2007年05月04日

UIモックを連休中に作ってしまおう

Blue8のUIモックを連休中に作ってしまおうと思います。
一応、予定です。まぁ、内容的には紙芝居なので、こんな感じの画面デザインでとかの評価用です。この画面デザインから、DB設計をしていこうと思います。
まぁ、UIモックを使って画面を決めてからにですけどね。

2007年03月22日

Flex 2.0.1アップデータ

Flex2.0.1の日本語版アップデート出てます。
Flex 2.0.1アップデータページはここ。
ページには2007年3月23日で出てますが、一日早く見えるようになってるみたいですね。何で、日付の"3"だけ全角なのか、良く判りません。さらに、フォントも"3"だけ違うね

2007年02月26日

Flex2.0.1 ドキュメント 日本語版

Flex2.0.1 ドキュメント 日本語版
やっと、出てきたらしい。
本体も早く出てね。

2007年02月22日

UIデザイン 2

以下、考え方の違いかもしれないが私の意見。
1.個人の視点
(1)自分が今日するべきことを確認する
自分がしなければならないことを確認する場合、日毎のviewが良いと思う。

(2)自分のするべきことを決める
自分のするべきことを決める場合、長期的なviewでスケジュールを見る必要がある。長期的なviewでは、ある期間でするべきことを、大まかに定義したものを見ることができると良い。この大まかに定義した物をblue8ではストーリーと呼ぶ。自分のするべきことを決める場合には、自分の行動指針と照らし合わせ、自分のすることが、行動指針とあっているか自問自答する時間を設けよう。人に依頼されたことを安易に追加すると、自分にとって不要なことをだらだらとしてしまう事になる。

(3)自分を省みる
自分を省みる場合、自分の行ったタスクの視点と、ストーリーの視点から考える。
a.タスクの視点
タスクは自分で作業時間を決める。作業時間が思ったよりも掛かった場合、それがタスク時間の見積もりの甘さからくるものなのか、タスク内容の甘さくるものなのかを反省し、次回からのタスク時間の見積もりに反映する。
b.ストーリーの視点
ストーリーを見直す場合、途中追加されたタスクの時間を考慮に入れ次回以降のストーリーの見積もり期間を立てる。思いもよらない作業が多い場合には、ストーリー実現に当たってのリスクを管理していないことになる。次回からは、ストーリー実現時には事前準備にかかわるタスクを追加しよう。

(4)バーンアウトの監視
自分の作業が期限内に終わりそうも無いことを事前に把握したい。終わりそうも無い場合に、計画の見直しをできるようにしよう。短期間のストーリーの場合は、手伝ってもらう人を見つけるなど、方策を考えよう。
この作業は、特定期間内に見積もったタスク見積もり時間に対して、同期間の残タスク見積もり時間の推移を見ることによって、終わりそうも無いことが見えてくる。バーンダウンチャートである。

2.プロジェクト管理者の視点
プロジェクト管理者は、作業量の管理とリソースの管理と進捗を管理する。
(1)進捗状況の確認
進捗状況は、ストーリーの単位で確認する。目的は、1.(4)と同様の考え

(2)プロジェクトメンバーの作業時間の把握
プロジェクトメンバーが実際にプロジェクトにどれだけ携わっているかを確認する。無理な時間作業をしているメンバーがいないかを把握する。
(3)リソースの管理
プロジェクトに携わっているメンバーを管理します。たとえば、作業量が不足している場合、且つメンバーの増員で解決でき、プロジェクト外のリソースに余裕がある場合にメンバーをプロジェクトに割り当てます。

3.ストーリー作成者
ストーリー作成者は、ストーリーを考え、自分の作成したストーリーに対する進み具合を管理します。
(1)ストーリーを考える
ストーリーを考えます。タイトルおよび本文で構成します。考え中の場合、ドラフトとします。

(2)ストーリーを決定する
ドラフトのストーリーの一覧から決定の状態にストーリーを移します。

(3)ストーリーの進み具合を確認する
自分の決定したストーリーの進み具合を確認します。
作業を開始しているのか、何パーセントのタスクが終わったか。

Flax2のmaven2プラグイン

maven-flex2-plugin
swc,swfの作成が可能
warファイルに圧縮するサンプルもページには書いてあります。
これで、swc,swfのリリース管理がしやすくなる。

2007年02月10日

Flex2.0.1日本語版 提供時期

Adobe - Microsoft Windows Vista でのAdobe 製品の動作情報を見ていたら、

Flex Builder

Flex Builder 2.0.1(英語版発表済み、
日本語版は2007年3月提供開始予定)の
次のバージョンで対応する予定です。
このバージョンは2007年中のリリースを
予定しています。

という記述を発見。この記事自体はwindows vista対応状況の話だけど、それとは関係なく、日本語版のFlex Builder 2.0.1は、2007年3月提供予定というスケジュールが発表されている。

すごく、期待してます。


2007年01月29日

UIデザイン 1

起動時画面
日次View 手帳風
目的:
1)予定(過去日に関しては実績)を把握する。
画面に必要な機能:
・予定(タスクの予定日時が決まっているタスク)
・進捗管理期間に存在するタスク
・他作業のへの遷移メニュー
・表示する日付を変更

2007年01月26日

TodoPlannerZ→Blue8

いろいろあって、TodoPlannerZはBlue8という名前に変わりました。
Sourceforgeにもプロジェクト申請も完了してページも出来ました。
ページはこちらです。

2007年01月08日

ファースト版のスコープ

ファースト版のスコープについて
・残タスク一覧を表示する。
・作業実績を追加する。
・作業実績を削除する。
・作業実績を変更する。
・タスクを完了する。

・ストーリーの一覧を表示する。(ストリー進捗を見る)
・ストーリーを追加する。
・ストーリーを削除する。
・ストーリーを表示する。
・ストーリーにタスクを追加する。(ストーリーを見積もる)
・ストーリーからタスクを削除する。(不要になったタスクを削除する)
・ストーリーの内容を変更する。

今後の予定

今後の予定
ファースト版のスコープの決定
(単純な範囲でやる予定)

要件定義
業務フロー

外部設計
UIモック
操作マニュアル
シナリオ

内部設計
DBの設計
クライアントサーバ間のIF定義

実装
Dao
サービス
クライアント

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: