元々は1階で子供がPowerBook G4 12インチでWebの閲覧を行う為に、Apple AirMac Extreme UFO型(M8799J/A)を2階端の部屋に設置したのですが、電波状態は良くありませんでした。

そこで漸くApple AirMac Extreme(MA073J/A)を購入したので、UFO型(M8799J/A)と電波状態比較のTry and Testedを行いました。

Upload01

Apple AirMac Extreme(MA073J/AとM8799J/A)

いつもの様に、Apple MacBook(Core 2 Duo 2.0GHz RAM 2G Byte MacOS X 10.4.9)を使用してのTry and Testedです。

但し、専門的な計測器具がないのでAirMacのインジケータを見る事にします。
1階と2階の距離なのですが、計算するまでもなく直線距離で10mは無さそうです。(2階は端の部屋、1階も反対側の端の部屋)また、ブロードバンド環境は、光 with フレッツ −> スプリッター −> ルータです。

(1) 先ず、UFO型(M8799J/A)で電波状態を見てみます。

画像の様に、AirMacのインジケータが「2つ」までです。一寸厳しいです。

(2) Apple AirMac Extreme(MA073J/A)で電波状態を見てみます。

十分に電波が届いています。

Apple AirMac Extreme(MA073J/A)に、USB2.0 ポータブルHDDを接続して、無線で使ってみました。

注意
USB2.0 ポータブルHDDは事前にApple MacBookに接続してフォーマットしてあります。

(1) これが一番簡単な接続方法では無いかと思うのですが、USB2.0 ポータブルHDD LHD-PBH80U2(ロジテック株式会社)を、Apple AirMac Extreme(MA073J/A)にバスパワー接続しました。

(2) AirMacディスク ユーティリティからパスワード接続します。

(3) USB2.0 ポータブルHDDがマウントされました。(NO NAMEと言うアイコンです)

(4) 大きなFileを、Apple MacBookからUSB2.0 ポータブルHDDに、無線でコピーしてみます。

彼方此方で「Apple AirMac Extreme(MA073J/A)に接続したHDDの読み書きが遅い」と書かれているのですが、私の使用感は「特段に遅い」とは感じませんでした(私個人の感想です)。日頃からNASは使用していないので比較のしようも無いのですが…(申し訳ありません)

無事に、無線でコピー出来ました。

Apple MacBook(Core 2 Duo 2.0GHz RAM 2G Byte) + Boot Camp Beta 1.1.2 + Windows Vista Ultimate(製品版) -> Apple AirMac Extreme(MA073J/A)にて電波状態を確認する為に、Yahoo!動画 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」(バンダイチャンネル)」(企画・原作:GAINAX 企画:Project Eva. 総監督:庵野秀明)を、1階で高画質で視聴しました。

全く問題なく(駒落ち無し、音声途切れ無し)、楽しめました。

相変わらず、AirMac Extremeの設定は簡便なので「迷わず」使う事が出来ました。