2017年02月20日

黒いコアラのマーチ

08938278.jpg職場のお茶タイム。

レアものが入っているのでは?
と言うわけで、全部広げてみた。

ありました。

大吉コアラ!

でも、レア度は不明。


gua5113 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月19日

太陽の力

54ef6564.jpg冬場にこの陽射しはありがたい。
いつも思うけど、ぐんぐん雪が溶ける様子を動画で撮影し、早回しで再生したら面白いんだろうな。
雪が溶けるように、様々な問題がさっくりと解決に導かれればいいのだけど。


gua5113 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月18日

DNA鑑定

遺体引き渡し拒否のための理由としては、申し分ありません。
この駆け引き、興味深いです。

自国内で起こった事件ですから、追究の手を緩めてはなりません。
決して、安易な幕引きなど、されませぬよう。

それにしても、恐ろしいです
同じ「人間」とは、思えません。

「この国に生まれたる不幸」という言葉を幾度か記したことがありますが、「かの国に生まれなかった幸せ」というのも、確かな実感です。

gua5113 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月17日

訃報

2f97f651.jpg戦後の日本の歌謡界を代表する作曲家のひとりであった船村徹さんが、昨日、亡くなられました。
横綱審議委員会委員をおよそ十年も勤めるなど、音楽以外の世界でも幅広く活躍された方でした。

作曲家デビューは1953年!

これまでに手がけた曲は、五千を超えるのだとか。
わたくし的名曲ベスト3は・・・
「兄弟船」(鳥羽一郎)
「矢切りの渡し」(ちあきなおみ)
「風雪ながれ旅」(北島三郎)

享年84歳。

合掌

gua5113 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月16日

祝53勝

37c13047.jpgノルディックスキー女子ジャンプ競技の高梨沙羅くん、凄い!
遂に、男子の歴代最多勝記録に並びました。
53
いい数字です!


gua5113 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月15日

煌々と・・・

fb8b7cd5.jpg


gua5113 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月14日

ギリ

3452a7d4.jpgこの歳になってもいただけるなんて、誠に恐縮です。

えーっと、神戸のゴンチャロフに、銀座コージーコーナーですか。

いやあ、ぢつに美味しそうです。

出来れば、来年も宜しくお願い致します。

一年後も、平和でありますように!


gua5113 at 19:53|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2017年02月13日

長生きしたけりゃ

91271237.jpg実際のところ、どうなんでしょうね。

銭湯派と非銭湯派とで、平均寿命に有意な差が認められているのでしょうか。

ついでながら、湯船浸かります派と、シャワー浴びるだけです派とで、差があるのでしょうか。

ちょっとだけ、気になります!


gua5113 at 19:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年02月12日

雪の日の楽しみ

136db8a3.jpg動物の痕跡探しです。
とは言うものの、平野部の街中で、犬猫以外の足跡に出会える可能性は、近年、ほぼ、ゼロです。
今朝、職場の構内で見つけたのは、キジの足跡。
車を停めた瞬間、直ぐ近くの植え込みの中から、バサバサバサッと飛び去りました。
で、あたりを探すと、これ。
キジは、カラスなどに比べて、雪上歩行が下手なようです。
画像の、手前から三歩めと四歩めの間にあるのは、 糞!
いったい、どんな体勢で・・・落としたのでしょうか?
謎です。


gua5113 at 19:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月11日

訃報

08a265fa.jpgミスドのキャラクターの一部も、この方が手がけてました。
三軒茶屋に住んでたころ、ミスドで朝食を済ませることも多かったので、あっという間にポイントカードが貯まり、キャラクターグッズをかなり頂きましたが、いつの間にか散逸してしまったようです。
何かひとつくらい、残ってないかなあ?

訃報欄に、このようにイラストが掲載されるというのは、案外すごいことかもしれませんね。
確かな足跡を残し、一時代を築いた証でしょう。

瞑目

gua5113 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)