2017年12月16日

ジョー・ペリーに憧れて5

ジョー・ペリーが左利き用のギターを使ってるのをみたが、これがまたカッコいい!これをベースでやったらさぞかしカッコイイだろう!
そう思って左利き用のベースを手に入れました。

実は手に入れたのは去年の夏。
それからずっと手を付けられなくて放置されてました…
地道に少しずつ手を入れてやっと完成

1C0523CF-6EA6-45A5-A55C-A6D326EF3455

亀田誠治さんがPVで弾いているのも見たけど、ただひっくり返しただけじゃ弾きにくい事この上ない!
立奏時のヘッド落ちが酷いのだ
仕方ないので裏に鉛のバラストを詰めてバランスをとって、なんとか許容範囲に

56369749-068B-4243-BAD8-891F82C61CEE

次にボリュームノブの位置が右腕に当たって動いちゃうんで、思い切ってダミーにしてしまいました。
しかし無くては困るので、トリマータイプの超ミニポットを使ってピックガードの下にEQと一緒に仕込みました。
そんなに目立たないよね?

3270AAC0-06D2-438B-93BB-F09F103B8822

今夜のファミリーハウスXmas partyはこれで参戦するぜよ

guccibass at 11:11|PermalinkComments(0)ギターリペア・改造 | BASS

2017年12月14日

違いのわかる男5

いっち〜に弾き比べてもらいました。

トライアングル・ノブモデル、ロシアン・グリーンモデル、現行MUFFモデル。
ギターは最近お気に入りのES-335。
アンプはヴィンテージマーシャル。
当然シークレットで試してもらったところ選ばれたのは…

トライアングル・ノブモデル。
次点はロシアン・グリーンモデルに。

ヴィンテージとの相性良いのかな?
伸びのある深い歪みで良い音してましたわ〜

36E4CC38-9EB6-4151-880C-5ABA1FFB7ECE

毎度毎度付き合ってくれてありがとさんです

guccibass at 23:00|PermalinkComments(0)FX 

2017年12月12日

妄想爆音煩悩歪箱5

妄想爆音婦人会ベーシスト用の歪みを作成。
地獄の音を出してくれとのザックリしたご要望
地獄の音でもデザインはちょっとエロチックに

D43C65E6-5995-4490-BA24-2404FA235C0C

名前は「妄想爆音煩悩歪箱」と命名。

5D4A1B2B-8F7A-4372-9D10-22D169D51AAF

デビューは今週末のライブの予定っす



guccibass at 23:57|PermalinkComments(0)FX 

2017年12月10日

SMOKEHEAD Guitar Amp5

アイラ・シングルモルト・ウィスキーSMOKEHEADを飲んだ。
強烈なピート臭漂うウィスキーを飲み干した後は、こんなROCKテイスト漂うケースを眺めてました。
飾ってても楽しいんだけど、何か使えんかな?と思いついたのがギターアンプ。
LM386とかいうICを使ったミニアンプを作ってみた。
スピーカーは底に接着。
スピーカー径に十分過ぎるエンクロージャーとなりました。
ボリュームはギター側でコントロールするんだけど、ナチュラルに心地よく歪んでくれます。

2ACAA3D0-A794-4ADE-B062-ADA3B0D6747A

インテリアとしても、部屋弾きでちょいと遊ぶにももってこいなんだけど、部品代で一番高いのがウィスキーって言うのが笑えます

昨晩いっち〜とこにお嫁に行きました。
きっと可愛がってくれるでしょう

9D604821-12B2-41D4-9A6C-89863B948F6A


guccibass at 09:00|PermalinkComments(2)FX 

2017年12月05日

ギター愛とはこういう事5

野村のよっちゃんこと野村義男のギターコレクションをまとめた一冊。
6B286F2A-0532-44AE-8520-2D29C485EDFD
こいつは近年中々のヒット本でっせ! さぞかし高級なハイエンドギターやヴィンテージギター満載かと思いきや(当然ヴィンテージもあるが)、彼の琴線に触れたギター、チープなスチューデントモデル(エントリーモデル)、自分の好み、嗜好に自ら手を入れた(改造)物まで多種多様なギターが掲載されている。 なぜ改造しないのか?使いやすくしたり自分の好みにしないのか?と文中で書いてる様に、ヴィンテージ以外はことごとく手を入れてたりします。 なんかわかるわぁ… 全てのギターにコメントが入っているのも好印象。 彼のギターへの想いってのが伝わって来るし、ただコレクションを見せびらかす企画になってないのが素晴らしい。 この本の冒頭に「ギターは個人所有の許される唯一の"世界遺産"である。とあるんだけど、なるほどねぇとニヤリとしてしまう一冊です。

guccibass at 01:23|PermalinkComments(2)BOOK 

2017年11月21日

弾き比べて欲しい4

現行、トライアングル、ロシアングリーンとバリエーションに富んだ仕様のBig Muffを作り比べ弾き比べる自己満足(ギタマガにノセられた?)プロジェクト。
以前現行モデルとロシアングリーンを作ってベースにはやっぱりロシアンモデルかな?と試したことはあるが、なんせ遠い昔の話なので今回改めて遊んでみる。
やっぱりイコールコンディションにしないとあかんという訳でプリント基板を3枚作成。

9FB9CA88-DB6B-4BE9-80A8-017951085DE4

どれがどれだかわかる?

これをアルミ板にスイッチ、電源端子、入出力ジャックを取り付けて弾き比べができるようにしました。

4652D6F4-FA71-46F0-AFB0-191E6BE99C24

試しに音を出してみたところ、三者三様全然違います!
どれがいいかってのより、好みでしょうが、年代によって同じ製品がこれだけ違うってのが許されるってのもエレハモならではってとこなんでしょう。

いっち〜とのぶさんに弾き比べてもらう予定です。
ヴィンテージとモダンの弾き比べ。
密かな楽しみです

guccibass at 23:59|PermalinkComments(4)FX 

2017年11月17日

パチモン3

Tech 21のBass Fly Rigが気になってました
アナログのマルチエフェクトです。

A5D1739E-7312-4910-AE5D-565257344C76

元々このメーカー好きなんですが、実売価格\35000は高いなぁと横目で見ながらスルー…

そんな中売れてる製品はパクるのがモットーの中華製メーカーValetonがやってくれました。
Dapper bassと名付けられたペダルは、誰が見てもFly Rigのコピーです。

09E011BF-0A5F-4774-BA29-49403A0DC7C5

大きさは殆ど同じ、内蔵エフェクトも一緒の様ですが並びとコントロールは若干違う様です。
センドリターンが追加されてるとこは評価しましょう。
たまたま中古を格安でゲットできたんで使ってみました。

とりあえず音を出しましたが、気になるような音痩せ、変化はありません。
それぞれエフェクトを見ていきましょうか。

1、ブースト コンプ
ブーストと言うがここはコンプセクション。
だけどこのコンプはどうかなぁ?
軽くかけても思い切り潰してきて使いにくいわ
2、ダーティQ
ファズON/OFF+オートワウ。
volとsensのみでQのレンジが変化できないのはベースとアンプを選びそう…
ミョンミョン言わせたい方には良いかもしれんが、自分は中々セッティングが決まりません。
3、ベースアンプ
ここは歪みとEQのセクション。
僕はソロのブースト時に使いました。
4、オクターブ
1オクターブ下と2オクターブ下を追加できるオクターバー。
追従性は特に不満は感じなかった。
5、コーラス
1ノブでデプスのみ。
結構かかりはしっかりしてて、しっかりかけることもできるのは好印象

FC106BD5-15BC-406A-A93F-211BD732715F

じっくり見てみると本家FLY RIGとはエフェクトの順番、各エフェクトのコントロールも多少違うね。
Dapper Bassは外部エフェクト用のセンドリターンも付いてはいるが、本家はブーストのプリとポストを選択できたり、ワウのQを設定できたりと、なかなか痒い所に手が届きそう。
それに比べるとちょっと詰めが甘いよValetonさんってとこだか、こいつを買った理由は他にある。
FLY RIGが高くて買えなかったのもあるけど、ライブのリハ、セットチェンジでトラブル続きだったから、使えるこういうやつがあるとイベントネタには良いんじゃないかと思った訳です。
マルチエフェクトとは言うものの、各エフェクトのプログラムはできません。
アナログエフェクトを直列に並べただけ。
でもそれで良いでしょ?と言う本家の提案商品がヒットするって言うのも楽器業界ならではの気がするんだけどいかがでしょう?

guccibass at 19:19|PermalinkComments(0)FX 

2017年11月16日

秋の新作5

3弦ベース出来ました。
色物に終わるか!と思って始めたこの企画。
意外にも自然で馴染んだ外観!と思うのは自分だけ?

E75C6889-6571-48C6-9A59-3A4B21B5FD0B

歪み物もピックガード下にインストール。
クール?な外観にスイッチ一つで牙を剥く仕様はとっしーのご要望。

8FC6A386-4F71-4637-8892-20C3E24FEC0B


4B1B220D-A718-49C6-9911-6FF7F3EAAF3A

こいつを使ってどんなパフォーマンスをしてくれるのか楽しみです

88C351D7-2F52-4F51-B234-E32679F10E2D


guccibass at 19:19|PermalinkComments(0)ギター,ベース自作 | ギターリペア・改造

2017年11月15日

増やしてみよう(歪)3

3弦のリクエストに加え、歪を内蔵してほしいとのリクエストも頂いた。
PUは漢気溢れるリア1発。
それもシングル。
シングルコイルリア一発のロー不足を補うため今回初作成のプリアンプを挿入。
歪は旬のBIG MUFF(ロシアングリーン)。
BIG MUFFのコントロールノブはピックガード上面に出して、その下に基板を内蔵。
トリマーでザグっておきます。

F8D03F94-3A36-421F-8D79-4E206FC4F72E

夢中でやってたんで写真撮り忘れてありません
のっぺらりんとしたピックガードと相まってこんな感じで

A03835B4-F02A-47E7-AE63-698C0892715E


guccibass at 19:19|PermalinkComments(0)ギターリペア・改造 

2017年11月14日

ナットにも拘ってみました4

3弦仕様に合わせてナットを加工。
ついつい4弦に削りそうになった
素材はブリッジに合わせてアルミで作成。

ナットの素材としていろんな素材が出回っているから、それぞれどう物理的に違うのか気になって質量を調べてみた。

軽い順で…

プラスチック 0.91
カーボン 1.60
牛骨 2.01
アルミ 2.60
ブラス(真鍮) 8.45

アルミの比重は2.6前後って事はポピュラーな牛骨ナットに比べ、多少硬さがあるって感じか?
試すには充分なネタだなぁって事でアルミにした訳です。

物理的特性だけの話なんで音にどう影響するかはわからんけど試す価値はあるかもね?

67349DBA-B8A8-48A3-A057-3503ABB9D992


guccibass at 21:21|PermalinkComments(0)ギターリペア・改造 
Recent Comments
訪問者数

Archives