酒豆忌(中川信夫監督を偲ぶ集い)のご案内 

19620603 悲しみはいつも母に 01 19620603 悲しみはいつも母に 02
酒と豆腐をこよなく愛したわれらがカントク中川信夫さんを偲ぶ集いも今年で33年目、「酒豆忌」と命名して30年を迎えることができました。
こうして毎年続けてこられたのも多くの映画関係者の皆様、劇場各位のご協力、そしてファンの皆様に支えられてきたからです。
今年は「酒豆忌」として30年の節目の年でもあり、中川監督の生誕の地・京都にて615日から18日まで、おもちゃ映画ミュージアムのご厚意を得て、展覧会「酒豆忌30年 映画監督中川信夫展 ―人間として―」を初めて開催し、多くの方にご来場いただきました。 

東京では「酒豆忌」を下記の通り行うことになりました。会場は昨年と同じく日比谷図書文化館です。 

中川監督の研究を深めて行く為に、角川映画様のご協力を得て、永らく上映の機会がなかった望月優子さんが母親役の『悲しみはいつも母に』(1962)を、ブルーレイ上映になりますが参考上映いたします。
上映後のトークゲストは津沢彰秀さんです。津沢さんはこの作品の
1年前に中川監督の『「粘土のお面」より かあちゃん』で望月さんの息子役をされました。中川監督のこと、望月さんのこと、さらに子供だった津沢さんから映画の世界がどのように見えたかなどのお話を伺います。 

「酒豆忌」は、上映会場向かい側の「PRONTO ライブラリーダイニング 日比谷店」にて行います。

映画とトークの余韻を残した気持ちをみんなでぶつけ合いながら、どうぞお楽しみください。

それにお応えできますよう幹事、実行委員一同、鋭意準備中です。皆様のご来場を心よりお待ちしております。  


日 時   

2017930日(土)

13時30分 受付開始

1400分〜1525分 『悲しみはいつも母に』参考上映(BD上映

1530分〜1620分 津沢彰秀さんトークショー

1630分〜1830分 酒豆忌

◆上映会場

日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(B1F)

千代田区日比谷公園14号(旧・都立日比谷図書館)

◆酒豆忌会場

PRONTO ライブラリーダイニング 日比谷店 (日比谷図書文化館B1F)

◆会 費

4,000円(参考上映&トークのみ参加される方は1,500円です)
kaijyou2016        


酒豆忌実行委員会 

幹事:岡本明久、香川京子、桂千穂、北沢典子 

坂下正尚、鈴木健介代京子渡辺宙明
 

 実行委員:伊藤博、伊藤範子、岩畑雄一朗、小倉一朗
川鍋かつら、下村健、高木美貴、高橋洋、冨田翔子
長谷川康志、原口和也、宮田晴夫、横山俊雄 

 

連絡先:「酒豆忌」事務局 鈴木健介
TEL 03-3480-5148
FAX 03-3480-9687

 ※当日参加も出来ますが事前に参加表明して頂ければ幸いです。

こちらからの参加申し込みはコメントもしくはメッセージでよろしくお願いします。