
試飲会は大成功☆だったように思われる。

しかし・・・問題が発生した・・・父上が亡くなってからの我が妹のあまりの悪態に私は完全にご立腹!試飲会への参加をキャンセルさせることになった。さらに驚いたことに、彼女は父上の四十九日にも参加しないと言い出した。どうぞご勝手に!・・・いちばん可哀想なのは父上だということすら判らない大馬鹿者にもう用はありませんので悪しからず。

gt930bgl420 at 23:46|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 日記 | ルーマニア

May 06, 2018

2560.GW後半戦

ななめIMG_20180504_1456465/4&5日は妹の運転で父上の故郷、飛騨高山を訪れた。
まずは高山市役所・・・父上が生まれてから結婚するまでの戸籍が必要だったので。有難いことに世間は平日、お役所さまは休むわけにいかない。朝一番で手に入れることができた。それにしても手書きの戸籍謄本は歴史を感じさせるものだった。父上に生まれて間もなく亡くなってしまった姉上が2人いたことも判明した。
せっかく高山まで来たのだから市内観光を敢行・・・篠田桃紅氏が作品満載の吉島家や、高山昭和館、まさごで高山そばを堪能することができた。
そしていよいよ丹生川(村→いまは町)へ。何度かニアミスはあったものの、実家を訪れるのはサン・アドに入社する前にケッタリングして以来のことである。少し到着が早過ぎたので千光寺を訪れつつ。
15時ごろ訪れると、長男の健次さまがいらっしゃった。で、さっそく山奥へのお墓参り。父上はその父上・・・長蔵さんに会えたのかな?

丹生川にて一泊《アチラのお味噌汁(米糀と大豆糀のミックス)はやっぱり美味しかった♪》し、せっかくのついでに富山観光へ・・・赴く前に、父上が無二の親友であった屋敷家を訪れた。私は年賀状の宛名書きをしいていたのでお名前だけは知っていたが、たびたび岐阜まで父上に会いに来てくれたいたそうだ。彼はうっすらと涙ぐんでいたが、たいへん喜んでいた。果たして私にはそんな友人がいるだろうか?ちょっぴり羨ましくもあった。

IMG_20180505_105257富山を訪れる途中、飛騨古川の数河で湧き水を80Lほどいただいた。
41号線を下り、ようやく富山市へ突入した。富山駅にお車を止めまずは富山城へ♪そして念願だった“富山市ガラス美術館キラリ”を見学・・・ここは図書館と併設になっていて、市民の憩いの場にもなっているようだ。
美術館を満喫した後、トラムにも乗ってみた。しかし地元のお寿司を食べることができず残念な思いをした。どうやら予約が必要だったらしい・・・次回への布石やね!

高速道路をひた走り、帰路につく。
19時からは中学の同級生の集まり『太志会』に参加☆何時まで呑んだのか忘れてしまったが、さすがにGW最終日はおとなしく過ごすことにした。

激しく愉しかったGW・・・結局、自分から動かないと楽しくはならないのよね♪

gt930bgl420 at 23:13|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 日記 | 雑談

May 03, 2018

2559.GW中盤戦

IMG_20180421_125525GW中盤戦(5/2〜5/3)は、3人の美女たちとのお時間を満喫できました☆

まずは豊橋、アルテソロレスのクリスティーナさん♪
5/2、世間は平日。学生やお役所の方々が出勤する中、どでかいヘッドホンとともに悠々と・・・最近は平日しかお店に立たない彼女と、約2時間あまりもお話しをすることができた。
プライベート部分をなかなか話してはくれないルーマニア人。しかし長年通い詰めた成果?もあってかなり突っ込んだ内容に☆
最近彼女は絵を描くなど、自分の時間がなかなか持てないらしく悩んでいる感じがひしひしと伝わってきた。私が旦那さんだったら彼女の才能をどんどん活かしていく方向を考えるんだけどね♪
私のプライベートまでさんざん訊かれつつ、念願のブランデー&チョコラータを購入しようやく解放?wと相成った。

5/3は美濃加茂までのケッタリング☆昨年、私同様に父上を亡くされたエステティシャンのヂャイさんを表敬訪問した。
現地のカフェで楽しく約1時間の会談(いちおう密会なので)をすることができた。ほとんど話を聞いていた感もあったが、お互いの悲しみを充分に分け合えた。やはり、心に秘め続けているよりも話してしまった方がスッキリする場合もあるだろう。

そして帰路・・・各務原のハウジングセンターを初訪問!引っ越しの見積もりがあったため、長くは滞在できなかったのだが、ゆっこちゃんと会うことができた。
大野健氏が賛同してくれて、イベント用の食べ物をいただきながら歓談・・・彼女も積極的に話しかけてくれたので楽しい時間となった。
私からみれば彼女は遠い存在ではあるが、やななさんの秘書をし始めた頃よりははるかに成長?したように思われる。これからの活躍に秘かながら期待したい。

ポレールに帰ってからの引っ越しの見積もりは順調に♪予算よりも安くできたことは私に嬉しかった・・・そしてGWは後半戦へと突入していくのでございます。

gt930bgl420 at 22:14|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 日記 | 雑談

April 30, 2018

2558.GW前半戦

引っ越しの関係もあり、ネットが繋がらい日々が続き、あれこれと忙しく・・・約3ヶ月もブログを書けなかったけれど、一念“イチネン”さんは健在です♪

マイノリティな読者の皆さん、ご心配をお掛けしまして申し訳ありません。

なんとか思い出しながら書きますが、いつもより内容を短めにしつつ現在に近づいていこうと考えておりますのでよろしくお願いします。

さて父を失ってから迎えたGWは4/28〜5/6まで。どこかの大企業さながら9日間もありました。

とは言え、4/28と30日は休日出勤!引っ越しの準備はなかなか捗らず・・・しかし5/19に引っ越し敢行を勝手に決めつけ、各社のお見積りをお願い致しました。

まずは前回お願いしたN通さん。でしたが、4/29に見積もりに来てくれた方のやる気が全くなく、お値段(予算は5万円以内)も高過ぎて結局、即キャンセルと相成りました。
で、彼が帰った後すぐさまアーク引越センターさんに連絡し5/1に見積もりに来てくれるよう手配完了!

そして5/1当日、電話対応しかり非常に良ろしくお値段も予算内だったのであっさり決定しちゃいました♪
あれほど印象の良かったN通さんの凋落ぶりには驚かされたが、どこの業界も厳しいのね☆・・・そしてGWは中盤戦へと突入していきます。

gt930bgl420 at 21:22|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 日記 | 雑談

April 21, 2018

2557.あとのまつり

お通夜は7時間後、火葬は死後24時間以内にしてはいけないことになっている。
父上がこの世を去ったのは朝の9時頃だったので、その日のうちにお通夜、翌日にはお葬式を執り行うができた。

亡くなってからは身体中の緊張がとれたせいか、もとの身長に戻ることができた。棺桶のサイズで葬儀屋さんも驚いたほど・・・余程の苦しみに耐えていたことが容易に想像できる。私は母上に続き、家族葬の喪主を務めた。自分ではきっちり務めることができたと満足している。

会社から5日間の有給休暇をいただいたのだが、感傷に耽ることはまったくできなかった。
市役所から銀行、入院費から葬儀代を支払うまでを2日の間で済ますことができたことはまさに奇蹟の連続だった!

昨日はGabiのお誕生日だったが、父上からのプレゼントを贈ることができたことは嬉しかった。と、私は思っている。

正木の家が私のものとなり、世間的には少ないながらも残されたお金を引き継ぐことができた。これらの財産を活かすも殺すも私次第である。結局最後まで父上は私に一切のアドバイスをしてくれなかったのだが、きっと私のことを信頼してくれたのだろう・・・最期の言葉は「ありがとう」だった。

まだまだやらなければならないことは山ほどあるのだが、月曜からはお仕事に復帰する。
とにかく一日一日を悔いの残らないように生きていこう。私は独りではないのだから・・・。

gt930bgl420 at 23:02|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 日記 | 雑談

April 17, 2018

2556.28855日。

IMG_20180418_0414522018年4月17日(火)AM 8:57・・・我が父上(享年80歳)が永眠した。
本当に安らかな死に顔だったし、息を引き取るまで傍にいられたことが何よりの親孝行であったと私には思われる。

父上には申し訳ないのだが、私の最大の問題は銀行に預けてある彼の資産を、彼の生前に移すことだった。そんなことを直に相談すれば、たちまち気分を害してしまう・・・しかし私は銀行の支店長の友達に相談するなど、奇蹟的に移動を敢行することができた!もしこれができていなかったら、預金通帳は凍結されてしまい、葬儀代も入院費も支払えなかっただろう。

結局彼は入院以降、実家に帰ることはできなかった。それだけは心残りだったろう。

先月の半ば頃から黄疸が出始め、腹水が溜まりだして入院、最後は個室・・・歩くことはおろか、大好きだった携帯ゲームも出来なくなってしまっていた。それでも昨年の11月に各務原での航空ショー、今年の3月にはトヨタ産業技術記念館、そして一宮タワーから桜並木を見下ろすことができたことは良かったのだろうか。とは言え、父上は年金の支給日である4/16だけは忘れていなかった。これこそが残される我々への感謝の気持ちだったのかも知れない。

28,855日。彼がこの世で過ごすことのできた日数である。30,000日生きるためには約82年を要する。私なんぞ19,000日にも達していない青二才なのだ!

Gabiが夢を見たらしい・・・私と父上と彼女がしっかりと抱きしめあっていたそうだ。ようやく私たちのことを認めてくれたのかな?

新月が明けた朝、私たちの新しい生活が始まった。

gt930bgl420 at 17:05|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 日記 | 

April 15, 2018

2555.新たなる希望☆

t_4750_2_1285533927午前中、父上の病室を訪れた後、私は長良にある古民家を改造した素敵なカフェ、川原町屋へと馳せ参じた。ふたたび岐阜でのルーマニアワイン試飲会を開催するための打ち合わせをするためである。

先日、豊橋での試飲会で親しくなったアンドラさんに誘われたもの・・・とは言え、アンドラさんがどんな人物であるかということを私はほとんど知らないのだ。少しおかしいが、日本語で話したり書いたりできるので日本での滞在年数は相当だと思われるのだが。

最初は14時に約束していたのだが、何度かメッセージが来て結局13時半に会うことになった。私が先に到着して待っていると、約5分後に彼女が現れた。最初に出会ったときとは違いスッピンに近い感じだったが、それはそれで私には気にならない・・・むしろその方が親しみを持って話し合えるというものだ。

アンドラさんは待ち合わせ場所でよくこのカフェを使っているらしく、店員たちとは常連ぽい会話をしている。我々は店内を抜け、金華山が一望できる屋外のテラスへ案内された。曇ってはいたものの、なかなか雰囲気のいいお店である。

失礼とは思いながらも、私は彼女を知るためにいろいろと質問を浴びせかけた。日本人だったら辟易してしまうレヴェルだったろうが、お相手はルーマニア人である。アンドラさんはひとつひとつ丁寧に答えてくれた。お子さんがいることは知っていたが、どうやら離婚したようである。日本滞在は約15年ほど。歯医者さんに正社員として勤めていたらしい。しかし現在は無職、ダニエル社長さんのもとで働きたく頑張っているようだった。

で、試飲会について・・・今年も岐阜で試飲会を開きたいとのこと。基本的にはダニエル社長さんが主導とのこと。私はアドバイスすればいいとのこと。などなど昨年の私の功績が、遅まきながらも着実に実を結んでいるようで嬉しかった。

将来的にアンドラさんは、この地でルーマニア料理店を開きたいと言っていた。私はGabiのことを紹介し、彼女ならきっと力になれるはずだと告げると喜んでくれていた。

話は1時間ほどで終わり、帰路についた。
心当たりのあるお店を探していると、おばさんからのお電話・・・父上が個室に移されたとのこと。
私は嫌な予感がしたので雨の中だったが早速病院へ向かった。しかし4人部屋とはくらべものにならないほど快適なお部屋である。とは言え、父上の病状はもう限界のような印象を受けた。

奇しくも病室からの風景は、川原町屋のテラス同様、美しい金華山とともにあった。

gt930bgl420 at 22:47|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 日記 | ルーマニア

April 10, 2018

2554.ナナメの原点

NEC_1393父上のご趣味はといえば、お写真と山登りである。
ただ入退院を繰り返している現在では、山登りはもう不可能・・・最後に登れたのはいつだったか?

そしてお写真・・・実家の専用棚には貴重なカメラが何台もある。がしかし、デジタルカメラの普及によってフィルムを現像してくれるお店が少なくなってしまい、やむなく断念していったようである。

私は美しいお写真を撮るためには“絵ごころ”が必須だと確信している。
私が小学生の頃、ただ一度だけ父上がお車(マスタング♪)の絵を鉛筆で描いてくれたことがある。父の絵の記憶はたった1枚しかないのだが、デッサンがしっかりしていてなかなか迫力があった。

いまでは恒例?となっているが、私がお写真をナナメ撮りするようになったのは、約10年ほど前のことである。その発端は、当時交流があった、レッツぎふ関係の仲間たちと東山動物園へ行ったときだった。

東山スカイタワーを撮影しようとしたのだが、どうしても塔全体がフィルターの中に収まらない・・・で、携帯を傾けてみた。するとどうだろう!ピッタリと収まってしまったのである♪

それ以降技術を極めていった結果、私のナナメ撮りは、他人には容易に真似できないほどのワザとなっていったのだ☆

ななめしかし先日、父上が住まう実家で古いアルバムを繙いていて驚いてしまった!白黒で撮影された・・・おそらく45年ほど前に父が撮影したであろう私の幼い頃のお写真が、それは見事なナナメ撮りだったのである♪

まったく記憶には無かったのだが、無意識のうちに私の脳裡に刷り込まれていたのだろうか?不思議なものである。そんな父上はいまだ入院中・・・また素晴らしいお写真を撮れる日が来ることを願いつつ。

gt930bgl420 at 23:03|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 日記 | 芸術

April 07, 2018

2553.蠢動

5日、父上がまたまた(何度めだ?)入院した。ただし今回は明らかに容態が悪すぎる・・・おかげで昨日は彼の手術のため、有給休暇を取得することができてしまった。

まずは黄疸が酷い。白目部分はもちろん、手も足も黄色いフィルムがかかったような状態である。先生がいらっしゃったのでいろいろと質問をしてみると、どうやら再び腹水が溜まってきたらしい。いよいよ完全に“末期”という感じがしてきた。



それはさて置き、昨日、念願だったスマホを新しくすることができた。もともとiPHONEなんぞ眼中にはなく、富士通のF-01K(ブラックブルー)である。落ち着いた質感がいい・・・しかし富士通といえば、携帯事業をファンドに売却したとして世間では怪しいお噂が立っているというのに?・・・そんなことはない!と私は思っている。寧ろ、分社化するおかげでより良い製品が誕生してくる可能性の方が高いだろう。

とは言え、最初の設定をするまでが大変!のはずだったが、約3年の間に途轍もなく進化していることに驚いてしまった☆もともと富士通は、ご老人向けに“らくらくフォン”を提案し続けているだけに、実に細かいところまで神経が行き届いている。かなりユーザーの意見(クレーム?w)を取り入れて商品開発をしているではないか!?・・・この点こそ、私がiポンなんぞに惑わされない要因なのである。日本人の後発能力を侮るなかれ☆日本人というのは真似も上手だが、そこにプラスアルファの部分をどんどんつぎ込んでしまう!もともと日本語だってそうだしね♪

iポン最大の弱点、画面が割れないアピールを大々的に宣伝しているものの、改良されている部分はそれだけではない。新しい指紋センサー技術「Exlider(エクスライダー)」も素晴らしい♪スピーカーがデュアルになっていることで音もいい。ちょっぴり競馬や野球の放送を観ることができる(しかもフルセグ)という利点は、テレビが観られないiポンなんぞお呼びではない。

最も驚いたのは意外にも文字入力・・・使う人でなくては実感できないが、操作性が抜群に良くなっているのだ。よっぽどユーザーの文句を聞き入れたのであろう開発チームの柔軟性には感心してしまう。

なかなかいい対象がないので、お写真をまだ1枚も撮っていないのだが、その辺も改良されているのだろう。

このスマホとともにルーマニアへ行けるよう、ますます頑張っていきましょうかね♪

gt930bgl420 at 23:38|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote 日記 | 雑談

April 02, 2018

2552.よわよわ・・・

dragons-doala我が母校、敗者復活戦の初戦は各務原高校で2x−1とサヨナラ勝ち・・・次のお相手は岐阜第一高校であるが苦戦は必至である。

我が母校同様、中日ドラゴンズも相変わらずいまひとつ・・・オープン戦は7勝9敗、9位だった。
松坂投手の加入でファンたちは盛り上がっているもの、ゲレーロを放出。そして戦力はほとんど変わっていない。とにかく怪我人を出さないことだけが今年最大の目標であろう。

落合監督の勇退後、高木監督→谷繁監督→森繁監督と3人が勤めてきたが、優勝どころか勝ち越すこともできず、近年はAクラスにも入れない暗黒時代が続いている。

いよいよ公式戦が開幕した。いきなり敵地でのカープ戦である。
開幕投手はなんと小笠原!2戦めは新加入のジー、そして笠原・・・昨年の大野、バルデス、吉見とはまったく違ったローテーションを敢行してきた。これはこれで思い切った決断だったが結局は昨年同様の3連敗と相成った。

勝負は紙一重・・・とはいっても紙一重で勝てるチームこそが強いわけで、まだ今年の勝ちパターンを観ていない限りなんとも言えないが、そんなに悲観するほどの内容ではなかったと思われる。

とにかく最初のひと周り、15ゲームで8勝7敗を目指してほしい。
正直、あんまり期待してはいないけど、温かく見守っては行きましょうか♪

gt930bgl420 at 23:05|PermalinkComments(0)mixiチェック Clip to Evernote スポーツ | モリリン