あー終わってしまったなONE MAN。
今日1日ずっとずっと昨日の夜のことばかり考えていて、やっぱりどう考えても素晴らしい時間だったし、1つ夢を見れた時間だったし、自分達の音楽に自信をグアイズってバンドを魅せれたんじゃないかと思っている。
まず、来てくれた人、そして、関わってくれた人、十三月チーム、本当にありがとうね。

ONE MANということに俺はずっと憧れていて、しかもFEVERと言う場所は大好きなバンドのONE MANを沢山見てきた場所だった。グアイズを組んで7年、パンクバンドを組んで既に俺の夢は1個叶えているわけで、そんな好きなことを7年も出来ている。ステージに立ち続けている。なんて幸せなことだろ。
それが当たり前になったり、色んなしがらみが出来たり、皆の環境や事情が変わって行ったり、それでもこうやって1つのことに夢中になったままここまでこれたメンバー、そして周りにいる十三月の大切な友達、そしてグアイズの音を知って駆けつけてくれたバンドマン、色んな場所からグアイズを見に来てくれた人たち、そんな特別な瞬間の固まりの時間でした。
大切にしていかなきゃなと、改めて感じさせられ、俺も俺たちもまだまだ走れるし、良い音楽を作って、最高で最強のバンドになれるんだと信じることができた。

本当に人って、金八先生じゃないけど、持ちつ持たれつなことが沢山あると思うし、今の生活の中で俺はグアイズのことと音楽のことしか考えることなんてないんだけど、グアイズで作る曲もそうやって色んな人と出会って色んなもんもらって関わって出来て行ってるから、それも含め自分の人生でやっぱ人のエネルギーってすごいんだと思う。狂わされていっているというか、これが大正解。とてもまっとうに生きてるの間違いないです。

昨日ステージの上から、一人一人の顔を見ていて、俺はもうねたまらなかった。自分達が作った音楽でたった一人でも何かを心の奥まで伝えれていたのなら、それが最高なんだ。


今日少し寂しくなっていたけど、これは昨日が最高だった証。そして、生きてきた中で身を引きちぎってでも人に感謝したいと思った日。どう考えてもありがとうじゃ追いつけなかった。

本当に本当にみんなありがとうございました!!

これからまたはじまる。これからが俺たちのAfter my vacant.

来年からはこいつを引っさげてのツアー。本当どうしようか。最高だ。

これからもグアイズをよろしくな!




2017年11月22日 at 新代田FEVER
十三月の甲虫 presents 『After my vacant』レコ発ONE MAN

1. 耳鳴り
2. teen heaven
3. Breaking out
4. Boys
5. ヒーローと背中
6. Shock to headbanger
7. can be cool!
8. Cheap days
9. First day
10. Get up kids
11. Hiroshi`s new song
12. After my vacant (New song)
13. Useless
14. Stupid days
15. スモールライフル
16. 3カウント

アンコール GORUNGUN

こんばんは。今日はワンマン前日のスタジオ練習に向かい、そして明日に向けて早めの解散となりましたが結局この時間です。もう眠いのか眠くないのかすらわからない時ってあるよな。
さっき外を少し歩くと完全に冬の空気で呼吸すると体の中に冷たい空気が入ってきて、うおっ、さむっ。てなって。寒いのは知ってたけど、こんなに寒かったけなって思って。なんか一つのことを見すぎて色々見えてなかったのかもしれないなと思って。部屋に帰って、熱いシャワーを浴びて、これは熱すぎるなと思って。でも上がると身体がすごくあったかくて、睡魔が来るのかなと思ったけどこなくて今に至ってます。
うん。今日はユウシが入ってから、東京に来てから、初めてのグアイズONE MANなんです。
ONE MANってのはやっぱりどう考えても、素敵なものだと思う。
その日、そのライブハウスで演奏するのは自分たちだけ。そして、見に来る人もそのバンドが見たいから来る。かなり密接な1対1というか、純粋な気持ちを出し合うというか。まあとにかく難しいことは何もない、すごく気持ち良いもんであってほしいんですよね。そこにロマンチックがあるんやと思うし。

俺たちは大阪を出る時、火影というライブハウスで1度だけONE MANをしたことがあって、それがもう5年くらい前になるのかな。それも1stをリリースした時のレコ発でさ。
そこで得た希望はすごくすごく沢山あって。もちろんそのライブをしている時も大切なんやけど、そこから未来へすごく繋がっていく気がしてて。やっぱりめっちゃスタジオ入ったり、話し合ったり、曲も何回もやるからたくましくなっていったりさ。なんかすごいんよなONE MANパワー。 どんどんバンドが成長していく感じがあって。
だから自分の中でONE MANはONE MANで特別なんですよね。ここぞ!って時にやりたくて。
やっぱ今回も同じで、遠足とか修学旅行にいくワクワクした気持ちで寝れないんじゃなくて、受験前日みたいな気持ちに今近いです。久しぶりなんよなこんな感じ。少し緊張しているんやけど、後は自分がやってきたことをだすだけというか。
このAfter my vacantにひろしが作ったUselessという曲の歌詞で"どうなろうとも、すべてを叩き付けるのさ"というのがあるんやけど、まさにいまピッタリですね。全部、信じてやるしかない。
友達が少しでも気にして連絡くれたり、楽しみにしていてくれたり本当にそれも嬉しくて。今年1発目のライブもFEVERでKiliKiliVilla新年会も何かの縁で。良いライブが出来たからお守り代わりにずっとそのパスを持ってたんです。それも良いライブしてFEVERに返しに行かないとな。

今日のONE MANでちょっとした未来への夢が広がればいいな。
一緒に夢みようぜなんて、かっこいいことは言えないけど、多分俺たちは今日のステージで夢を見れると思う。東京でFEVERでONE MANなんて考えてもなかった。
どんな未来になるかなんてわからないけど、今日までも、今も、これからも最高だ。と言い切れる瞬間に出会いたいです。俺たちだけじゃなくてね。
 
とにかく、そんな思いのつまったONE MANです。
やるぞ。もうすぐだぞ。
おはようさんだぞ!
俺は寝るぞ。メンバーもまだ寝れないみたいでLINEがピコピコなってるわ。


15時まで予約行けるみたいなんで、まだまだください!よろしくです!!
the.guays1234@gmail.com

本当に待ってます! 

NEW MV
"Stupid Days"
directed by pennacky

遂にこの日がやってきた。

俺たちグアイズの2nd Album『After my vacant』が十三月の甲虫から発売だ。

本当に本当に待ちわびた。こんな日がくるなんて。


パンクが好きでバンドを組めた 高校生の時。俺は音楽で食っていきたいなと思っていた。

でも皆、大学への進学を考えてバンドを辞めていった。そして、俺もまわりに流されるように、なんとなく大学に進学をした。

大学に入り、普通にその生活を楽しんだ。なんとなくずっと生活をしていた。本当にただ楽しかったんだ。

そして、興味があった教師の資格をとり、一度は教師をした。でもなんだかずっとバンドをしたいほんの少しのしこりがずっと心の中にあった。

どんなバイトをやっても、なんとなく上手く出来た。社会の中から特に突出することもなかった。

ごくごく真面目な差し障りのない一人。


そんな俺は、その心の中にあった少しのしこりにかけてみることにした。夢を見た。

なんとなくではなかった。自分で決めた。やっぱりやりたいバンド。

その時にやりたいと思った衝動を信じてみることにした。両親に猛反対をされながら教師をやめて大阪にでた。その時グアイズは組んでいなかった。

だから、ただの何にもない日々だった。ずっとくすぶっている時、マヒトの紹介でひろしと出会った。大学の後輩のユッキーとひろしの同級生のモモを無理やり、バンドに引き込んだ。グアイズ。

2010年6月頃の話し。

やっとバンドが組めた。そこからどれだけの日々をグアイズと過ごしてきたんだろうか。


2017年11月15日

周りにいた奴もバンドを辞めていったり、会わなくなったり。

うちらもモモが抜け、参って。また、空っぽになりそうになった。だけどやめたいとは一度も思わなかった。ひろしとユッキーがグアイズにいた。周りにはかっこいい友達がいた。

そして1年ちょっと前、ユウシが入った。

また、自分の気持ちが元気になりはじめる。そして、いつの間にか気づいたらバンドがまた大好きになっていた。楽しくて仕方がなかった。

どこで俺はこんなことになってしまったんだろう。

なんとなく好きだったことが、本当に大好きになっている。それは俺だけじゃなかったみたいだ。

色んなことと自分と闘って闘って。

色んな衝撃を受けて。

色んなバンドに出会え、音楽に勇気をもらい。

つまんない毎日も最高の一日もある。

最高の一日のために毎日があるとしたら、実は毎日最高だなと思いたい。

一つ一つの衝撃の積み重ね。ということはまだまだ好きになっていいみたいだ。

まだまだ、生きている限り未来はある。


今回のアルバムはそんな気持ちと時間を経て、作られたアルバムだ。

というか、そんな気持ちに気づかしてくれたアルバムだ。

自分達の作った音楽は自分達の未来と過去から来てるんだろうな。

だから希望があるんよな。


このメンバーになってからの1stアルバム。

俺たちの今、最新のレコード。

俺たちが最高だと思って出すアルバム。

夢をぶち込んだアルバム。


本当にバンドをやっていて良かった。

グアイズをやっていて良かった。


皆本当にありがとう。


そして、今日手元を離れて行く。不思議な気分だ。
毎日毎日自分で自分たちのアルバムを聞いて、自分達で作ったものが知らない人の耳から体と気持ちに入って行くわけだ。

誰かの衝撃に衝動になれば良いなあ。大切になったら最高だなあ。

そんなきれいごとを夢見てます。


あーー本当に嬉しいよ俺は。


いろんな所に行っておいで。いってらっしゃい!良い旅しろよー。

After my vacant


よろしくお願いします!



THE GUAYS are

Captain Ryosuke

Hiroshi

Yukky

Yushi


released by 十三月の甲虫



【収録曲】

1.耳鳴り

2.teen heaven

3.Breaking out

4.Boys

5.Useless

6.Stupid days

7.スモールライフル

8.3カウント


【取扱い店舗】

◯DiskUnion

online

お茶の水駅前店

渋谷パンク・ヘヴィメタル館

下北沢店

横浜関内店

北浦和店

高田馬場店

新宿BF日本のロック・インディーズ館

新宿パンクマーケット

横浜西口店

立川店


◯Base

http://www.recordshopbase.com/


◯マルかバツ(大阪)

http://www.ox-z.com/


◯Flake Records(大阪)

http://www.flakerecords.com/


◯record shop DIGDIG(岡山)

http://www.digdig086.com/


◯Impulse Records(高松Toonice)

http://impulse-records.main.jp/toonice/


◯福山Music Factory(広島)

https://musicfactoryhikino3.wixsite.com/mysite


◯Tommy's distro(鹿児島) No edge

https://twitter.com/toooom_12


◯JET SET下北沢店、京都店

https://www.jetsetrecords.net/


◯3rd and homie(足利)

http://sisapunkrocker.cart.fc2.com/


◯Soulmine Mega Mart(Online)

http://soulmine.jp/


◯Holiday! Records(Online)

http://holiday2014.thebase.in/items/8911686


◯十三月の甲虫(Online)

https://jsgm-online.stores.jp/


↑このページのトップヘ