2008年06月24日

預かりママはじめました♪

1869272e.JPG
6月14日から我が家で過ごしているマサトです!

体調も良く、すこぶる元気です。



とっても可愛い子で無駄吠えもありません。

朝は、5時半からお散歩に出かけ、預かりママとマサトは朝の空気を満喫でーす♪

こんなひと時、幸せだわ〜

家の裏の紫陽花ロードを歩いて、帰りにには必ず公園に寄り、水道で水分補給をしていますが、道草の次に大好きな事かもしれないです。

梅雨の晴れ間は嬉しいですネ、明日も晴れるといいなぁっと思っています。
masato

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/guardiansachiko/51171247 

トラックバックはまだありません。

この記事へのコメント

そうですか・・・。
きちんとご挨拶して逝きましたか・・・。

マサトは人の心がよく判る賢い子でした。
里親様の手術前に、ご主人の帰宅を待ってから逝ったのもマサトなりのご恩返しと感謝の気持ちだったのでしょう。

マサトは本当にすごい子です。



旅先で会の活動を知り、里親のHPでマサトに逢って一目ぼれしました。

子供の時に飼い犬を亡くして以来数十年振りに一緒に居たいと思った子でした。
条件に合わず引き取れませんでしたが、chiko様や里親様がブログを立ち上げて下さったお陰でずっと逢う事が出来ました。
有難うございます。


私にとってマサトはあばらが見える程痩せこけても人の食べ物を奪ったりしない育ちのよい子でした。

「ニコニコと」の中で家が近づいた時、ジャンプしてじゃれ付いて来たマサトが私の中で「マサトの全て」でした。



未だ涙がとまりません。
最初と最後のページは恐れ多くて、こちらにコメントいたしました。

保護される迄どんなに辛い想いをしたかも判りませんが言葉に出来ない想いもマサトは全部優しく包んで持って逝きました。

大変な看護をして看取って下さった里親様・chiko様・そしてマサトに関って下さった皆様に心から感謝いたします。


有難うございました。



マサトありがとう。
そしてさようなら。            合掌
1. Posted by マサト君LOVE at 2011年04月04日 11:30
マサ君LOVE 様

まさと君に、いつも応援をありがとうございました。
元預かりとしても感謝、感謝でございます。


最後に、ここに亡き犬を偲んで書かせていただきます。

あばら骨が浮き出るほどやせていた、まさと君。
野鼠やゴミをあさることなく飢えに耐えていたのでしょう。
なぜ放浪したのか?それまでご飯を食べていたのに、それが出来なくなったのはなぜ?
と、考えた事がありました。
生まれてから野犬であったはずがありません。
迷い犬?捨てられた・・・?

誰かきっと探している!
幾日もネットで探し回りました。
でも、無駄に終わりました。

動物愛護団体さんは、里親探しだけで、
私のように個人的な興味は、ありません。

そんな、まさと君、多くの方々に思われながら
「カッコカワイイ」と、言われ愛されました。

私の見た裏のまさと君をお教えするならば、
雷が大嫌い、よだれを垂らしながらひーひー言って甘えてきました。
お腹と胸の毛が、純白の真っ白でした。
若い女の子が好きでした。うちの娘は、一緒に散歩に行くといつも狙われていました。
楽しいひと時でした。

里親様が見つかり、安住の地をみつけて
安心してしまったのでしょうね。
あっけなく11ヶ月でこの世を去りました。

里親様に申し訳ないと思わないのか?まさと
ご迷惑ばかりお掛けして。

運命だったのでしょうね。
すごいドラマチックな人間を巻き込んだ運命。

「えへへ、ごめんなさい」って、舌を出してるまさとが見える気がします。


マサト君LOVE様
どうぞお元気で、きっと可愛いワンコと出会ってくださいね。



2. Posted by chiko at 2011年04月07日 16:40
chiko様

知らなかった「裏マサト」教えて頂いて有難うございます。

私も勝手に想像を膨らませていました。
車に乗るのを嫌がっていたのは、飼い主の元から車で遠くに引き離されたからではと・・・。

しつけ教室で「ブービー賞」のメダルを架けられて誇らしげだったのも、ナルシストだったのも、最初の飼い主さんから「可愛い!カッコイイ!」と毎日褒められて育ったからかも・・・。
もしかしたら虹の橋のたもとで飼い主さんが待っていたかもしれません。


そうですね。
本当にマサトの犬生はドラマチックでした。

そしてとてもラッキーだったかもしれません。

普通なら保護すらして貰えなかったと思いますが、chiko様はじめ、色々な方々のご縁で立派な里親様の元で犬生を幸せに終えられました。

最後は粗相をしてママさんの足にマーキングをしても「怒る気にもなれない。笑ってしまう」程愛されて幸せな子でした。

凛としていたかと思うと「えへへ」と舌を出し、オヤツに目が無いとっても魅力的な子でした。



今年の春は地震やまさととの別れといい、辛い春でした。
でも満開の桜の花が癒してくれる様にまさとは私達の心を癒してくれ、まさとに関って下さった皆々様の暖かい心で周りを明るく照らして頂きました。


まさとや皆様に巡り合えて幸せでした。


chiko様 どうぞお元気で

こちらこそ有難うございました。
3. Posted by マサト君LOVE at 2011年04月09日 17:09

コメントする。

絵文字
 
星  顔