おはようございます。

朝起きると、連日詰め込んだバンドのスタジオに身体の心地よい疲労感。
久しぶりにゆっくり眠れた気がした。
窓を見ると、風に乗って強い雨が打ちつけている。台風。ふーんふーん。
そうなんです。今日僕たちはライブなんです。久しぶりにこんな嵐の日だ。

当たり前だと思っていたライブがやりづらい、それぞれの環境で行きづらい状況になって一年以上が過ぎ、思っていた以上に長くその状況は厳しく、人の気持ちや考えが色んな方面に行っている。

僕たちも僕自身がコロナにかかってしまい、ライブを延期にしてしまった。そんなことが重なり、かなり久しぶりのライブになる。

最近の生活は、集中力がないというか、なんだかずっとザワザワしている。せっかちな割にはいきなりスイッチが切れ、呆然とする。そこで戻って来れたら良いが、戻って来れない時はザワザワの大波が押し寄せ、変な汗になっていく。
そんな中でやっぱりライブをすることが楽しみだった。
そこに向けて付随するスタジオもそう。そのスタジオに向けての生活もそう。その生活に関わる食事やリズム、聞く音楽もそう。合間に見る映画もそう。
すべてがまたライブやバンドに道筋を通してゆく。これがなかったらと考えるとおそろしい。
改めて、スタジオで4人で音を鳴らした瞬間、身体のど真ん中から溢れ出す喜びと幸せ。マジであの感じかなり久しぶりだった。大袈裟ではなく生きているなと言う時間。大笑いしそうなのを必死に堪えてた。
そんな4人の時間と色んな人の鼓動が同じ空間にあるライブの時間。
やっぱり、僕たちにはこの時間が必要なんです。

そこで台風。コロナ禍。
今日はかなり来ることが難しい人がいると思うけど、今日のライブが一つの選択肢になれば嬉しい。
体調や自分の環境を最優先で。気をつけてね。
僕たちは今日下北沢shelterにいますからね!

IMG_4751BF623957-3FF0-4349-A533-09843F3F986E

9月18日(sat)
at 下北沢SHELTER
『地下室ノ正義』-SHELTER 30th Anniversary Kick Off GIG-

THE GUAYS
MOOS
THE SENSATIONS
falls
でぶコーネリアスEX

DJ : ろっきー

open 16:30/start 17:00
adv ¥2,400(+1d)
door ¥2,900(+1d)

予約
the.guays1234@gmail.com

本日付けで国が設定しているコロナ感染者の自宅療養期間が終了し、外出が許可されました。

ご心配とご迷惑をおかけしましたが温かい気持ちと気にかけてくれた人、本当ありがとうございました。


色んな人から温度のある言葉をかけてもらい、不謹慎だけどそれはそれですごく嬉しかったです。本当に心配してくれてありがとうね。この感謝の気持ちはきっと忘れません。

なんだかんだで僕は軽症だったと思う。熱が上がったり下がったりですごくしんどい日もあったものの、呼吸器にも問題は出なかったし、日によってはすごく体調が良い日もあった。
後遺症に関しては嗅覚と味覚がないこと、聴覚、右手親指の痺れぐらいだろうか。どれも状況と時間、また人に話しを聞きながら少しずつ良くなっていけば良いなと思う。また教えてね。

10日間の療養、ずっと家にいて世界のニュースを知るのがインターネットのみ。
とてつもない速さで世の中は動いていた。人は生きて時間は進んでいた。
とんでもないことになっている、それは想像の領域だけでも感じることができた。外に出たら何か出来るわけではなかったが、外にも出れないその八方塞がりの状況がさらに僕を苛立たせた。どうしたらいいんだろうか。考える。調べる。そんな繰り返しだった。みんな今どういう状況なんだろうか。途方もなくこの10日間は長く感じたし、まるで昨日のようにも感じるのだ。
それでも部屋の窓から見る朝焼け、夏空、入道雲、夕焼け、夜空、お月さんは決まって毎日美しかった。毎日違っていた。セミに起こされる朝も夕方部屋に入り込んでくる風もとても気持ち良かった。

そして、キャンセルしたライブのことがずっと頭から離れなかった。今日のこの時間はライブだったということを考えると死ぬほど悔しかった。
毎年、夏はライブが増える。ツアーをする。もしくは、何かをやる。色んな場所に行って海を見て音を鳴らす。人に会う。それはかけがえのない大切な時間だ。それを守ることが出来なかった。僕と同じくらいメンバーも悔しいだろう。すまなかった。もうこの時間は取り戻せない。
だけど、更新するために今があり、明日がある。きっとまだ僕たちに未来はあるはずだ。まだ夏は終わってないはずだ。

生きていくことを良く考えた。でも良く考えてもやっぱり生きていくのだ。どんな状況になっても案外生きていくのだ。ドキドキドキドキしたいのだ。

まだ、もう少しの間は人混みに行ったりすることは出来ないかもしれない。だけど、これまで以上に注意しながら、体力も気持ちも少しずつ慣らしていく。まだ世界にはコロナと色々と闘っている人がいる。少しでも回復に向かっていくことを僕は願う。そして今日という日にも。


またどこかで元気に会えたら。そっと話しをしましょう。
みなさんも気をつけて。元気であることがいかに素晴らしいことか。人に会えるというのがどんなに素晴らしいことか。やるぞー。
気にかけてくれた人、ほんとありがとう!人に優しくなれそうな気がする。人は優しいから。ライブ。



そして、明日8/7の香川Tooniceはライブハウス側と話し合い、体調の急変も考慮しグアイズはキャンセルさせていただきました。イベント自体は開催されます。また必ず行く。

8/7(sat)
香川Toonice
“Dawn of youth vol.4”

-act-
Make The Pancake
ハナクソ
Kinderwalls
板橋末っ子の会
THE BODY CALL
GIVE ME BACK
DJ : ITA /MU-MU-

OPEN/START 16:00~
2000円(+1D) 
*時短に伴いSTART時間が早まっておりますのでご注意下さい。


遂に8月が始まった。
コロナにかかってしまい、たった6日間だが、ずっと自宅にいると一気に世の中と切り離された気分になってしまう。僕の家はTVもなく、ニュースなどはネットやSNS頼りだ。
いくらそこでタイムラインやニュースを追ったところで、この部屋からでられない時間はどうも現実味が無く、まさに味も匂いもない世界だ。
人って本当にいるのか?
そんな気分にもなってくる。

コロナの経過は順調?なのか?
油断は禁物だが、今のところ味覚と嗅覚が無いという以外は特に問題はなさそうだ。
だけど人と会いたい。会えなくても会えることを許されている、そんな当たり前の自由がこんなにもありがたかったことに気付く。
少しでも外に出たい。海に行きたい。夏の風とか感じたいやん。まぁ、それはもう少しの我慢か。
この機会中、唯一頭をバキッとさせて現実に引き戻してくれることがある。
それはパンクのレコードを聞いている時だ。
なんてのかな、歪みの音がめちゃくちゃ生々しくて荒っぽくて、一気にこう気持ちが踊ってくるんだよな。とりあえず、マーシャルフルテンでガシャーンと振り下ろしたい。みたいな、そんな初期衝動に近い感覚に連れて行ってくれるんだ。
不思議なもんだなと思う。考えられた小難しいコードや展開にふむふむと頷くよりも、何もわからずにこんな曲展開とコード進行になっちゃいましたみたいなやつ。それでちょっとメロディーが良かったりしたら、やっぱ泣けますやんそういうの。
Descendentsの新譜のレコードが欲しいな。。

今日も本来ならばライブの日でした。郡山PEAKACTION、club sonic 水戸、club sonic いわき、そして自分たちの住んでいる街に帰ってきてのDEATHROさんの企画だったわけだ。熱があるオファーを毎回くれるDEATHROさん。やっとタイミングが合い、しかも久しぶりの下北沢ThreeとBasement barでのライブだったわけだ。
僕が初めてDEATHROさんを認識したのは、大阪にいる時PangeaにGOD'S GUTSを見に行った日だったと思うんだよな。客演で出てきて、場内は騒然というか衝撃をすごい受けてた。
僕もその一人で、動きと歌い方でもう一瞬で一生忘れないというか。とにかく強烈にそのことを覚えている。
東京に上京してきて、フライヤーを巻きに行くとDEATHROさんも良く巻いてて、あまり面識もなかったんだけどフライヤーを交換したりしていた。その時、初期のRAW VIBEのフライヤーをやっぱメンバーの写真使うフライヤーって最高ですよね。って言ってくれて。それがめっちゃ嬉しかったんですよね。
そっから色んなライブハウスで会うようになって、フライヤー巻きとかも良く自分で立ってる姿を見ていたんです。なんとなく都内でそんな頻度が増えてくるとDEATHROさんの足の使い方が神奈川の圏央というところから来てることとかを知って、すげーなこの人って、マジで尊敬したのを覚えてる。そんな中、Threeの廊下とかでわずかに話した記憶なんだけど、たまたまPower popのSeventeenってバンドがいるんだけど、それにはまっている時、DEATHROさんからそのバンドの話が出てきて、そっからめちゃくちゃPower popの話しをしたことがなぜか僕の気持ちをグッと掴んだことを記しておきます。
そっからアルバムが出た日にもすぐに感想を書いて連絡をくれたり、今回もめちゃくちゃ色々心配してくれて。
そんな愛がある人の企画にはまた必ずやという感じです。

今回、グアイズを楽しみにしてくださっていたお客さん、共演者の方々、下北沢Three, Basement bar、関わってくださった方々、本当にご迷惑おかけして改めて申し訳ございませんでした。

色々あるけど、またライブハウスで会えたら最高や。その時こそは!


"MIRAGE MALL"
2021/8/1(日)
下北沢THREE+BASEMENT BAR 

DEATHRO
KLONNS
NEHANN
ニーハオ!!!!
田島ハルコ
(Strip Joint)
(THE GUAYS)

↑このページのトップヘ