2010年12月

2010年12月22日

ゆずゆずゆず 冬至です

DSCN0390

友達の庭からゆずを沢山とって来ました。いつもありがとう!

DSCN0383

ゆずジャムを沢山作りました 。小さいから手間がかかります。

DSCN0387

次ぎは柚子胡椒作りです。皮を擦りおろします

DSCN0389

塩、一味唐辛子をドバ〜っといれて すりこぎでよくすり混ぜます

DSCN0399

 漁師さんから教わった美味しい美味しい柚子胡椒です。

DSCN0386

美味しい辣油も作りました。好評なんですこれが!

一味唐辛子に下味をつけておき、油を熱してタマネギとショウガの薄切りを茶色くなるまであげて取り出します。熱い油を何回かにわけて唐辛子にそそぎます。ジャバジャバと音がして泡を吹きます
混ぜて終わり、出来ました。使用した油を使うと色々な味がして美味しい。
 

guapamadre at 22:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

どろぼ〜!!!?

DSCN0349

軒下に吊るした鳥かごの中にはシジュウカラ用のヒマワリの種と

メジロ用のミカンが入れてあります。なのになのに!!

リスが入り込んで、ミカンをかじっているではありませんか !!!

DSCN0353

私が「こら〜!どろぼ〜」と叫んだら、あわててミカンを抱えて

逃げようとしましたが、上手く出られなくてあせっていました。

その様子がおかしくて、、、、。 

今年は猛暑だったためか、エゴに花が咲かず リスの大好きな実がな

らなくて、 リス君も餌不足かな?

guapamadre at 00:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月21日

秋の名残り

DSCN0368

もみじの葉が綺麗!

終わり行く秋を感じ、名残り惜しそうに美しい葉を 緑から赤へと

グラデーションをみせながら光り輝いていました。









 

guapamadre at 00:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月20日

蟹がきたぞ〜!

DSCN0345

松江から蟹が届きました。こういう日に限って車が無い!というわ

けでどこにも届けられず、かに食べ放題ディナーとなりました 

三杯酢、蟹寿司、みそ汁、サラダ等満喫~!!!!!

DSCN0347

簡単和風カクテキも食べました。

DSCN0377

DSCN0378

冬大根がおいしい今の季節是非お試しください

大根は2~3センチの暑さに切り丸ごとでも四等分でも好きに切る

タッパーに入れて醤油、酢、みりんを各同量、輪切り唐辛子、ゆず

の皮千切り、ゆずの酢も加えて一日置く。

漬け汁はひたひたにならなくても良い。タッパーはひっくり返して

も大丈夫!ときどき天地を返してあげるだけ。
 

さて栄養のたっぷり詰まった皮も千切りにしてごま油で炒め、醤油

とみりんで味付けして最後に汁気が無くなるまで炒りつける。唐辛

子、すりごまをかければ立派な一品です 。

guapamadre at 01:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2010年12月17日

山手西洋館 世界のクリスマス2010

横浜の山手にある西洋館では、毎年各館が趣向を凝らした世界のクリスマ

スを演出しています。いつも各館を見て回るのが楽しみです。今年

は皆さんにもお見せしたいと思います

イギリス館 

DSCN0290

薔薇の花で作られたウエルカムボードがお出迎え!

DSCN0297

窓辺を飾るトナカイ、雪の林を走り抜けていきます

DSCN0295

暖炉の上には薔薇のリースとタペストリーが。素敵な配色です。 

DSCN0296

テーブルコーディネイトはかわいらしくまとめて。


111番館はハンガリー

DSCN0298

 漁夫の砦をイメージしたデコレーション

DSCN0302
 
ヘレンドの食器を使ってクリスマスのでテーブルコーディネイト

DSCN0306

 窓辺にはガラスの中にオーナメントが揺れています

DSCN0309

ハンガリーでは白いレースのオーナメントを飾るそうです


234番館はポーランド 

DSCN0313

暖炉には森の妖精が沢山

DSCN0312

 ポーランドの食器は可愛らしく温もりのあるデザインで、すべて手

書きです。


エリスマン邸はスイス

DSCN0320

幻想的な雪景色をイメージしたオーナメント

DSCN0317

カウベルをつけた木彫りの牛さん
 
DSCN0323

グラスの中のキャンドルにもクリスマスが、、、。

DSCN0321

壁には白い雪を被った家々が、、ペーパークラフトです。
 
DSCN0330

 赤と白でまとめられたテーブルコーディネイト。いすのリボンが

アルプスの少女ハイジを連想させます 。


ベーリックホールはフィンランド 

DSCN0336

入り口を飾るシックなリース

DSCN0337

 雪の中に咲くバラをイメージした飾り

DSCN0338

雪明かりにウエディングドレスが 浮き上がって幻想的

DSCN0342

テーブルコーディネイトはシンプルに自然を取り入れたもの

 DSCN0335

白樺の小枝に包まれたヒヤシンスが別人のように見えました

DSCN0332

自然と一体になったオーナメントには北欧のエッセンスが感じられ

、ふと森に迷い込んだ様な気になりました。

 

guapamadre at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)