なんだか蒸し暑くて眠れないので、7月だから7月という曲を聞いていたらこんな時間になってしまった。こんな時間って言い方もおかしいか。
玄関のドアも部屋の窓も全開にして風の通り道を作るが、風は全く通らない。通るのは俺の部屋の光に目がくらんでしまった元気のいい虫たちだけだ。目が悪くなるだけなのでこの光は消せない。追い出すにも追い出せない。困った。まあいい。この時間だけは君たちに。偉そうですかね

ここ最近、何をやっても何を言っても見事に裏目裏目にでてしまい、うまくいかない。自信なんて言葉を忘れてしまってどうしたもんかと思っていた。本当に頭の中が迷路みたいになってしまってぐっちゃぐちゃで全然出口がみつからなかった。でも、別に落ち込んでいるわけではないねん。
いつも通りどうしてやろうか、どう気持ちをいいようにそうなれるように持って行くだけだ。
まあそれが難しいのかもしれないけど、俺の場合は単純なんだろうな。虫と一緒かな
誰にだってそういうことってあるんじゃないだろうか。
きっときっかけ一つで少しずつ変わっていくことも、大どんでん返しももしかしたらあるかもしれない。
それに気付くことが大切なんやろな。俺の場合、今日はもしかしたらそんな日だったのかな。別になにか変わったことがあったわけではないんだけど。出口ってなんやねんな

日曜日の午前中ってのはなんだかとても好きな時間なんよ。好きな時間に起きて、布団をたたみ、朝ご飯を食べて、散歩をして、昨日のライブで汗にまみれたTシャツを洗濯して、革ジャンをこれでもかと言うほどひろげて、外に投げ出す。少し落ち着いたら冷たいコーヒーを淹れて、好きな音楽を聞く。
やっぱ文字に起こしてみたけど、いつもと変わんないな。近くの寺で祭りがあってそこを散歩道にしたのがよかったのかな。祭りいい
あ!でも7月か!ボーッと月日が流れる事に鈍感になってたのか。だってもう2日目やんな。
7月という響きはやっぱいいよな。てか、冒頭で自分でも言ってるやん。

でも、この蒸し暑さと元気のいい虫たちと匂いがまた新しい季節を持ってきたみたいだ。
そして、それとともに俺も一人の人として気持ちがあーだこーだとまた動きはじめる。そういう季節の動き。それをいっぱい感じれたことそれが自分にとっては大きかったのかもね。何月だとかそういうのもわかりやすくて俺にはとてもいいのかもしれへん。
もう明るくなってきた。気持ちいい風入ってきた。虫も外行った方がいい。こんな蒸し暑い部屋よりよっぽど気持ちいいし、悠々と飛べるぞ
今日もスタジオ。このバンドで集まって音を出す時間が俺にとってどんだけ嬉しいか。
それだけでいいわホンマ

なにも考えずに久しぶりに広げたこのブログ。当たり前のようにまとまりのない文章。
でも一つ言える。

7月きたで!
よし。

はよねむたなれー
光OFF!
おやすみー




最近、ライブの前の日はなぜだか目がとても冴えてしまう。
あまりにも過ごしやすい気温で気持ちがいいので、窓をあけていると雨の音まで聞こえてきた。
結構好きなんよな。自分の気持ちが高まっている時に聞く雨の音って。良い感じに気持ちが整えられていくというか。高まりながらも、リズムを作ってくれるんよな。
ライブのことを想像したりするうちにアドレナリンがグツグツと湧いてきているのかもしれへんけどね。
やっぱり楽しみなのは楽しみなんだ。当たり前か。

なんかライブをしていないと身長が縮んだように感じる時がある。ライブをするとまた背筋が伸びて身長が伸びる気がする。だから、俺はライブをしないでいるといつか見えなくなるかもしれない。それはないか。


最近、京都に住んでるバンド友達から電話がかかってきた。
突然のことで、妙にあらたまった声のトーンだったので俺はすごく一瞬怖くなったのだが、内容は彼自身が俺に言えなかったことをずっと抱えたままでそれを俺に話してくれた。
メールで言おうと思ったんだけど、どうしても上手く打てなくて思わず電話を掛けてきてくれたのだ。
真っ直ぐな彼らしいと言えばそれまでだけど、俺はそれが嬉しかった。
話し終わった後も、彼が少し気持ちが晴れて笑っている顔が想像出来て、こちらも晴れた気分になった。

そして最近、自分の中で考えてることとリンクすることがあって。大事なことでもメールやラインですましがちなことが自分でも増えたなと思っていて。
もちろん、時と場合によってはそれが良い時もあるとは思うんだけど、直接あって顔を見たり、声を聞くだけでも相手の表情が自然に浮かんできたりすることが大体なわけで。誤解というものも生まれにくいんだろうと思うし。

だから何ってわけではないんやけど、会ってライブ来てねとか、フライヤーを直接巻いたりとか、そういうのってやっぱ大切やなって改めて思って。当たり前か。

まあ、それに限らず生活の中でも大切なことなんだろな温度って。

そして、実際のライブが俺たちの場合もっと生の感じというか、音楽も表情も動きも温度も声もあるんだから、そういうものすごいインパクトがある直接の出会いができるって、自分では最高だなと思います。


また、いつものパターンになってきた。
俺の思考回路の行き先はここしかないのか。

バンド好きです。
ライブも好きです。

やるぞー!
やるんだぞー!

もう鳥の声と新聞配達のバイクの音が聞こえる。寝なさい

今回、G.R.G DISTROのHPにバンドメンバー募集のコンテンツを作ろうと思います。

俺もGUAYSをやってきた上で友達のバンドの解散や、脱退、自分たちもそれを経験して、その気持ちの落ち込む感じは人ごとじゃなくて。日々の生活にもがっつり影響してきちゃいます。嫌なんすよねそういうの。やりたいことせっかくあるのに。

やっぱり、バンドやりたいやつは、出来た方が絶対にいいと思うし、そういうやつをステージで見てみたい。それは自分の刺激になったりもするんです。
そして、その動き出した時の生活の中での生き生きしてる姿を見たら嬉しくてしょうがないんです。すごいエネルギーなんですよね。それって。
周りも元気にしちゃう。

だから、メンバー募集なんていたる所にあったほうが良いと思うんです。雑誌の媒体でそういうのが今あるのかはあまり知らないんですが、Dollという雑誌にそういうコーナーがあってそこで出会ったという年上のバンドマンとかも今実際に俺たちとクロスしていて、なんかそういうの夢あるなと思って。
自分と気合うやつ地球上に一人くらいはいると思うんですよね。
うちらのベースもメン募で見つかったんです。
そんで、一番初めてのバンドを始める時って右も左もわからないし、バンドマンに友達がいるわけでもないし、一番メンバー見つけれるのが難しかったりするわけで。
でも、見つかってスタジオに入って出した1音目は何にも変えれない最高の宝物になると思います。

まぁ、長くなりましたが、ネットが普及してる今、ネット上でもそういう場所があったら、嬉しいやつがいたらいいなと思ってやります。

下に載せているのが、最低限あったほうがいいかなと思うやつです。

1.名前(バンド名)
2.募集パート(年齢などもあれば)
3.活動場所
4.連絡先アドレス(ネット上に載せて良いもの)
5.フリー(心意気とか、どんなんやりたいとか)
6.もしフリーで聞けるDemoや映像があれば(URLを添付します。)

後、何点かだけ注意点です。
良く読んでほしいです。

○3の活動場所はある程度広い地域わけをしてのせるつもりです。全部見てやりたいバンドがあれば引っ越すのもよし、好きなように見てください。

○4のアドレスはネット上に載せるので、そこで流れても良いものにしてください。何かトラブルがあってもこちらでは責任は取れません。

○5のフリーはありったけの想いを出来るだけ簡潔にお願いします。

○6の音源や映像はURLをそのまま貼ってください。すぐ飛んでいけます!
もし、DemoとしてCD等のモノがあれば、DISTROで置くことも可能ですので、連絡いただければと思います。

○更新なんですが、1回目はどれだけ連絡がくるか予想がつかないので、とりあえず4月末までを締め切りにします。
それ以降は最低でも一ヶ月に一回は更新出来るようにします。
後、半年に一回くらいは大きく更新したいと思います。見つかったとき連絡くれたらありがたいです。また、引き続き載せてほしい場合も連絡いただきたいです。出来るだけ新しい情報を入れたいので、勝手に削除する場合もありますのでご了承ください。

○何かここでトラブルが起きても、対処できませんし、責任も取れませんのでご了承ください。


最後に最高のメンバーが見つかったら、本当に最高だと思います。マジでバンドって最高なんで、見つかること祈ってます!
やりたい気持ち、ぶちかましたい気持ち、魅力的なメン募作って送ってください。お待ちしてます!

メンバー募集送り先
g.r.grecords.go@gmail.com


THE GUAYS
キャプテン・リョウスケ

↑このページのトップヘ